お財布にも肌にもやさしい! 米のとぎ汁&ティーバッグが、美容アイテムに早変わり

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

美容クリームやパックなど、美を追求するにはどうしてもお金がかかるもの。しかし、今まで捨てていた米のとぎ汁&ティーバッグが、美容グッズに応用できるのをご存知ですか? お財布にもお肌にも優しい美容法をご紹介します。

米のとぎ汁は
洗顔やパックに!

233748460

日本人の主食とされる米。家庭の食事にも欠かせない存在ですよね。そんな米のとぎ汁は、料理だけでなく、洗顔やパックにも使用できるんです!

米のとぎ汁には、美容効果が期待できる栄養がいっぱい。その秘密は、米を精製する時に出る米ぬか。そのなかには、ビタミンB1・B2・Eなどのビタミンやセラミドが含まれているんだとか。これらの栄養素によって、肌にうるおいを与えたり、古い角質を吸着したり、くすみを取ってくれたりといった効果が期待できるんですね。

洗顔に使用する場合は、ぬるま湯で1.5倍くらいに薄めてから、いつものクレンジングや洗顔の後に使いましょう。ポイントは、軽いタッチで洗い上げること。洗顔後はしっとりとした肌触りになって、くすみを取り除いてくれることも。

さらに、冷蔵庫で5時間〜ひと晩くらい寝かせたとぎ汁は、パックにも利用OK! とぎ汁を寝かせると、沈殿物が出現します。これを顔に塗り3~5分程度パック。洗い流すと、いつもよりもしっとりもちもちのお肌に!

癒しをもたらす
紅茶のアイパック

A cup with black tea

「もったいないなぁ……」と思いつつ捨ててしまう紅茶のティーバッグは、アイパックとして再利用することが可能です!

紅茶に含まれるビタミンやカテキンが肌に浸透し、パソコンやスマホで疲れた目に働きかけてくれるそう。眼精疲労だけでなく、紅茶のカフェインによるむくみ解消の効果も期待できます。

アイパックのやり方は簡単。使い終わったティーバッグを軽くしぼって、目の上に乗せるだけ。冷蔵庫で冷やしたティーバッグを使うとスッキリ感を楽しめるし、温かいティーバッグなら血行を促してくれるので、クマの予防にもつながります。また、紅茶の爽やかな香りを楽しみながらアイパックすることで、心も体も癒されるはず。

普段捨てていた米のとぎ汁や紅茶のティーバッグをリサイクルすれば、日ごろかかっていた美容代だって節約可能に!? ますます美に磨きをかけることができそうですね。

デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
「LE BÉNÉFIQUE」のハーブティーは、野生の植物を1本ずつていねいに摘み取り、それを “そのままのかたちで” 乾燥させてつくられています。
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...