BAGみたいなティー「バッグ」

毎日のティータイムを楽しみにしているという人は、紅茶を淹れるすべての工程を楽しんでいると聞きます。茶葉と取り出し、カップにお湯をジョボジョボと注ぎ、蒸らし、口に運ぶまで、五感を使って堪能しているのだとか。

そんなティーラバーに向けて、味や香りだけではなく「目でも紅茶を楽しんでもらいたい」という思いから、創業1879年のドイツの老舗紅茶店〈Hälssen&Lyon〉は、こんな新しい紅茶の提案をしています。

それは、ハンドバッグのようなデザインのティーバッグ

本物のハンドバッグのように
一つひとつ手作りで。

Photo by Imke Jansen and KOREFE
Photo by Imke Jansen and KOREFE
Photo by Imke Jansen and KOREFE

ティーバッグのデザインを手がけているのは、世界中活躍しているハンドバッグデザイナーAyzit Bostanさん。

小さなショッパーの中には、まるで本物のハンドバッグのようなティーバッグが入っていて、これだけでもワクワクしちゃいます。

Photo by Imke Jansen and KOREFE

本物のハンドバッグ同様、一つひとつ手縫いで作られているところにこだわりを感じます。デザインは5パターンあり、どれもリアリティがあってキュートですよね。

使い捨ててしまうのがなんだかもったいない。

伝統に甘んじない
老舗の新たな取り組み

Photo by Imke Jansen and KOREFE
Photo by Imke Jansen and KOREFE
Photo by Imke Jansen and KOREFE
Photo by Imke Jansen and KOREFE

使い方は、従来のティーバッグ同様、カップに熱湯を注いで3〜5分間蒸らすだけ。

フォトジェニックな見た目だけでなく、紅茶としての豊かな香りと味わいも老舗ブランドならではです。

 

Photo by Imke Jansen and KOREFE

伝統の味を大切にしながら、新しい試みを忘れないHälssen&Lyon。

これからもたくさんのファンを魅了していくことでしょうね。

Top Photo by photography by Imke Jansen and KOREFE
Licensed material used with permission by KOREFE
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第8回は、OCEAN-TEAB...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
「Zaha Hadid Architects」がデザインコンペを勝ち取った中国・深センに建築される高層ビル「Tower C」がカッコいい。
コーヒーの代わりとして、今、アメリカで注目を集めているものがある。それはなんと、あの日本伝統の飲み物“抹茶”なのだとか。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。