BAGみたいなティー「バッグ」

毎日のティータイムを楽しみにしているという人は、紅茶を淹れるすべての工程を楽しんでいると聞きます。茶葉と取り出し、カップにお湯をジョボジョボと注ぎ、蒸らし、口に運ぶまで、五感を使って堪能しているのだとか。

そんなティーラバーに向けて、味や香りだけではなく「目でも紅茶を楽しんでもらいたい」という思いから、創業1879年のドイツの老舗紅茶店〈Hälssen&Lyon〉は、こんな新しい紅茶の提案をしています。

それは、ハンドバッグのようなデザインのティーバッグ

本物のハンドバッグのように
一つひとつ手作りで。

6268445377167360
Photo by Imke Jansen and KOREFE
4551488177176576
Photo by Imke Jansen and KOREFE
4708812829229056
Photo by Imke Jansen and KOREFE

ティーバッグのデザインを手がけているのは、世界中活躍しているハンドバッグデザイナーAyzit Bostanさん。

小さなショッパーの中には、まるで本物のハンドバッグのようなティーバッグが入っていて、これだけでもワクワクしちゃいます。

6342411827544064
Photo by Imke Jansen and KOREFE

本物のハンドバッグ同様、一つひとつ手縫いで作られているところにこだわりを感じます。デザインは5パターンあり、どれもリアリティがあってキュートですよね。

使い捨ててしまうのがなんだかもったいない。

伝統に甘んじない
老舗の新たな取り組み

5053474291056640
Photo by Imke Jansen and KOREFE
5490225354637312
Photo by Imke Jansen and KOREFE
5150230374776832
Photo by Imke Jansen and KOREFE
5920576648511488
Photo by Imke Jansen and KOREFE

使い方は、従来のティーバッグ同様、カップに熱湯を注いで3〜5分間蒸らすだけ。

フォトジェニックな見た目だけでなく、紅茶としての豊かな香りと味わいも老舗ブランドならではです。

 

6252844579553280
Photo by Imke Jansen and KOREFE

伝統の味を大切にしながら、新しい試みを忘れないHälssen&Lyon。

これからもたくさんのファンを魅了していくことでしょうね。

Top Photo by photography by Imke Jansen and KOREFE
Licensed material used with permission by KOREFE
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
サンドイッチやスナックを持ち歩く時、お弁当箱だとかさばる。でもラップやビニールバックだと心もとないし、なにより可愛くない。だったら「見せたくなる透明バッグ...
「The Adjustable Bag(アジャスタブルバッグ)」は3つのサイズに変形できるようになっています。31L、46.5L、62L。デイリーユース、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
〈MATATABI(マタタビ)〉の「Paper Clutch Bag」は、キャンバス地のペーパーを貼り合わせることで、封筒のような質感とキャンバスの強度を...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...