bills(ビルズ)でまだパンケーキを頼んでいませんか?今の注目は……。

bills(ビルズ)』と言えば、あのふっくらまあるいパンケーキ。それから、口のなかでとろけるなめらかなスクランブルエッグ。世界一の朝食が食べられると謳われているオールデイダイニングですから、パッと頭に浮かぶイメージはこんなところでしょうか。

そんなビルズが、老舗や庶民的な店、もちろん、とびきり高級な店もたくさん軒を連ねる銀座に、あたらしいお店をオープンさせました。「ビルズの銀座店」というよりは「銀座のビルズ」。ついそんなふうに言ってしまいたくなる、とびきり素敵なメニューをご紹介します。

なぜ、ビルズが、
アフタヌーンティーセットを?

Photo by Mikkel vang
創始者のビル・グレンジャー氏は、銀座店でしか食べることのできない特別なメニューに、アフタヌーンティーセットを選びました。
 
彼は、銀座について「僕の大好きな街であり、世界の都市においても指折りのエレガントでエクスクルーシブな街。」さらに、「ここで時間を過ごす人々が、まるで宝石箱の中にいるような気持ちになれるようなお店にしたい。」と言っています。まさしくこの『BILL'S HIGH TEA SET』は、その宝石箱のなかで輝くサファイヤやエメラルドと同じ。
 
キラキラと輝く宝石は、それだけでももちろん自然の美しさがありますが、実際に身につけることで、一層輝きが増すのだと思います。食事という時間が、空腹を満たすだけの時間ではなく、目で楽しみ、口で味わい、そのひとときを心から喜ぶためにあるような。そんな想いが詰まった、ごちそうセットなのです。

ミニサイズのパンケーキも、
陶磁器もとにかくかわいい。

Photo by TABI LABO

お腹いっぱいになりすぎないように配慮されているので、サクサクしたかるい食べ心地のオープンサンドや、ミニサイズのスイーツやパンケーキなどが、ロンドンで特別に製作したシルバースタンドに並びます。とり分ける時にワクワクしてしまうのが取り皿。イタリアの陶磁器メーカー「RICHARD GINORI(リチャードジノリ)」で揃えています。

主役の紅茶は「Rare Tea Company(レアティーカンパニー)」というロンドンのメーカーで、日本では「銀座のビルズ」でしか味わうことができません。メニューは春夏・秋冬で変更する予定とのことなので、年に2回、おつかれさまのご褒美に、いつもより少しだけおめかしして出かけたいですね。

Top Photo by Mikkel vang
Licensed material used with permission by bills, m._____f
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
このところ紅茶をとりまく話題がおもしろい。水出しによる淹れかたが評価されたり、コーヒー専門店がわざわざ新ブランドを展開したり。それは、アフタヌーンティーの...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
おしゃれなカフェに食べに行くのもいいけれど、ホットプレートを囲んでみんなでわいわい焼くのも楽しいパンケーキ。そこにこのキッチン家電「PancakeBot」...
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
多少大げさかもしれないけど、いまや新たな「国民食」になりつつあるパンケーキ。でも、アメリカンスタイルのふわふわばかりがパンケーキではありません。たとえば、...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
茶葉が飛び跳ねるジャンピングという現象が起きやすいように、ピラミッド型にデザインされたティーインフューザー「TRI」。これまでと異なるのは、そのルックスです。
イギリス・ロンドンのカフェ、ティーテラスは「Phonetentiary(フォーンテンシアリィ)」という一風変わったサービスを行なっています。それは「ティー...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はウェブサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...