お茶が私たちをより創造的にさせる理由

お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。

Valerio Farrisが「Food52」で紹介した記事を読むと、第4の波をコーヒーに求めるよりも、そろそろお茶のもつ魅力に立ち返ることの方に、気持ちを持って行きたくなるかもしれませんよ。

いま、お茶を飲むべき
新たな理由

© WAYHOME studio/Shutterstock.com

お茶を飲むことから生まれる、あらゆるメリットを私はよく知っています。なぜって、朝に生きるよころびをもたらしくてくれるのも、眠る前に心に安らぎを与えてくれるのも、一杯のお茶なのですから。

ノドを懲らしめるヒドい痛みも、お茶が癒しを与えてくれるし、ひどく寒い非はお茶がカラダを芯から温めてくれます。けれど、こうしたメリットのみならず、お茶を飲むべき「新たな理由」が、いま注目されているようです。なんでも、これを知ると人生が変わるとまで。

それは、中国で実施されたこんな研究によるもの。曰く、お茶を飲むことは、人間の創造性に磨きをかけてくれる。脳がうまく働いていないとき、表現したいことができないときはお茶のもつチカラに頼ればいい、と。

もう少し、詳しく見ていきましょう。

お茶は右脳を刺激する?

© Georgijevic/Shutterstock.com

実験が行われたのは、北京大学。心理学認知科学科の研究者たちは、平均23歳の生徒50人を被験対象とし、2つのグループに分けました。一方はプーアール茶に代表される「黒茶」を飲むグループ。もう一方は水を飲むグループです。双方は、飲み終えた後であるテストに取り組むよう指示されました。

まずは、創造力を働かせて「積み木を使った造形物」の制作です。そして次なるテストは「ラーメン屋さんのクール店名を考える」というもの。これらを評価するのは、実験に参加していない生徒たちです。いずれの実験もひとつのトピックをベースに、新鮮味があり、かつひと味違う趣向を凝らしたアイデアが閃く、そんな能力が測れるよう設計された実験でした。

「魅力的」「クリエイティブ」「クール」、そうしたワードは漠然としているように聞こえますが、お茶を飲んだ被験者たちはちゃんと的を得ていたようです。というのも、どちらのテストにおいても、お茶を飲んだグループの方がお水のグループより数字的にも高得点が結果として表れてきたからです。

「お茶を飲む」ことで生まれる
安定感や高揚感

© Nickolastock/Shutterstock.com

では、いったいナゼお茶を飲むことでこうした効果を得られたのか?もっとも導きやすい理由として、黒茶に含まれるカフェインとテアニンが認知作用を高め、脳の機能を引き上げてくれた。こう考えるのが自然です。

ところが、研究チームらの焦点は別のことろにありました。カフェインとテアニンの効果はここまで顕著ではなく、そもそも一杯飲んだだけでは効果を期待できない、とバッサリ。それよりも、お茶を飲むという行為そのものが、気分を高めてくれるのではないか、と研究者らは示唆します。

お茶が創造性にもたらす効果の理解を深める研究となりましたが、加えて、食べものや飲みものの摂取と、人間の認知力の関係性を当たらな角度で追求した研究とも言えます。

論文はこう締めくくられています。

とはいえ、被験者はたったの50人。データを取るにしてもあまりにも少ない人数ですよね。より多くの臨床結果を見てみたいところです。ただ、実体験からも暖かいお茶が私たちの精神に影響を与えている点は、納得いく気もします。

おいしいお茶は間違いなく平穏をもたらしてくれますしね。これがライター業にどういった恩恵をもたらしてくれているかはさておき。ま、こればかりは試してみるしかないってことでしょうね。

Written byValerio Farris
Licensed material used with permission by Food52
Top image: © SARYMSAKOV ANDREY/Shutterstock.com
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
日本人にとって緑茶は「急須で淹れるもの」という感覚が強い。だから、このドリップ方法はまさに目から鱗でしょう?
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
江戸時代のキャラクターがキャンプやサーフィンをする、ちょっと不思議なパッケージの日本茶「VAISA」。今だからこそ、人との対話や時間の大切さを“日本茶”を...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
2015年10月26日(月)に株式会社伊藤園から発売されたのは、私たちにはお馴染みの、“あのシリーズ”の新商品。その名も「お~いお茶 玉露」です。ただしコ...
お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TE...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
ぼーっとしている時にこそ、アイディアが降ってくることが多いというのは、研究によっても明らかになっています。いい仕事をしたいのであれば、毎日少しでもぼーっと...
人となりやキャリア、ステータス。恋とはそのような特徴に左右されるものだと思っていたのなら、「I Heart Intelligence」でMilen Ray...