大人の恋には、お茶が効く。

お酒が恋の導火線になることは、みなさんご承知のことでしょう。飲めばいつもと違う自分になれる。もっと大胆にもなれる——。

だけど、いい大人になってまでお酒の勢いを借りた一夜の関係なんて、なんだかみっともないじゃありませんか。

そこで、「お酒」から「お茶」への提案です。

じっくり相手との関係を深めていくコミュニケーションツールとして、上手にお茶を利用するわけです。要は、急がば回れ。お酒よりもセックス・ドライブの高まるブースターとして、お酒を酌み交わすかわりに、お茶でときめく関係をゆっくり熟成させてみてはいかがでしょう?

お茶のエクスタシー

©iStock.com/xijian

では、なぜ「お茶」なのか?

日本人の私たちからすれば、あまりに身近であるため気づかないことかもしれませんが、お茶は人と人との絆をつなぐ潤滑油のような役割をしてくれます。そう、お茶を介して心が打ち解けあえば、もっと親密な関係に発展できるわけです(男女の関係にだって、これが使える!)

お酒ではどうでしょう?

飲み過ぎれば気分が悪くなるし、意識も朦朧としてきますよね。肝心な場面で「お酒のせいで……」は、もう終わりにしませんか? じつのところ、女性は感度が下がり、男性は勃起力が低下するようですし。

さて、2013年に「新潮社」から出版された『ラブティー 恋に効くお茶』の著者・平野久美子さんは、本のなかでお酒とお茶の違いを以下のように表現しながら、恋の火付け役となるお茶の魅力を伝えています。

「酔」よりも「醒」を特性とするお茶パワーのほうが、恋のきっかけを戦略的につくりやすいということでしょうか。お茶を飲みながら相手を口説けるようになれば、女でも男でも恋愛のエキスパートと言えるのではありませんか?

出典:『ラブティー 恋に効くお茶』(平野久美子 著、新潮社)

「酔」と「醒」——。

心理的にも肉体的にも平常とは異なる「酔」。いっぽう「醒」は、その酔いや迷いから覚め、頭がクリアになった状態と考えれば、シチュエーションに合わせて上手にお茶を選び、お茶のもつパワーを共有しながら親密さを深めていくほうが、大人な関係に相応しいのではないでしょうか。

お茶を“スロウ・ラブ”の小道具に

お茶の起源を遡れば、古代中国に発見され、長い間、不老延命の仙薬として珍重されてきた歴史があります。

ひと口にお茶といっても緑茶、烏龍茶、紅茶にはじまり、生薬や薬草を使った漢方茶、ハーブティー、花茶、さらに香辛料をブレンドしたスパイスティーまで加えれば、そのの世界は無限に広がります。

なかでも、烏龍茶のように香りを重視したお茶が好まれてきたのは、お茶の香気が心と体に深くリンクしているからに他なりません。

嗅覚を通って欲望に火がつき、香りがトリガーとなってエロティックな気分に陥る。肌を寄せ合う心地よさが脳内に快楽物質を生み、精神を安定させてくれる。一杯のお茶から始まるエクスタシーをふたりで享受する。そういった楽しみ方だって、アリでしょ?

ただし、薬ではありませんから即効性を期待したり、性衝動のないところに無理矢理それを期待してはいけません。

それでも、名誉も欲も手にした権力者たちが執念を燃やして求めた回春不老には、いつも守護神のようにお茶が寄り添っていたのも事実です。彼らのしとねに呼ばれる貴婦人たちもまた、花茶を飲んで自分のセクシャリティーと向き合っていたのではないでしょうか。

お茶を「大人のためのスロウ・ラブの媚薬」と位置付ける平野さん。

本能と欲望が絡みあうお茶を口にすることで、ときめく関係をゆっくりと熟成させれば、きっと二人の仲は今よりもっとかけがえのないものへと発展する。お茶がその一助となるなら、これ以上ロマンチックなことはないでしょう?

大人の恋の小道具として、日常にそっとティータイムを忍ばせてみませんか?もし、フェロモンの増幅を感じたならば、それは、お茶の香りのおかげに違いありません。

では、いつもとはひと味違うお茶の捉え方をご紹介しましょう。
性的快楽に近いセンシャスな充足感を、いろんなお茶で満たしてみませんか?

 

【Vol.1 ジャスミン茶】

【Vol.2 マサラチャイ】

【Vol.3 よもぎ茶】

【Vol.4 緑茶】

Top image: © samui/Shutterstock.com, virtu studio/Shutterstock.com

関連する記事

アメリカには、緑茶をセックスのトリガーとして活用している人たちがいます。
デトックス効果が高く体内から老廃物を排出してくれるヨモギ茶は、口臭や体臭も抑えてくれるほか、性感UPにも一役買ってくれるそうです。
スマートフォンアプリの開発や運営をおこなう「ROLLCAKE」より、「旅するように楽しむ、お茶の定期便」をコンセプトにした新サービス「Tea」が今月15日...
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
お茶は大人の男女にうってつけの愛の媚薬。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
「三井農林株式会社」のボトルドティー「WN Cold Brew Tea」シリーズに新作「Darjeeling Seasonal blend No.001 ...
香り深いマサラ・チャイのベースとなるのはシナモン、カルダモン、クローブ。いずれも、古くから強壮剤、催淫剤として珍重されてきたスパイスです。
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」。日本最大級の昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカーが製造する、穀物...
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
コミュニティを作る型破りなお茶屋が代官山に誕生 カジュアルに本物のお茶を楽しめるティースタンドTEA BUCKS〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2...
お湯を注ぐとグラスのなかにキレイな花が咲く。中国「工芸茶(造形茶)」のご紹介。
「Victoria Bitter Tea」は、お茶なのにビール風味を楽しめるということがウリだ。
お茶本来のおいしさ、香り、旨み、渋みを誰でも簡単に引き出せ、現代のライフスタイルにもマッチした茶器。それが沈殿抽出式ティードリッパー「刻音」
“茶リスタ”×”バリスタ”の2人の専門家が手がける お茶とコーヒーが楽しめる西荻窪の日本茶スタンドSatén japanese tea〒167-0054 ...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
「Ginza Sony Park」地下一階に、先月28日(土)から、現代版の“茶屋” 「GEN GEN AN幻」がオープン。
47都道府県の厳選されたお茶が毎月届けられるサブスクサービス「O-CHA」が「Makuake」にてローンチ。
伊勢茶カフェ「深緑茶房 名古屋店」から和やかなサプライズができる新ギフト「選べる伊勢茶はがき」が9月17日に発売された。
聖徳太子ゆかりのお寺・曹洞宗 塔世山 四天王寺(三重県津市)での『聖徳太子1400年御遠忌』記念事業の一環として、TeaRoomがブレンドティー「HIRA...