「fall in love」が、「“愛”に落ちる」と訳されなかった理由。

 

「LOVE」っていう単語は、「愛」や「愛情」って訳されるのに、「fall in love」は、なんで「“愛”に落ちる」と訳されなかったんだろう?

と、きわめて素朴な疑問を抱いていたんです。ある本に書かれていた、この文章を読むまでは。

 

 

恋は不可避的で、出会いさえあれば、決して難しくない。自分でもコントロールできず、勝手に芽生えてしまう感情で、たとえ相手が、好きになってはならない人でも、好きになってしまうのが恋だ。

 

しかし、そこから関係を持続させていく愛の段階に入ると、必ずしも簡単ではない。

 

『私とは何か 「個人」から「分人」へ』より

著:平野啓一郎(講談社現代新書)

 

なにか特別な意外性があるわけではないんですが、妙に納得してしまったというか、ストンと腑に落ちたんですよね。

「恋」は(偶発的だったりして)落ちてしまうものだけれど、「愛」はどこか能動的なもののような気がします。「この人を守ってあげたい」「大切にしたい」「ゆるして包み込んであげたい」。そこに意識があってもなくても、紛れもなく与えているもので。

だれかのことを急に気になり出したり好きになると、「恋」を意識する。けれど、その瞬間に「愛」を意識することってあんまりないですよね? 

 

「恋」とか、「愛」とか

 

最近は、「恋」についてとか「愛」について、なんだかよく考えています。でもそれって、やっぱり自分ひとりで考えていても、答えみたいなものって出てこない!

「TABI LABO」では最近、TERUHAちゃんが『愛と愛情の正体』を探る連載企画をやっていたりして、まだまだ学んでいるところです。

 

『私とは何か 「個人」から「分人」へ 』著:平野啓一郎 (講談社現代新書)

嫌いな自分を肯定するには? 自分らしさはどう生まれるのか? 他者との距離をいかに取るか? 恋愛・職場・家族……人間関係に悩むすべての人へ。

関連する記事

恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
前はもっと“惚れやすかった”と思うのは、想いを誤魔化すのが、上手になったからかもしれないね。たとえば、こんなふうに。
人となりやキャリア、ステータス。恋とはそのような特徴に左右されるものだと思っていたのなら、「I Heart Intelligence」でMilen Ray...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
あなたはこれまでに何回、恋に落ちましたか?人は人生の中で、いったい何回「恋」に落ちるのでしょう。ライターのKate Roseさんの意見ははっきりしています...
だから嬉しい!だから苦しい!
「好き」と「愛」の違いを、わかりやすく説明。これを読んだ後も、パートナーに愛してると言えますか?
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
「落ちる夢」は基本的に夢主の不安や自信の喪失が見させる夢でいい意味でないことが多いです。そんな落ちる夢を「夢占いの専門家」がシチュエーション別に紐解いてい...
毎日アプリを開いてチャットする日々に疲れた人のための、“木曜日限定”の新感覚デーティングアプリが開発中。
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
浮気をした彼女、浮気をされた彼、浮気相手の彼……三者三様、それぞれの事情と正義が。ショートフィルム『愛は盲目』をご紹介。
ピーターは蜂に付きまとわれ、エルザは世界中の花を集めている。彼らが一緒にいるためには困難が伴って……。ショートフィルム『ビーボーイとフラワーガールの愛』を...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
Hamid Ansariさんは、ある日Facebookを介して出会った女性に恋をしました。そして、あの手この手でパキスタンに不法入国。その後、約6年間のム...
運命の出会いとも言えるほどに相手のことを好きになっている3つのサインを、性科学者兼リレーションシップ・エキスパートの意見から紹介。相手の匂いが何とも言えず...
誕生日を知るだけで、あなたの恋愛癖がまるわかりできてちゃう恋愛星座占いを「Elite Daily」のGigi Engleさんが紹介しています。いまの相手や...
いくら愛しい人でも、一緒にいる時間が長くなればマンネリ化してしまうもの。ロマンチックな関係というよりは、ただの空気のように感じられてきてしまうことも。でも...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。