同性に告白して銃で撃たれた少年がいた。これは、差別をなくす物語

『人魚姫』『白雪姫』『シンデレラ』世界中で愛されている物語。王子さまと美しい女性たちが恋に落ちて、どれも幸せな最後を迎える。これが、おとぎ話の王道。

けれど、「Promised Land」というお話と出会ってから、当たり前に思い込んでいた“愛のかたち”が覆されたのだ。

“愛する権利”は、
誰にだってある

「Promised Land」の内容を簡単に説明すると、王子様と農場育ちの少年が出会い、困難に立ち向かいながら友情を育む。そして、お互いに恋心が芽生えるというもの。

自らもLGBTである作者のAdam ReynoldsとChaz Harris。彼らが、「この物語をつくらなくてはいけない」と思ったのにはある理由があった。ふたりはこう語る。

Adam Reynolds:男同士や女同士の恋愛が問題視されない世界をつくりたいなって。“自分の性”について悩む若者が、僕らが生み出したキャラクターをきっかけに、本当の自分を見つけて欲しいという思いを込めているんだよ。

 

もしも、僕の子ども時代に、こういう本があったら人生が変わっていたかもしれない。そう、思うんだ。

 

Chaz Harris:初めて物語についてふたりで話し合ったとき、2008年頃にテレビ番組で取り上げられていた少年の話を思い出したんだ。その子は、同じクラスの男の子に告白したところ、銃で撃たれてしまってね…。

 

この悲しい事件が二度と起きませんように。番組を見たとき、なんとかしたいと思ったんだけど、何もできない自分が情けなくて。その時の答えの一つが、『Promised Land』を生み出すことなんだ。

自分の「心」に、
正直であるためには

Adam Reynolds:僕は、周りの子どもたちに「ゲイ」と呼ばれて虐められていたんだ。バカにされるたび、母親に泣きついていたことを今でも覚えているよ。7歳くらいのときだったんだけど、まだ本当の自分のことをよくわかっていなかった。それは、大学に入ってからも続くことに。大学生になったときには、もう気持ちに気づいていたんだ。

 

どうしても恥ずかしくて、自分を押し殺した。そのためか、僕を虐めていた人たちの言葉に傷ついて、ずっと自分が悪いんだという罪悪感に苦しんでいたっけ。レディー・ガガの『Born This Way』に出会う21歳のときまで、自分と向き合うことができないままでいた。

 

曲を聴いたあと、素直に周囲に打ち明けたら、家族も友達も優しく受け入れてくれたよ。今では、10代の頃に大事なことを隠したままだったことを後悔してるよ。もっと、勇気を持てばよかった。

 

Chaz Harris:学生時代、僕はまだ自分が同性愛者だということに、ボンヤリとしか気づいていなかったんだ。そのことが原因で、5年も虐めを受けてきた。当時は、我慢していればいつか終わるんだって…。自分が世の中にとってはネガティブな存在である「ホモ」や「ゲイ」と呼ばれることを否定し続けていたんだ。

 

エレン・デジェネレスが同性愛をカミングアウトしたとき、僕は14歳だったかな。その頃には自分自身もゲイであることを少し理解していて、高校を卒業するまでには「やばい、そうなのかも」と、思うように。

 

だけど、あるドラマでLGBTの主人公が、周囲から“普通の扱い”をされていたのを見て、僕の考えは変わったんだ。だからって、すべての知り合いに告白したワケじゃないんだけど、打ち明けたときの家族の言葉が優しかったのを覚えているよ。

LGBTという理由で辛い思いをしてきたAdamとChazだけど、どちらも正直に打ち明けることで“本当の自分”を出せたのだと。周囲が受け入れやすく、理解を深めるためにも、王子と少年の恋物語を子どもの頃から読んで欲しいとふたりは言う。

その思いが通じたのか、ニュージーランドをはじめ、アメリカやカナダ、ヨーロッパなど各地で注目を浴び、教材としても購入されるようになったのだ。

ふたりの挑戦はまだまだ続く。今後はさらに、LGBTを題材とした本をシリーズ化できたらと考えているようだ。

人を“愛する権利”は誰にでもあるはずなのに、同性同士の恋愛は一歩引いてしまう人がまだまだ多い気がする。現実でも物語の世界でも、同性愛が“当たり前のこと”となったとき、世界はやさしい愛で満たされるのかもしれない。

Adam ReynoldsとChaz Harris

Licensed material used with permission by Promised Land
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
今までに自分たちが味わった「苦しみ」を絵や詩で表現して集めた『Forward Together』というサイトがある。これは、トランスジェンダーであることに...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
いつもと少し違う姿の『リトル・マーメイド』のアリエルや『アラジン』のジャスミンたち。InstagramでTrans Disneyと名乗る人物が描くのは、自...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
FRANK DIAMONDの写真は、おとぎの国のような美しさや物語がある。でも、彼の生み出す世界は、すべて“闇”を感じてしまう。乙女たちと白馬の王子様との...