「ジャスミン茶」はベッドイン前のエチケット

大人のスロウ・ラブには、お茶が効く——。

もっと熱く、もっと気持ちよく、もっと幸せになるために。お酒の代わりに、ちょっと特別なお茶を恋の火付け役に選んでみませんか? 

ときめく関係をゆっくりと熟成させる、大人の恋のためのお茶をご紹介。女性も男性も、いつもの「ジャスミン茶」を見直すときです!

子宮のハーブ「ジャスミン」のパワー

©iStock.com/Jeja

ジャスミンのかぐわしい花の香りから得られる精油は、洋の東西を問わず古くから愛され珍重されてきました。ジャスモノイド類という香気成分が心に平穏をあたえ、リラックをもたらしてくれるんですよね。

視覚や聴覚と違って、嗅覚は五感のなかでもっとも原初的な感覚で、感情をつかさどる大脳辺縁系と深くリンクしていますから、色気ある香りが引き金となってエロティックな気分に浸ることは、決して不思議なことではないようです。

さて、中国・明代に出版された薬学書『本草網目』には、ジャスミンの鎮痛、解毒、ストレス解消などに対する効果が書かれていますが、最近では女性のホルモンバランスを整えたり、内分泌の働きを活発にすることがわかり、女性に嬉しい効果が期待されています。

古くから、ジャスミンは“子宮のハーブ”とも称され、生殖機能を高めるものとして不感症治療に用いられてきました。

ジャーナリスト平野久美子さんの著書『ラブティー 恋に効くお茶』によると、昔の中国の宮廷では、貴婦人たちがジャスミンの花の芯をウシやヒツジのミルクで煮詰めたクリームに混ぜて、香り高い保湿クリームを作り、ベッドインの前に体中に塗ったんだとか。

ベッドイン前の「ジャスミン茶」が
官能の扉を開く

©iStock.com/marrakeshh

官能的なジャスミンの香りをお茶にしていただくことで、親密なムードを高めるナイトキャップにしてみてはいかがでしょう。ジャスミンの花の香りを緑茶につけた「茉莉花茶」がオススメです。

良質なジャスミン茶は、開花しかけの半開きの花を緑茶葉の間にはさむよう、交互に積み重ねて寝かせて作ります。すると、ジャスミンの香りがじわじわと茶葉に移って熱をおびてくる。よくかき混ぜ広げて熱を逃がし、再び花を加えて交互に堆積し、また広げる。何度も繰り返すうち、芳醇なジャスミンの香りがたっぷり吸い込まれていくんだそう。

嗅覚に強く訴えかけてくるジャスミン茶をベッドインの前に飲めば、ロマンチックな香りが脳内をめぐり潜在意識と複雑に絡み合い、そして官能の扉が開くことでしょう。

そうそう、ジャスミン茶は口臭予防にもいいそうですよ。

Top image: © samui/Shutterstock.com, virtu studio/Shutterstock.com

関連する記事

お湯を注ぐとグラスのなかにキレイな花が咲く。中国「工芸茶(造形茶)」のご紹介。
お茶は大人の男女にうってつけの愛の媚薬。
“茶リスタ”×”バリスタ”の2人の専門家が手がける お茶とコーヒーが楽しめる西荻窪の日本茶スタンドSatén japanese tea〒167-0054 ...
スマートフォンアプリの開発や運営をおこなう「ROLLCAKE」より、「旅するように楽しむ、お茶の定期便」をコンセプトにした新サービス「Tea」が今月15日...
大手食品会社「Mars(マース)」がチョコボール「Maltesers(モルティーザーズ)」のおいしさを最大限に引き出すために持ちかけた、ケーキ対決「Bak...
日本で生まれた日本茶ベースのハーブティーをご紹介。
デトックス効果が高く体内から老廃物を排出してくれるヨモギ茶は、口臭や体臭も抑えてくれるほか、性感UPにも一役買ってくれるそうです。
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
ケニア共和国が25年もの歳月をかけて生み出したお茶「紫茶」。この紫茶を100%使用した「クレンズパープルティー」の販売が開始された。
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
コミュニティを作る型破りなお茶屋が代官山に誕生 カジュアルに本物のお茶を楽しめるティースタンドTEA BUCKS〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2...
“日本茶離れ”に歯止めをかけるべく、伝統の「しずく茶」を現代にアップデートさせた「mute」。
お茶本来のおいしさ、香り、旨み、渋みを誰でも簡単に引き出せ、現代のライフスタイルにもマッチした茶器。それが沈殿抽出式ティードリッパー「刻音」
「三井農林株式会社」のボトルドティー「WN Cold Brew Tea」シリーズに新作「Darjeeling Seasonal blend No.001 ...
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」。日本最大級の昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカーが製造する、穀物...
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
海外の緑茶人気に着目し、2言語に7通貨(USドル・香港ドル・カナダドル・豪州ドル・欧州ユーロ・英ポンドと円)でプレミアム八女茶を販売するECサイト「YAM...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
47都道府県の厳選されたお茶が毎月届けられるサブスクサービス「O-CHA」が「Makuake」にてローンチ。
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
「Victoria Bitter Tea」は、お茶なのにビール風味を楽しめるということがウリだ。
香り深いマサラ・チャイのベースとなるのはシナモン、カルダモン、クローブ。いずれも、古くから強壮剤、催淫剤として珍重されてきたスパイスです。
創業100年の老舗「パティスリーイチリュウ」が、福岡県八女産・2021年新茶を使用した「旨味茶ロールケーキ」を発売中。
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
世界初の「パーソナライズ抽出機能」を実現したスマートティーポット「teploティーポット」の公式茶葉サブスクリプションサービスが、先週22日(木)からスタート。