性欲増幅、濃密な夜の始まりは「マサラチャイ」から

大人のスロウ・ラブには、お茶が効く——。

もっと熱く、もっと気持ちよく、もっと幸せになるために。お酒の代わりに、ちょっと特別なお茶を恋の火付け役に選んでみませんか? 

ときめく関係をゆっくりと熟成させる、大人の恋のためのお茶をご紹介。エキゾチックな「チャイ」のご用意を!

「マサラチャイ」のように
複雑に交合する夜

©iStock.com/Uladzimir Zuyeu

インドのヒンドゥー教から生まれた世界三大性典のひとつ、『カーマ・スートラ』。サンスクリット語でカーマは「愛・快楽」、スートラは「経典」の意で、4〜5世紀に成立した文献とされる性愛の奥義に触れた古代インドの性典です。

繊細な性描写と具体的な挿絵で表現されたセックスの体位がじつに64パターンも紹介されていることから、ややもすれば、四十八手のハウツー本のようにも思われがちですが、性における「快楽(カーマ)」こそ「道徳(アルタ)」「宗教(ダルマ)」と並ぶ人生における3つの重要なテーマであるという、古代インドの教えが反映されているのです。

さて、その『カーマ・スートラ』のなかに、現在の「マサラ・チャイ」の原型では……と思われる飲みものが、強精剤として紹介されているんだそう。貴族や宮廷に仕える遊女たちはこぞってこの飲みものを口にし、宇宙との一体感を得ようと体を重ね合わせていたのかもしれません。

平野久美子さん著『ラブティー 恋に効くお茶』(新潮社)には、こう記されています。

乾燥させたコブラサフラン(マグノリア科の大木)や蓮の葉、ナツメヤシ、テンジクマメ、コショウなどを、石のすり鉢で細かく砕いて、ハチミツとともに沸騰した水牛のミルクに入れたものです。

出典:『ラブティー 恋に効くお茶』(平野久美子 著、新潮社)

お茶の木が中国から移植されるのは18世紀に入ってから。イギリスの植民地支配のもとで根付いた喫茶文化により、スパイス(マサラ)と紅茶とミルクを煮出した現在のマサラチャイが生まれました。

インド料理店で味わう香り深いマサラ・チャイのベースとなるのはシナモン、カルダモン、クローブ。いずれも、古くから強壮剤、催淫剤として珍重されてきたスパイスです。

ここにさらにコリアンダーシードや黒コショウも加えれば、エキゾチックなアロマに脳の奥が開くような感じがして、軽いトランス状態に誘われます。

スパイスを自分好みに調整して水からじっくり時間をかけて煮出したら、「インド産のアッサムやスリランカ産ルフナなど、ミルクに負けないコクのある茶葉」と合わせるのがベターと平野さん。

日常のくつろぎタイムだけでなく、夜の気分を高める一助として、カクテルの代わりにマサラ・チャイを作ってみてはいかがでしょう? 複雑な香りと濃厚な甘さにの心もカラダも緊張がほぐれてくるはずです。

Top image: © samui/Shutterstock.com, virtu studio/Shutterstock.com

関連する記事

アメリカには、緑茶をセックスのトリガーとして活用している人たちがいます。
お茶は大人の男女にうってつけの愛の媚薬。
デトックス効果が高く体内から老廃物を排出してくれるヨモギ茶は、口臭や体臭も抑えてくれるほか、性感UPにも一役買ってくれるそうです。
スマートフォンアプリの開発や運営をおこなう「ROLLCAKE」より、「旅するように楽しむ、お茶の定期便」をコンセプトにした新サービス「Tea」が今月15日...
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
。男性は「性欲が強くても普通」なんて言われているけれど、実際は女性も負けていません。男性からしたら、セックスを楽しんでくれる女性って素敵だと思いませんか?...
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
チャイ専門ブランド「モクシャチャイ」などを手がける「The Moksha Japan株式会社」は、レンジで手軽に作ることができるチャイ「レンジでチャイ」を...
コミュニティを作る型破りなお茶屋が代官山に誕生 カジュアルに本物のお茶を楽しめるティースタンドTEA BUCKS〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2...
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
“茶リスタ”×”バリスタ”の2人の専門家が手がける お茶とコーヒーが楽しめる西荻窪の日本茶スタンドSatén japanese tea〒167-0054 ...
自分の性欲の強さは一般的にどのくらいなのか、また、パートナーと比べるとどのくらいなのか…。ですが"性"に関することですので、なかなかオープンに話す機会もな...
近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」。日本最大級の昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカーが製造する、穀物...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
「Victoria Bitter Tea」は、お茶なのにビール風味を楽しめるということがウリだ。
より良いセックスのための、相性の合う人、時間帯、頻度、6つの法則などを紹介。大学の研究結果や恋愛アドバイザー、ライターによる「最高のセックスにするための方...
ここで紹介するのは「YourTango」のライターBrooke Larkさんがオススメするコーヒーの作り方。それもただのコーヒーではなく、飲むだけで精力が...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
セックスのよくある悩み「恐怖」「痛み」「セックスレス」に悩んでいる全ての女性に伝えたい対処法をまとめました。
男性の方で何となく性欲のほうがイマイチだな、と感じているかたはいませんか?風邪気味だからかな、年のせいかな…以前はこんなことはなかったのに、と思っている方...
インドのお土産でもらったチャイブレンドの紅茶。その茶葉はもうなくなってしまったけど、裏面の原材料をメモって今でも時々作っている。現地では、地域や家庭によっ...
「Ginza Sony Park」地下一階に、先月28日(土)から、現代版の“茶屋” 「GEN GEN AN幻」がオープン。
お茶は大人の男女にうってつけの愛の媚薬。
恋人よりも、友達とのセックスが好きだった。なにもかもを理解してくれる人、言葉にしなくてもわかってくれる人。僕らは最高のパートナーだと思ってた。恋愛なんかじ...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
編集部員が「Good Clean Love ビオジェネシス」を初体験した感想をお届けします。
「クワンソウ」という伝統野菜から作るお茶には、寝つきが良くないときに飲むと、不思議と安眠が得られるとして沖縄では古く琉球王朝時代から飲まれていた。現在も今...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...