隈研吾が、手がける「ATAMI海峯楼」 海に溶けこむデザインが素敵すぎる・・・

新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問わず活躍する、日本建築界のけん引者です。ここでは、1995年に氏が手がけた、水とガラスとアートに包まれる極上の宿を紹介します。

海に融けこむ
ウォーターバルコニー

9650e063cf89811683fc11e51b1c9a48918e1e76

相模湾に浮かぶ初島を望む絶景ーー。
一日わずか4組限定、全4部屋。心の贅沢を得るのに、これ以上ない至福の空間。それが「ATAMI海峯楼」です。海を見下ろす高台に建つこの宿は、もともと、ある企業の迎賓館として隈氏が設計・デザインを手がけたもの。2011年より、高級旅館として生まれ変わりました。

全室オーシャンビューの部屋から相模湾を一望できるのは、言うに及ばず。隈氏の意匠は、その海と部屋、さらにはここで紹介する「ウォーターバルコニー(水/ガラス)」が、まるで海に融けこむように境界線を失う、不思議な調和感にあるのかもしれません。

日本の伝統技法を
現代にアップグレード

C03e9547857478e8f86e8223ea69086620f32867

水を循環させた“縁側”によって、建築と海を接続しようという試み。ガラスの箱は水の中に浮かび、水は絶えず溢れ続けてそのエッジを失い、太平洋の水と、建築の中に捕らえられた水とがひとつに融け合う…。

熱海の自然の地形を活かしながら、縁側や庇(ひさし)など水平方向のデザインを取り入れることで、視覚的に境界を配する工夫。「日本の伝統建築はこうした仕掛けに溢れていた」。稀代の建築家はこう言葉を残しています。

隈氏は、このウォーターバルコニーを自身の“エポックメイキング”的な作品になった、とあるウェブマガジンのインタビューで語っています。氏は、そこで水を流すというデザインの難題と向き合い、「水を見せるとき、建築に新たな生命観を帯びる」ことを見出したそう。

一度は泊まりたい
名建築の温泉宿
(ATAMI海峯楼)

Dc0362f79cde60da70fe7705a71f4b4c72fac315

木や石などの自然素材を用い、地域や風土に根付く自然の地形と調和しながら、日本ならではのプリミティブなスタイルに落とし込んでいく。建築家・隈研吾のエッセンスを随所に堪能できる宿。そこには、極上のおもてなしが待っています。

Dab4e70800c6e319aea33223a5a60ac4df20b0ea
Photo by 大広間「楽精/らくせい」

1階は、木版画家・徳力富吉郎による荘厳なふすま絵。

2380adb063ebc3fbda02dd93648a016fb6fe7bdc

壁一面の大きな窓が特徴的なラグジュアリー・スイート《誠波/せいは》。部屋を四方に囲む水の縁側(池)と相模湾が一体に。専有の露天ジャグジー(水着着用)やビューバスで至福の時間を。

B05e9f9aceb5b06ddfac38cb15637d97ab767979

こちらは唯一の和室《爽和/さわ》。窓際に海峯楼オリジナルのクッションを敷き詰め、のんびり海を眺めて過ごせます。布団もセミダブルのオリジナルサイズ。

37e77ba88e6b20284f4e2d7ce15f58ee9fd67da8

美肌効果があるといわれる熱海の温泉。湯あたりが柔らかく肌に優しい弱アルカリ性です。大窓が開くことで露天風呂になるユニークなつくり。

たった4部屋、だからこそのプライベートなひととき。全館貸切にも対応しているそうですよ。大切な人と大切な時間を過ごしたい人におすすめ。詳細はこちらから。

Licensed material used with permission by ATAMI 海峯楼
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
気仙沼の漁師に焦点をあてた「漁師カレンダー」を紹介。冬の海で淡々と作業をする海の男たちはカッコいい。でもそれだけじゃなくて、そんな海の男たちからエールをも...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
限りなく続く水平線。果てしなく大きい、万物の生命の源・海。海は、夢占いの世界では豊かな生命力、母性の象徴であり、女性、母親、無意識の世界(潜在意識)を表し...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...