隈研吾プロデュースの「話題の美術館」を見学するツアー開催

そこはまるで、⼈間の脳の構造がそのまま本棚になったような、不思議な図書館──。

現在、11月6日のグランドオープンに向けて図書の配架作業が進められている「角川武蔵野ミュージアム」内4階「本棚劇場」。そんな話題のスポットを一足先に見学できるツアーが、9月4日より「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ー 石と木の超建築」展の開催期間中、金・土限定にておこなわれる。

世界的建築家・隈研吾氏がプロデュースする「本棚劇場」は、数種のユニットを組み合わせることにより、さまざまな思想⽂化が複雑に混ざり合う「知の地層」が表現されている。

高さ8mの吹き抜けを、⽊製の棚がどんどん積み上がり、そのまま空に散っていくように⾒えるデザインは、⽯の外観と同じく⾜元から天空へと広がっていくエネルギーを表現し、本棚とインテリアが融合した迫⼒ある空間になっているという。

これまで世界の美術館を多く手がけてきた隈氏の建築のなかでもとくに異彩を放っているという本施設。

通常では見ることのできない、図書を巨大本棚に並べる作業の真っ只でのツアー詳細は、公式ホームページから。

※9月分のチケットは完売いたしました。

©2020 株式会社KADOKAWA
©2020 株式会社KADOKAWA
©2020 株式会社KADOKAWA

角川武蔵野ミュージアム』

【公式ホームページ】https://kadcul.com/ 

Top image: © 2020 株式会社KADOKAWA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
「アシックス」が建築家の隈研吾氏とコラボレーション。
新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
2200の建築パーツと6000以上のアート作品を自由に組み合わせて、オリジナルの美術館が作れるオンラインゲームが誕生。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...