「スノーピーク × 隈研吾」の複合施設が長野県白馬村にオープン

2020年4月、アウトドア用品の「スノーピーク」は、長野県白馬村に同社初の試みとなる体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」をオープンする。

同社は、この施設を観光客だけでなく地域住民たちが交流できるコミュニティの拠点としてさまざまなコンテンツを用意。マルシェや焚き火などの定期イベントや、気軽にキャンプを楽しめる「手ぶらキャンプ」といったサービスを予定している。

施設外でも自然の体験を楽しむことができる、アウトドア用品のレンタルサービス「Snow Peak To Go(仮称)」にも注目だ。

建築家・隈研吾氏の設計による施設内には、国内最大規模の同社直営店やミシュラン三ツ星を獲得している「神楽坂 石かわ」の石川氏監修によるレストランなどが並ぶ。

観光客にとっては、白馬山麓エリアの観光情報を入手できる「観光局インフォメーション」も必見だろう。

近年、白馬村では一年を通して楽しめるマウンテンリゾート化が加速。この施設の完成により、雪のないグリーンシーズンの白馬にさらなる魅力が加わること必至だ。

 

※2020年4月10日追記/新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策として開業日は延期となりました。

©2019 株式会社スノーピーク
Top image: © 2019 株式会社スノーピーク
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事