「スノーピーク」が新潟本社、約15万坪の敷地に複合型リゾートを2022年春に開業!

アウトドアブランド「スノーピーク」が、新潟本社の敷地を約15万坪へ拡張して「衣食住働遊」の要素が詰まったライフバリューフィールドの実現を目指す「Snow Peak 未来構想プロジェクト」の始動を発表。

その第一弾として、2022年春に温浴施設を中心とした複合型リゾート「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS(フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ)」の開業を計画している。

©KENGO KUMA & ASSOCIATES

同リゾートは、世界的建築家である隈研吾氏が設計を担当

宿泊施設のヴィラ棟(2タイプ、3棟)と隈研吾氏とスノーピークが共同開発したモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」が併設され、自然との一体感を感じることができる新潟の四季に溶け込むデザインになるという。

また、日本三百名山の一つである粟ヶ岳を望む開放的な露天風呂や、焚火を囲むような感覚で楽しめるサウナを設置。ライブ感を体感できるオープンキッチンを採用したレストランでは、地元の食材を活かしたメニューで食を通じた地域の魅力を発信する。

今後、同社は新潟本社の敷地をキャンパーだけでなくあらゆる人々が楽しめる空間へと進化させ、世界中の企業やクリエイターが集まり、まだ世の中にないモノ・コトの開発を担うコンソーシアム型の拠点を目指すそうだ。

©KENGO KUMA & ASSOCIATES
©KENGO KUMA & ASSOCIATES
©KENGO KUMA & ASSOCIATES

『FIELD SUITE SPA HEADQUATERS』
【所在地】新潟県三条市中野原456
【建築面積】2007.644㎡
【延床面積】2133.455㎡(B1部分:1,360.218㎡、1F部分:600.343㎡)
【SPA面積】約400㎡/最大収容人数240名
【レストラン面積】約140㎡/座席:65席
【宿泊施設】ヴィラ棟 合計3棟(100㎡:1棟、50㎡:2棟)、ほか住箱設置予定
【その他の施設】リラックスラウンジ、ショップなど

Top image: © スノーピーク
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事