水風呂の代わりに雪ダイブ。長野・野尻湖畔で見つけた妖精も喜ぶ!? フィンランド式サウナ

フィンランドにはサウナの妖精がいます。その名も「サウナ・トントゥ」。サウナを守っているんです。それが最近、日本の長野にもいるみたい。しかも、嬉しそうなんです。

そのワケは、フィンランド式サウナがオープンしたから。サウナ・トントゥも祝福している(!?)サウナは、東京から車で約3時間半の野尻湖畔にあります。

冬のアウトドアに
「The Sauna」

©2019 TABI LABO
年間約1万人が訪れるゲストハウスLAMP。年間を通して様々なアクティビティを楽しめるのでお客さんの目的は季節次第

長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。レストランもあって料理のクオリティも高いので、宿泊客以外にも多くの人が訪れています。2019年2月8日、その敷地内に、新しくサウナ小屋「The Sauna」がオープンしました。

このThe Saunaを企画したのは、サウナ愛溢れるLAMPスタッフの野田さん。生まれも育ちも東京で、東京では勤め先の昼休みも活用して毎日のようにサウナに行っていたそうです。そして、理想のサウナ作りのために信濃町への移住を決断。サウナのために住む場所を変えるほどに、サウナが好きなんです。

その熱い想いに、サウナハットで浮かれるクマも、恥ずかしくて目隠ししている様子。

©2019 TABI LABO
「これぞサウナ」という意味を込めたThe Sauna

日本のサウナが苦手な人でも、長時間入浴できるフィンランド式サウナを建てることを決めた野田さん。とはいえ、サウナ小屋に使う建材の準備をしたり、薪式サウナストーブを設置したりで、理想のサウナ作りには資金が必要でした。そこで、CAMPFIREのクラウドファンディングで資金調達を達成し、2018年11月からサウナ作りを始めました。

初めての試みとはいえ、順調に進んでいたサウナ作りでしたが、初の火入れのタイミングで、野田さんの気持ちが押しつぶされそうになる事件が。

「サウナの温度が上がらない」

野田さんは、部屋で大泣きしたそうです。翌日、焦りと不安を抱えたまま出張先で仕事をしていると、仲間のスタッフから温度計の針が「80度」をさす写真が送られてきたそうです。まさに、この瞬間、The Saunaが完成し、野田さんはすべてのプレッシャーから解放されました。

「野尻湖周辺は、フィンランドと同様に冬場は雪深くなります。日照時間も短ければ気軽に外を出歩くこともできないから、ネガティブな気持ちになってしまうこともあるんです。そこで、The Saunaという『アウトドア×サウナ』を冬場のコンテンツとして発信できれば、豪雪地帯の人たちに冬場の楽しみを提供できると思ったんです」

サウナ好きの間では、「サウナ、水風呂、外気浴」を1セットで入浴することが一般的ですが、The Saunaでは水風呂の代わりに「雪にダイブ」します。一見寒そうですが、体の芯まで温められているから、体はポカポカ。

大自然の中で外気浴をすると、全身の緊張がほぐれて、完全にリラックスできます。

©2018 TABI LABO
もちろん、この後は2セット目に突入

サウナ・トントゥも喜ぶ
「本場のサウナ」

©2019 TABI LABO
The Saunaは水着を着て入浴。水着は300円でレンタル可能(先方確認)

「そもそもフィンランド式サウナって?」という方も多いと思います。いくつかの特徴はありますが、最大の特徴は温度が低くて入りやすい点。

The Saunaは70〜80度で、一般的な日本のサウナより10度ほど低く設定されています。だから長時間入浴可能で、息苦しく感じないので日本のサウナが苦手な方でも楽しむことができるんです。

他にも、白樺の葉っぱを束ねた「ヴィヒタ」や熱が室内で循環するように天井を低くしていたりと、本場のサウナを体験できる空間が用意されています。

©2019 TABI LABO
薪式ストーブに火を入れて、入浴できる温度になるまで最低でも3時間は必要。繊細なサウナを扱うのは難しい
©2019 TABI LABO
ヴィヒタをつけた水をサウナストーンにかけると、爽やかな香りと熱い蒸気が室内に広がる。そこからが勝負

「リアルな場を大切にしたいですね。僕自身、サウナやゲストハウスのようなリアルを通して伝える方が合っているんです」

新卒時代、四国お遍路中に体を癒してくれた水風呂やサウナの体験がきっかけとなりサウナに魅せられた野田さん。いろんな人に助けられながら進んでいく旅を通して、人とのリアルなコミュニケーションの大切さを実感したそうです。だから、サウナの良さをThe Saunaでの体験を通して伝えたいと言います。

「ここは日本のフィンランド。大自然を眺めながらの“外気浴”はまさに至福です。アウトドアサウナに日々の疲れを癒しに来てくれると嬉しいですね」

©2019 TABI LABO
外観は三角屋根だが、室内の天井は熱がしっかり循環するように平面になっている
©2019 TABI LABO
サウナ後のシャワーやご飯はゲストハウスLAMPにて
©2019 TABI LABO
イチオシのサウナ飯は「LAMPバーガー」(1100円*ポテト、スープ付き)。料理人が作るバーガーがうまい!
©2019 TABI LABO
サウナ・トントゥは野尻湖でみんなを待っている。ニコリ

The Sauna
住所:長野県上水内郡信濃町野尻379-2(*ゲストハウスLAMP)
TEL:02-6258-2978(*受付時間9:00〜22:00)
料金:1500円(*ワンドリンク付き)、平日貸切8000円/2時間、休日貸切10000円/2時間(*ワンドリンク付き、4名以上の利用は追加料金2000円/人)、早朝1000円
営業時間:早朝8:30〜10:00(*宿泊客限定)、通常11:00〜23:00(*2時間おきに30分の休憩時間あり)
定休日:月、火(*早朝利用は土日、一部祝のみ)
公式HP:https://lamp-guesthouse.com/

Top image: © 2019 TABI LABO
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
複合リゾート施設「BIO RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」(埼玉県入間郡)に、3月、一棟貸しの宿泊施設「サウナスイートキャ...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
100%ペットボトル再生素材から作られた「KIND BAG」に、ちょっとした買い物に役立つminiサイズが仲間入り。
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
サウナに関する研究を進め、医学的効能をより詳しく明らかにし、人々の健康増進に役立てる。さらには、研究成果を社会にわかりやすく発信し、適切なサウナ利用に向け...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
サウナーにおすすめしたい東京の「極上サウナ」をご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。