隈研吾がデザインした「空気清浄機」

広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Breath/ng」です。

ただし、これは見て楽しむだけの作品ではありません。この渦巻は、そこにいるだけで「息をするように」空気をきれいにしてくれるのです。

乗用車9万台分の大気汚染物質を吸収

6692124003139584
©Luke Hayes
6747855498772480
©Luke Hayes

素材として使われてるのは空気フィルターの機能を持つ布「Breath」。複雑な形状を可能にする40個以上のジョイントは、3Dプリンターで印刷されています。

特徴的なプリーツ構造は、表面積を広げるための工夫。インスタレーションひとつで、大気汚染揮発性有機化合物(VOCs)を一年間に乗用車9万台分吸着できるといいます。

5640675475324928
©Luke Hayes

このフィルターを使ったタワー型の都市内空気清浄システムは、現在実用化が狙われているとのこと。息をするように空気を浄化してくれるプリーツの側で暮らす日が、いつかやって来るかもしれません。

5468888326209536
©Luke Hayes
Top image: © Luke Hayes
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問...
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
小さいけれど、とってもパワフルで賢いポータブル空気浄化機「Wynd」。500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
イーストロンドンのリージェント運河沿いに建築された「H-VAC」は、まさに、オトナの秘密基地。パッと見は、空気ダクトにしか見えない。しかし、内部は、ロフト...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
突然ですが「スマッシングハーブ」を知ってますか? これは火をつけて使用するハーブのこと。浄化の儀式や瞑想時にネイティヴアメリカンがその煙を利用していたこと...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
旅先で迎えた解放的な朝、窓を開けてこう一言。「あ〜空気がおいしい!」。これを家で味わうために。
InstagramやTwitterのフォロワーが買える。はよく聞くハナシ。けれど、まさかそれが自動販売機で販売しているとは…。中にはクジが入っており、値段...
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
フランス料理で用いられる調理法に「Sous vide(スーヴィード)」がある。空気に触れない状態で一定の温度を保ったまま、素材に火を均一に通していくという...
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。