隈研吾がデザインした「空気清浄機」

広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Breath/ng」です。

ただし、これは見て楽しむだけの作品ではありません。この渦巻は、そこにいるだけで「息をするように」空気をきれいにしてくれるのです。

乗用車9万台分の大気汚染物質を吸収

©Luke Hayes
©Luke Hayes

素材として使われてるのは空気フィルターの機能を持つ布「Breath」。複雑な形状を可能にする40個以上のジョイントは、3Dプリンターで印刷されています。

特徴的なプリーツ構造は、表面積を広げるための工夫。インスタレーションひとつで、大気汚染揮発性有機化合物(VOCs)を一年間に乗用車9万台分吸着できるといいます。

©Luke Hayes

このフィルターを使ったタワー型の都市内空気清浄システムは、現在実用化が狙われているとのこと。息をするように空気を浄化してくれるプリーツの側で暮らす日が、いつかやって来るかもしれません。

©Luke Hayes
Top image: © Luke Hayes
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問...
「アシックス」が建築家の隈研吾氏とコラボレーション。
イギリスのEU離脱当日に発売となった「LIAR Wine」。赤ブドウ品種のメルローを使ってわざわざ白ワインに仕上げた本当の理由とは?
取り付けておくだけで、室内の空気を綺麗にしてくれるカーテン「GUNRID」。2月18日、IKEAが来年までに発売すると発表しました。
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
小さいけれど、とってもパワフルで賢いポータブル空気浄化機「Wynd」。500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...
共同体として服を作るブランド「UNION LAUNCH」が富山にオープンする複合施設「ヘルジアン・ウッド」のユニフォーム製作を担当。機能性とデザイン性を兼...
昨年11月にオープンしたメムアースホテルは、建築家・隈研吾氏がアイヌの伝統民家チセをモチーフにして設計した実験住宅「メーム」に泊まれるだけでなく、十勝地方...
「クロックス」と「KFC」がコラボアイテムの販売を発表。見た目も匂いもケンタッキーフライドチキンなサンダルとは?
スウェーデンのラップランドにオープンした“川に浮かぶ”リゾート施設「Arctic Bath」は、北欧らしくシンプルで洗練されたエクステリア&インテリアが自...
2020年4月、アウトドア用品の「スノーピーク」は、長野県白馬村に同社初の試みとなる体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKU...
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
「ダイソン株式会社」が新製品「Dyson Pure Humidify+Cool」を発表。
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
場所は、中京区・烏丸通りの「京都市有形文化財第一号」に登録されている歴史的建造物「新風館」内だ。