これまでになかった、まったく新しい空気清浄機。その秘密は「3色のフィルター」にあった。

世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイマイチなのは仕方がないこと。でも、せっかく部屋に置くのだから、もうちょっと遊び心があると嬉しい。

そこで、デザイナーJunku Jungさんが考えたのが、カラフルなフィルターを自由にカスタマイズ可能な空気清浄機。しかも実は、かなり機能的でもあるんです。

「部屋と心」を明るくする

7bf2e9516de50e98549d770c3dd2526c43a154c5

写真の通り、カラフルな正方形のフィルターを、本体に積み重ねて使用。明るい色合いの空気清浄機は、空気をキレイにするだけじゃなく、ウキウキした気持ちにもさせてくれそう。

用途によって
「色」が決められている

C8800d05ae4c3c3f89c0bebc493589f783a5e023D5aea72296d8d3e1b95d36db8c4ad808ff6b8b3d

全7色のフィルターは、それぞれペットアレルギー、光化学スモッグ、シックハウス症候群、黄砂、花粉症、オイルミスト(汚染物質)、炭に対応。花粉症はピンク、ペットアレルギーはイエローと、その症状に悩む人が多そうなものが鮮やかな色になっている印象です。

Fbf9eead63418e24fbabffea62a5a09a73e880e4

組み合わることで、体調や環境に合った自分専用の空気清浄機ができるというわけ。

例えば、都会や工業地帯に住んでいる場合は、光化学スモッグ用をチョイス。さらに、アレルギーがある場合はそれに対応したカラーをセット。

こんな風に、空気や色を自分で選ぶことができるのです。

A69d746d0923b02d29428b074cd4ba3d3d7e8516

あくまでもコンセプトデザインですが、もしもこれがあったなら、同じ家に住む家族が別々の症状で悩んでいても、安心して過ごすことができるかもしれません。本末転倒だけど、アレルギーの種類より、カラーでフィルターを選んじゃったりして。

Licensed material used with permission by Junku Jung
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
小さいけれど、とってもパワフルで賢いポータブル空気浄化機「Wynd」。500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
イーストロンドンのリージェント運河沿いに建築された「H-VAC」は、まさに、オトナの秘密基地。パッと見は、空気ダクトにしか見えない。しかし、内部は、ロフト...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
突然ですが「スマッシングハーブ」を知ってますか? これは火をつけて使用するハーブのこと。浄化の儀式や瞑想時にネイティヴアメリカンがその煙を利用していたこと...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
旅先で迎えた解放的な朝、窓を開けてこう一言。「あ〜空気がおいしい!」。これを家で味わうために。
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
いまや、食器洗浄機を使うことなんて当たり前。でも、ちょっと体力が残っているときは、手間を承知で「手洗い」するのもイイかもしれない。なぜなら、「Little...
洗濯をするたびに、環境破壊に繋がる行為をしていたなんて…。私にはまったく悪気がなかったけれど、そんなこと言われたら使うしかないじゃない。このコロコロした手...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...