「ピンクの海」が存在するなんて、信じられる?

ファッション業界は、今年「ミレニアルピンク(薄いピンク色の総称)」でもちきり。雑誌やキュレーションサイトでも、やたらとこのワードを目にする機会が増えました。

もともとは2016年の流行色として、多くのハイブランドがこの色のアイテムを売り出したことが発端だったのだけど、ミレニアル世代から思った以上の反響があり、その人気は継続中。

ファッション界では、もう飽きるほど見た!って人もいるかもしれないけれど、自然界のピンクならどう?

「自然が生んだ」
ミレニアルピンク

in MEXICO
"Las Coloradas"

この「ピンクラグーン」に出会えるのはメキシコ。ラス・コロラドスという漁村。なんでも、この地が有名になったのはつい最近の話で、「The most Instagram-worthy spot(最もインスタジェニックな場所)」に選ばれたことがきっかけだそう。それまでは、ほとんど地元の人しか知らないスポットだったみたいですよ。

どうしてこんな色になるのか?と言うと、もともと岩塩を発掘する塩鉱山として栄えていたためミネラルが豊富で、植物プランクトンや特殊な甲殻類が集まっているのが理由だとか。

化学物質などではなく、自然の力によって生まれたというから、なんともロマンチック。その日の気温、風の向き、太陽の光によって色の濃さが変化するため、日差しが弱い時にはこんな景色にも。

行ってみたいけど、ちょっと遠いな〜。

Licensed material used with permission by @anna.everywhere
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。
男女問わず身につけられる「REING Underwear」に、新色のピンクがお目見え。
世界各地に点在する「ピンク・レイク」。なぜこうなっているのか?バクテリアや塩分などの影響で色づいていると言われており、そこに太陽が当たるとこうやって見える...
2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
電気自動車メーカー「Tesla」と民間宇宙開発企業「SpaceX」のCEOを務めるイーロン・マスクが、米・総合情報サービス企業「Bloomberg」の世界...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
「Goldwin(ゴールドウイン)」の「GORE-TEX Hooded Down Coat」の紹介。
「星のや軽井沢」で、冬真っ盛りの12月1日〜2021年2月28日に「森のほとりcafe&bar ~氷上の星空特等席~」が開催される。
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
シンガポール発着のクルーズ「It's The Ship」は、途中の目的地もなく公海を進み続けます。でもお気になさらず、だってこのクルーズの目的は、連日連夜...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...