ここが違う。同じミレニアル世代で「成功」している人がやっていること。

同じミレニアル世代でも、すでに夢や目標を達成している人たちがいれば、その横で羨ましそうに眺めている人たちもいる。彼らの違いは、一体何だろう?数々の人生やキャリアに絡む記事を「Inc.」に寄稿してきた、Nicolas Cole氏がまとめています。

5112351313362944

成功しているミレニアル世代の人たちは、他の人と比べてどこか違う。

彼らの友人はというと、違う習慣を持ち、違う生活を送り、そして毎年新年を迎えるときには必ずこう言う。「今年こそは変化の一年にする」と。

一方で、成功している人は、口に出すよりも行動することに、より多くの時間を使う。どちらかと言えば、彼らは成功するかどうかではなく、しておかなければいけないことに十分な時間を当てられるか、ということを重視しているのだ。

あなたがもしミレニアル世代であれば、自分が今、成功への道を歩んでいるかどうか知りたくはないだろうか?もし既に歩んでいるのであれば、おそらく今から言う5つのことができているはず。

01.
携帯はずっと持ち歩かない

5552527881797632

成功している人は、携帯を一日中肌身離さず持っているようなことはしない。

携帯は時に集中力を大きく妨げるものだということを知っていて、自分の時間や集中力を確保するためならどんな苦労も惜しまない。成功している人の多くは、携帯をサイレントモードにして、必要なときにしかチェックしないようにすることを癖づけている。または、メールがくる度にその時取り組んでいたことを一時的に中断し、返事をして、それ以外の時間を使って目の前の課題に全力で取り込もうとするのだ。

しかし、成功していない人は逆のことをしている。スマホを常に片手に持ち、常に鳴っていて、それが生活の妨げになっている。そして、結果的にすべきことがどれも中途半端に終わってしまう。

02.
急な誘いに乗るのは
週1度まで

成功する人は自分の生活に一定のリズムを持っている。

自分の時間をどう有効的に使うかということを常に意識しているので、彼らは着実に目標などに向かって前進することができるのだ。もし誰かに遊びに誘われた時は、彼らはその誘いに乗るか計画していた通り自分の時間を過ごすか、どちらが自分にとって得があるかどうかを考える。

彼らはしっかりとした目的を持ち、予定を計画しているので、元々入っていた予定を崩して急な誘いに乗ることは、彼らにとって稀なこと。

成功しない人は逆の行動をする。彼らは流れに身を任せて生活をしているのだ。

03.
自分の得意分野を追求する

早い段階で成功をおさめる人は、何事も自分のペースで進めることができる人。

その結果、彼らは断るべき時にハッキリと断ることができるのだ。例え、儲かる話がきたとしても、それが自分の一番得意としているもの、あるいは自分が行きたい道と反しているならば彼らはキッパリ断る。

成功しない人は、手っ取り早く成功できそうなものに食いつく。結果がより早く出そうで達成しやすそうなものがあれば、元々の目標を変更して簡単に乗り換えてしまうのだ。

04.
結果より過程を大事にする

4516839199604736

誰でも「いつかお金持ちになる」と発言することはできる。

しかし、本当に成功する人はあまりそういったことを言わない。彼らはそれよりも目標に到達するまでの道のりを気にする。自分たちのポテンシャルに興味があり、スキルを磨こうとしたり、自分に向いているものを必死に探そうとする。

一方で、他の人は報酬ばかりを追い求めて途中で迷子になってしまう。そして結果的に本当の成功をおさめることはできなくなってしまうのだ。

05.
マイナスな影響を及ぼす人とは
付き合わない

成功する人は、誰よりも長く時間をともに過ごす人は自分のことを「反映」していると知っている。

もし、友人がマイナスな影響しかもたらさないのであれば、新しい友人を探す。もし、友人が生活の妨げになると感じるのならば、あまり付き合わないようにする。もし、地元でいい機会にめぐり合えそうにないのなら、地元を去る。もし、自分の学校でしたいことを見つけられないのであれば、違う学校に移る。もし、仕事で自分が学びたいことを学べていないならば、新しい仕事を探す。

成功しない人は、このような活力を持ち合わせていない。自分が今いる状況をただうけ入れて、一生愚痴を言いながら過ごすのだ。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by Nicolas Cole
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
「Every Vowel」の主人公に共感してしまうのは、1980年代から2000年代初頭に生まれた“ミレニアル世代”の人たち。アーティストJon Yous...
あなたの周りでも、若いミレニアル世代に対する変な偏見はありませんか?4年後の2020年には、職場の50%をミレニアル世代が占めるとも言われています。IBM...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
『ミレニアル世代』と実際に向き合ってみると、様々な想いや言葉を持っていたんです。それがとっても印象的なものが多い。彼らを理解できたら、もっと楽しくなるんじ...
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
アメリカの総人口(約3億)の1/4近い数字を占めるミレニアル世代。アプリを使いこなしてランチをデリバリーし、ファストカジュアルでごはんを済ませる(もちろん...
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
ミレニアル世代の特徴は「自分らしさ」を持つこと。そう考えると、結婚って縛りが多くなりそうなイメージだし、昔とは違ってマストではなくなっている。これは決して...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
世界各国の引っ越し先を検索できるという、海外生活の手助けをしてくれる家探しサイト「Nestpick」から、ミレニアル世代が住みやすい都市ランキングが発表さ...
上海、シンガポール、マカオ…。今日もアジアのどこかでシャッターを切っているのは、フォトグラファーのHarimo Lee。独自のアングルで切りとられた写真は...