ミレニアル世代は外食費に年間どのくらい使っているのか

アメリカの総人口(約3億)の1/4近い数字を占めるミレニアル世代。アプリを使いこなしてランチをデリバリーし、ファストカジュアルでごはんを済ませる(もちろん自炊しないワケではないが)、彼らの台所事情が公開された。けどこれ、なにもアメリカに限った話ではない、と思えてしまう。

アメリカ人20代の食費=約30万円
日本人独身20代の食費=約38万円

7c5704c3dbd75691116363f143d6203d769624cf

食品情報サイト「Food Institute」が、2014年度米農務省のデータをもとに算出した結果によると、ミレニアル世代は年間の食費のおおよそ44%を外食にかけていることが判明。金額にして2,921ドル(約30万円)で、2010年度の調査からこの5年の間に10.7%ほど上昇しているという。

この結果だけで一気に日米を比較することはできないが、それでも日本人の同年代とほぼほぼ同じ結果だと見て良さそうだ。

東京近郊に暮らす20代の独身男女400人を対象に、日本の農林中央金庫が2014年度に実施したアンケートによると、1ヶ月の食費の平均は31,876円。年間約38万円となる計算だ。首都圏に限定したデータということもあるが、総じて支出はこんなところ。

だが、興味深いのはその内容のほう。

食を取り巻く環境や意識の違いもあるかもしれない。それでも、2000年以降に成人となった彼らミレニアル世代にとって、ファストフードやコンビニは生まれながらにして選択肢のひとつだ。たとえひとり暮らしでなくたって、外食や買ってきたものを食べる(中食)ケースは必然的に多い、とも言えるだろう。

アプリでさくっとオーダー
活況著しいフードデリバリー市場

もちろん、年齢とともに安定した収入が食費の支出増につながっているとする見方もある。現にFood InstituteのBrian Todd氏(CEO)は、外食やデリバリーによる豊富な選択肢が、ミレニアル世代の支出を圧迫していると指摘する。

近年、盛り上がりを見せるフードデリバリー市場。メニューを選んで、さくさく注文。決済まで行える専門アプリが続々登場し、いつ、どこへでもおいしい料理を運んできてくれるとなれば、こんなに楽なことはない。

先月、東京の一部地域でサービスが開始されたばかりの、配車サービスUberによる「UberEATS」。あの独特な形状をした立方体を背中に担いでペダルをこぐ配達員を、ランチ時に見ない日はないほどだ。

外食への意識を変えた
ファストカジュアルの台頭

3eff4141f9bbbf30386344c7ef9efbf0337fe873

また、低価格ながら質の高い料理を提供する、ファストカジュアルの台頭も大きい。

すでに日本進出を果たした「シェイク・シャック」や「グズマン・イー・ゴメズ」、「カールスジュニア」のように、ファストフードよりも高級感があり、ファミレスより価格が安い(もしくは同等)なファストカジュアル。それに消費者のニーズが傾いてきたことは、人々の健康志向が影響している、と「Forbes」は見ている。

長らく続いた不景気からか、安さをウリにしたファストフードが重宝される時代もあった。かつて、早くて手軽でどこでも同じ味が楽しめていたファストフードは、いつの頃からか多少高くても「鮮度」や「つくりたて」を求める声に変わってきたのではないだろうか。

“素材にこだわったプレミアムな一品”に対し、価値を求め、その価格が払える。過度な装飾や雰囲気よりも、誠実さや実直な美味しさを、ミレニアルたちが求めている証拠なのかもしれない。

それなりに食べれば、それだけお金がかかる。当然のことではあるけれど、食べ手も食べ方も時代や世相とともに絶えず変化し続けている。

昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
あなたの周りでも、若いミレニアル世代に対する変な偏見はありませんか?4年後の2020年には、職場の50%をミレニアル世代が占めるとも言われています。IBM...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
『ミレニアル世代』と実際に向き合ってみると、様々な想いや言葉を持っていたんです。それがとっても印象的なものが多い。彼らを理解できたら、もっと楽しくなるんじ...
世界各国の引っ越し先を検索できるという、海外生活の手助けをしてくれる家探しサイト「Nestpick」から、ミレニアル世代が住みやすい都市ランキングが発表さ...
「Every Vowel」の主人公に共感してしまうのは、1980年代から2000年代初頭に生まれた“ミレニアル世代”の人たち。アーティストJon Yous...
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
ミレニアル世代の特徴は「自分らしさ」を持つこと。そう考えると、結婚って縛りが多くなりそうなイメージだし、昔とは違ってマストではなくなっている。これは決して...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
上海、シンガポール、マカオ…。今日もアジアのどこかでシャッターを切っているのは、フォトグラファーのHarimo Lee。独自のアングルで切りとられた写真は...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
日本でも、キャンプ版Airbnbと数年前から有名になっている「Hipcamp」。2015年に登場したにもかかわらず、未だに人気が衰えない理由は、デジタルデ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
旅行での楽しみの1つといえば食事。しかし、もし食物アレルギーを持っていたらどうだろう。料理に入っている食材をチェックしなきゃいけなかったりして、安心できな...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...