筑波山・ガマランドの闇は、ミレニアル世代のためのもの。

この場所で、生き方について考えるなんて、思ってもみませんでした。だって、筑波山の麓にある、ただのB級スポットだとばかり思っていたから。

ようこそ、ガマランドへ!

4636327035273216

筑波山に行くと、カエルモチーフのお土産がたくさんあるのですが、これは、ガマガエルが筑波山と深く関係しているから。

と言うのも、山頂のハイキングコースに「ガマ石(見た目がガマに似ている)」と呼ばれる石があって、この石の前で伝統芸能の口上「ガマの油売り」のネタが誕生したと言われているため。

でも昔は、ガマが有名なのに筑波山にはそれをアピールするものが全然なかったんだって。だからガマランドができたんだそうですよ。

B級すぎて、B級すぎて、震える。

ガマランドは、筑波山の東側、女体山のロープウェイを下るとすぐ。予告なくいきなり出てきます。こんな感じで。

4737023516606464

右側には売店があってお土産などが売られているんですが、屋根の上を見上げると……。

5987965893345280

何かいます。そしてそれを上から見下ろすと……。

6705596006924288

こんな感じになっていました。眺めがいいです。例の手の持ち主は、よく見るとガマガエル型の乗り物で、中にシマウマが乗っていました。どゆことっ。そして、この写真を撮った場所の柵にこんな注意書きが。

 

“日本ではじめて空を飛びました 今屋上でちょっと一休みです”

 

笑いのセンスが高尚すぎてついて行けません。(誰かついて来てる?)

不安と期待入り混じるなか、遊園地ゾーンも散策してみましたよ。

5888635513602048

まず、すべり台です。ここにも、注意書きが。

 

“気をつけてすべりましょう ケガの責任は負いかねます”

 

コワイ。でもこのすべり台は現在使用禁止なので、滑ってはいけません。

5842218191421440

そして無料スペースシャトル。後ろでガマ大明神が見張っていますね。コワくて乗れません。

6076987814707200

そのガマ大明神。ガマランドの頂上に鎮座しておられます。コワイです。ただ存在がコワイです。

6719508211302400

動かない遊具もコワイ。

6096155180007424

目がコワイ。

6033083853701120

顔がない。コワイ。

5424541211820032

もうコワイ。意味はない。

そしてここが一番コワイ。

4987911615283200

ガマ洞窟。入場券・大人500円(子供200円)は、隣の売店で購入します。

ちょっと大人の事情で写せなかったんですが、入り口の右横に、某世界名作劇場の人気キャラクターがいて、手に「無事通れれば、どんな災害も免れるでしょう 通ってみてね ラスカルより」って書いた看板持ってました。無理かもしれない、もう戻って来られないかもしれない、って気分になりますが、ここで大切なのは、

 

“一歩踏み出す勇気”

 

これだけです。

46652836041195525919661820477440

とにかく、暗いです。

5492653084901376

足元がフカフカしていたり、予想外のものが登場したりしますが、あえてこれ以上は言いませんね。これだけ見てください。

6596033807122432

「足元に気をつけて下さい」の矢印の先に浮かび上がる文字。

……死!

若い人に、あえて暗い道を
進んでほしいの

4887499843305472

「今の若い人は、自分で探すってことには慣れていないような気がしてね」

ガマ洞窟を抜けたところに、“雅子さん”はいました。雅子さんは、ここで働くお母さんです。おしゃべりが始まったのはなんとなくだったのですが、話に花が咲き、思いがけない内容まで聞くことに。

「暗かったでしょう。でも暗いって言っても10分くらいのことだからね。何があるかとか、道はどこだとか、自分の足と感覚で探しながら歩くということを、若い人に身につけてもらいたいのよ。そしてどんな災難も切り抜けられるようにね」

そう、それがこのガマ洞窟のコンセプト。

5425015939923968

「例えばね、わたしらが子供の頃は、夜は暗いものだったの。そこを懐中電灯とかを持って歩いてた。ところが今の人は、暗くて道が見えないから明るくしてほしい、明るいなら行く、とか言う。他人任せだったり、どうぞって与えられたものばかり選んで自分で苦労しない人も少なくないんじゃないかと思うの」

モノや情報が溢れる今は選択の時代とも言われるけれど、確かに、ある中からではなく自分でいちから探す機会って減っているのかもしれません。

「今はみんなスマホとか持ってるから、ここでもライトつけて歩いちゃう人も多いの。でもほんとは暗い中を歩いてみてほしいのよね。ほら、若い時の苦労は買ってでもしろっていうじゃない」

 ガマランド、ただのB級スポットじゃありませんでした。コワくて、楽しくて、生き方について考えさせられる味わい深さまであって。そして何より、デートにおすすめ! 

6639937768128512
このガマのポーズはな〜んだ? 実はロダンの「考える人」を真似たもの。人生考えて考えて考え抜いて行きましょう!
Photo by Etsu Moriyama
取材協力:つくば市

「ガマランド」

住所:茨城県つくば市筑波つつじケ丘

TEL:029-866-0658 (筑波ニュー三井谷)

営業時間:9:00〜17:00(冬期は9:00〜16:00)

定休日:2月・9月・12月の木曜日(不定休もあり)

ガマ洞窟の入場料:大人500円、小人200円

「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
茨城県・つくば市。筑波山の麓に、おせんべいの手焼き体験ができる「日升庵」っていうカフェがあるって聞いて行ってみましたよ。そしたらここの店長さん、かつて日本...
茨城県つくば市、筑波山の麓にお店を構える「松屋製麺所」さんで、朝ごはんにラーメン食べてきましたよっと。いわゆる「朝ラー」です。でもこの松屋製麺所、その名前...
秋葉原からつくばエクスプレス約45分の茨城県つくば市。ロープウェイやケーブルカーのある筑波山のアクティビティや公道を走るセグウェイ体験、おしゃれなカフェな...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
そう、「つくば(オス・11歳)」は、ここ茨城県つくば市にあるハンバーガーカフェ「0298(ゼロニーキュウハチ)」のデキるスタッフ犬。
しいたけ狩りを体験すべく、茨城県つくば市の「なかのきのこ園」へ。ひょっとするとここの社長・飯泉さんは、つくばのC.W.ニコルなのかもしれない。そんなことを...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
このお店、居心地がいいんです。けん玉や古本、ちょっと変わった雑貨などたくさんのものが置いてある、茨城県つくば市のカフェ「千年一日珈琲焙煎所」。「オシャレじ...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...