高尾山が好きなら次は「筑波山」

日帰り登山ができる山って、ちょっとだけ遠出をしたい週末にはもってこいのお出かけスポットだと思います。特に初心者にとってはハードルも高くないし、気軽に友達を誘うことができます。それに、登山ついでに現地の観光も楽しむ時間の余裕もあるから、1日でいろんなことを楽しむことができます。東京だと、新宿から電車で約50分でアクセスできる高尾山が人気ですよね(登山後の「温泉」が醍醐味だったりもします)。

都心からもう少しだけ足を伸ばすと、「筑波山」も日帰り登山にはぴったりのスポットです。ここは、秋葉原からつくばエクスプレスで最短約45分の茨城県つくば市にあります。年間を通して登山やハイキングをすることができ、ケーブルカーやロープウェイに乗って山の景色を楽しむこともできます。

関東平野を見下ろす筑波山の、意外と知られていない魅力を6つに絞って紹介します。

01.
山肌の色を変化させる
「紫峰」

6281909294333952

朝は、昼は、夕方はと、筑波山は時間帯によって山肌の色を変化させることから「紫峰(しほう)」と呼ばれています。満開の桜や新緑の田園とともに映る筑波山は、季節ごとに色とりどりの美しさがありますよ。

この山の麓では醤油づくりが行われていて、江戸時代には江戸に出荷されていました。今でも、江戸前寿司の職人さんたちが醤油のことを「むらさき」と呼ぶのは、その当時、紫峰の麓で作られたつくばの醤油が美味しかったからだという言い伝えもあります。

02.
一つの山で二つ楽しめる
「ケーブルカー/ロープウェイ」

50148293832867846389389777174528

筑波山は、男体山(871m)女体山(877m)の二つの峰を連ねています。この山の魅力のひとつは、「ケーブルカー」と「ロープウェイ」の二つを同時に楽しめるところです。

男体山にあるケーブルカーの筑波山頂駅までは片道約8分、女体山の山頂まではロープウェイで片道約6分で行くことができます。筑波山頂駅から女体山の山頂までは、徒歩で約15分なので、少しだけハイキングをすれば両方とも楽しむことができます。また、男体山の山頂までは、筑波山頂駅から徒歩約15分で行くこともできますよ。

5162194140397568

往復セット割引乗車券は、1500円でケーブルカーとロープウェイのそれぞれを往復できて、お得。どちらか単体の往復券だと1050円〜1100円となるので、セット割の方が断然お得ですね。麓の駅間は、路線バスが運行しているので「わざわざ山頂まで戻らなくても良いかな」って人には便利です。

03.
西の富士、東の筑波
「日本百名山」

4653024425279488

昔から「西の富士、東の筑波」と呼ばれるこの山は、「日本百名山」に選ばれている人気スポットです。標高は877mと、百名山の中で一番低い山。名物の焼き団子は、甘い味噌だれ味で人気があり、山頂にたどり着いた達成感と一緒に味わいたい一品です。

5696134542524416

04.
縁結びの地
「筑波山神社」

4535892614053888

筑波山神社」は山の中腹、ケーブルカー宮脇駅のすぐ近くにあります。ここは、筑波男大神(いざなぎのみこと)筑波女大神(いざなみのみこと)の夫婦二神が祀られており、夫婦円満や縁結びといった御利益のある神社です。境内には樹齢約800年の大杉があり、年間にたくさんの人が訪れるパワースポットでもあります。

05.
科学万博の遺産
「宇宙の卵」

4503938963341312

ゴロンとした謎の物体、これは「宇宙の卵」です。と、言われても、ピンときませんよね。ところで、みなさんはつくば科学万博を知っていますか?

この万博は、1985年に「人間・住居・環境と科学技術」をテーマに開催されました。そして、当時の会場ゲートに飾られたのが、この宇宙の卵というわけです。当時の最先端技術を世界に発信した万博の遺産として、つくばの街を見守る筑波山神社に設置されています。

06.
筑波の奇岩
「ガマ石」

5065753602555904

「さあさあお立ち会い。御用と急ぎでなかったら、ゆっくりと聞いておいで——」

筑波名物で知られる「ガマの油売り口上」は、永井兵助がこの場所で考えたと言い伝えられています。それを由来として、この石は「ガマ石」と名付けられました。石が割れている部分は、ガマの口を連想させます。石を投げて口に入れることができると、金運がアップするという御利益もあるみたいですよ。

筑波山には、ガマ石をはじめとして大仏のように見える「大仏岩」や頭上の岩が今にも落ちそうな「弁慶七戻り」といわれる奇岩がたくさんあります。山を登りながら、各所にある奇岩や怪石をみつけていくのも楽しさのひとつです。

56617925208965126114577905352704

筑波山は、ただ山を登って自然に癒されるだけではなく、朝から夕方まで満喫できる要素が豊富です。「今日はちょっとだけ遠出したいな」って日には、つくばエクスプレスのお得な「筑波山きっぷ」を使って行ってみるのも良いかも。日帰りでも小旅行でもちょっとした旅行気分を味わいたいのなら、とっておきのスポットですよ。

Photo by Etsu Moriyama
茨城県・つくば市の筑波山にある「ガマランド」は、ただのB級スポットじゃありませんでした。廃墟と化した遊園地ゾーンの下にひっそりとある「ガマ洞窟」。その暗闇...
茨城県・つくば市。筑波山の麓に、おせんべいの手焼き体験ができる「日升庵」っていうカフェがあるって聞いて行ってみましたよ。そしたらここの店長さん、かつて日本...
茨城県つくば市、筑波山の麓にお店を構える「松屋製麺所」さんで、朝ごはんにラーメン食べてきましたよっと。いわゆる「朝ラー」です。でもこの松屋製麺所、その名前...
秋葉原からつくばエクスプレス約45分の茨城県つくば市。ロープウェイやケーブルカーのある筑波山のアクティビティや公道を走るセグウェイ体験、おしゃれなカフェな...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
そう、「つくば(オス・11歳)」は、ここ茨城県つくば市にあるハンバーガーカフェ「0298(ゼロニーキュウハチ)」のデキるスタッフ犬。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、ただカワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
しいたけ狩りを体験すべく、茨城県つくば市の「なかのきのこ園」へ。ひょっとするとここの社長・飯泉さんは、つくばのC.W.ニコルなのかもしれない。そんなことを...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
山が大好き。そんな人、たくさんいると思います。その気持ちはきっと人の数だけありますが、イラストレーターの鈴木みきさんの気持ちは、すごいです。どうすごいかと...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ...
エナジーバーといえばアウトドアやスポーツ時の「補給食」のようなイメージが強いが、忙しさを極めるビジネスパーソンたちも日々酷使する目を癒したり、集中力を取り...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
このお店、居心地がいいんです。けん玉や古本、ちょっと変わった雑貨などたくさんのものが置いてある、茨城県つくば市のカフェ「千年一日珈琲焙煎所」。「オシャレじ...
明日は山の日だからこそ、この「TREK TRACK」というデバイスについて知ってもらいたい。