登山家・栗城史多~10のメッセージ~「見えない山を登っている全ての人たちへ」

登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た人すべてに、チャレンジして欲しいと考えているのだ。
講演や著作でも多くの共感を呼んでいる、栗城さんの言葉――ここでは、TABI LABOが行った栗城さんへのインタビューをもとに、そのいくつかを紹介していこう。

「見えない山を登っている全ての人たちへ」
kurikiword_00004

これは栗城さんの座右の銘とも言える言葉。彼のHPにも記載されている。その本意について、栗城さんはこうも語ってくれた。「人生において山はどこにでもある。もちろん、みんなが登頂に成功するわけじゃなくて、頂上近くで下山することも珍しくない。でも、そんな人たちにも、もう一回登ろうって思って欲しいんです」。

「ネットで叩かれているのは知っています。悔しいとも思う。
でも、なかには『ありがとう』って書いてくれる人もいる。
だから、続けられる」

テレビやネット配信の力で、栗城さんの活動は広く知られるようになった。しかし、一方で誹謗中傷の対象にも。そんなバッシングについてのコメント。力強い!

「自分をアピールするんじゃなくて、人との出会いを大切にしようとだけ考えています」

登山にはスポンサー探しが欠かせない。現地から映像配信をする栗城さんのスタイルなら、尚更だ。栗城さんにその秘訣を聞いたところ返ってきたのが、この答え。すべての仕事人に通じるメッセージかもしれない。

「成功だけじゃない。
僕は失敗や挫折も共有したい」

kurikiword_00003

なぜ、栗城さんが自身の登山をリアルタイムで配信するのか? その背景にはこんな思いがある。

「成功者の話よりも、今何かを目指している人の話を聞きたい」

成功体験じゃなくて、チャレンジする人の思いに興味があると言う。そして、自らも「ずっとチャレンジしていきたい」と言う。

 「肩書きじゃなくて、アイデンティティを共有する世の中が理想です」

現代社会において重視されるのは、○○会社や○○長といった肩書きだ。「こんなことを考えている!」「こうしたい!」といった思いで語られる社会を、栗城さんは思っている。

「 5年後とか、10年後とか。想像するのは難しい。
それよりも、目の前にある山を登って、
そこから見える景色を見て、次を考えるようにしている」

kurikiword_00002

大きな夢を持つことも大事だが、目の前の小さな目標を達成していくこともまた、大事だ。

「苦しみと戦っても勝てない。逃げても無駄。だから、友達になる。
だって、苦しみが大きかったら、喜びも大きい。
僕は登りながら、苦しみに『ありがとう』とつぶやくんです」

登頂できないことだってある。栗城さんは、2012年のエベレストへのアタックで凍傷にかかり、指9本を切断。多くの苦しみを知っているからこその言葉。

「『がんばってください』よりも、
『自分もがんばります』がうれしい」
kurikiword_00005

「僕の姿を見て、消費しないで欲しい。そこから何か動いてくれれば、それが一番いいと思う」とも。

※栗城史多さんの新刊はコチラ

栗城 史多

1982年6月9日、北海道生まれ。大学3年生の時に単独で北米最高峰マッキンリー6,194mを登る。その後、6大陸の最高峰を登頂。2008年からエベレストの生中継登山「冒険の共有」に向けた配信プロジェクトをスタート。2009年にはダウラギリ(8,167m)の6,500m地点からのインターネット中継と登頂に成功。エベレストには気象条件の厳しい秋季に4度挑戦。酸素ボンベを使用せず、ベースキャンプから一人で登る単独・無酸素登山をスタイルとしている。2012年秋のエベレスト西稜で両手・両足・鼻が凍傷になり、手の指9本を失うも、2014年7月にはブロードピーク(8,047m)に単独・無酸素で登頂し、見事復帰を果たした。

栗城史多氏。単独・無酸素登山というスタイルで、エベレストに4度もアタックをしている登山家。そして、テレビやYouTubeといったメディアを通して、自らのチ...
2012年秋、重度の凍傷により手の指9本を失いながら、その後も世界の山々の登頂に果敢に挑み続ける登山家・栗城史多さん。今秋、再び単独、無酸素でのエベレスト...
自分の道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合うスペシャル対談。登場するのは、世界の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と世界の最高峰に...
2015年8月23日、ネパール政府は日本人登山家「栗城史多」氏にエベレストへの登山許可証を発行した。同年4月に発生しおよそ9,000人の死者を出したネパー...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
2015年10月7日22時30分(日本時間)。登山家の栗城史多氏がエベレスト登頂へと向け2度目のアタックを開始した。同氏は9月20日にベースキャンプを出発...
異なる道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合う――世界最高峰の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と独自の切り口で「脳」の新たな世界へ...
2015年4月に起こったネパール大震災。これにより世界最高峰エベレストでは大きな雪崩が発生。日本人男性を含む20人近くの死者を出した。そのエベレストに地震...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。...
冒険家でも、登山のエキスパートでもない。フツーの男のエベレスト日記動画。
山に登るという行為の理由は、それを経験したことがない人に説明するのは難しい。ただし、どこか詩的な余韻を残したジョージ・マロリーのことば「そこに山があるから...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
それは、ちょうど「山の日」(2017年8月11日)の出来事だった。友人たちからの連絡が嵐のように携帯に届く。「ちゃんと生きてるか?」「どこにいるんだ?」「...
山が大好き。そんな人、たくさんいると思います。その気持ちはきっと人の数だけありますが、イラストレーターの鈴木みきさんの気持ちは、すごいです。どうすごいかと...
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...