【速報】栗城史多がエベレスト登頂に向け、2度目のアタック!!

2015年10月7日22時30分(日本時間)。登山家の栗城史多氏がエベレスト登頂へと向け2度目のアタックを開始した。

同氏は9月20日にベースキャンプを出発後、26日夜に1度目のアタックに挑戦していたが、雪の影響によって断念。下山を決断していた。

しかし、無事にベースキャンプへと戻ったのもつかの間。4日間の休養後、10月2日に2度目の挑戦へと向けて出発。翌日3日には高度7,000mにあるキャンプ3に到着。6日にはTwitterに投稿されたタイムラプス動画で「風を見ながらアタックを開始したい」と語っており、その後最終キャンプ地へと入ったことが伝えられた。

以下に動画を紹介する(※正面の一番奥に見える山が、栗城氏がいるエベレスト)。

ネパールやヒマラヤの
美しさを伝えたい

栗城氏はこれまでにも単独・無酸素エベレスト登山を4度経験している。2012年にも風の影響によって下山を決断しているが、その際に両手・両足・鼻に凍傷を受け、9本の指を失った。どの挑戦もエベレスト登頂をするなかで最も難しいとされる秋季に挑戦しており、未だ登頂には至っていない。が、リハビリ後2014年7月には復帰し、中国とパキスタンの間に位置するブロードピーク(8,047m)の登頂を果たしている。

挑戦に向け、本人はネパールの観光業が復興するようネパールやヒマラヤの美しさなどを伝えていきたいと、エベレストへの登山許可証を受け取った際の記者会見で語った。

挑戦の様子を撮影し
映像を配信予定

栗城氏の登山はとりわけ過酷だ。酸素ボンベを使用せずベースキャンプから独りで登る「単独・無酸素」がスタイルで、「冒険の共有」として登頂の模様をインターネット生中継する夢を掲げている。

冒険はFacebookで生中継されており、8月22日のカトマンズ入りからアタック開始までの様子も「栗城史多 公式ブログ」で確認できる。挑戦の前に語られた栗城のコメントは以下のとおりだ。

「応援してくださっている皆さんと一緒にエベレストを登り、さらに成長して行こうと思います。 そして、必ず生きて帰ってきます」

Licensed material used with permission by 栗城史多
2015年4月に起こったネパール大震災。これにより世界最高峰エベレストでは大きな雪崩が発生。日本人男性を含む20人近くの死者を出した。そのエベレストに地震...
2015年8月23日、ネパール政府は日本人登山家「栗城史多」氏にエベレストへの登山許可証を発行した。同年4月に発生しおよそ9,000人の死者を出したネパー...
2012年秋、重度の凍傷により手の指9本を失いながら、その後も世界の山々の登頂に果敢に挑み続ける登山家・栗城史多さん。今秋、再び単独、無酸素でのエベレスト...
異なる道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合う――世界最高峰の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と独自の切り口で「脳」の新たな世界へ...
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
自分の道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合うスペシャル対談。登場するのは、世界の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と世界の最高峰に...
栗城史多氏。単独・無酸素登山というスタイルで、エベレストに4度もアタックをしている登山家。そして、テレビやYouTubeといったメディアを通して、自らのチ...
登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
冒険家でも、登山のエキスパートでもない。フツーの男のエベレスト日記動画。
「今日は○○へ行きます。旅の話をしますので、よろしければ何か食べさせてください or 一晩泊めてください」とTwitterでつぶやいては反応を待ち、声をか...
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
2010年、夏。自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた...
コリビングサービスの「ADDress」と「ANA」が連帯し、多拠点生活の推進を図る「航空券定額制サービス」の実証実験をスタート。期間は1月31日から2ヵ月間。
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
世界一高い山、エベレストで挙式をしたい──。そんな妄想を抱いた冒険好きのカップルは、星の数ほどいたかもしれない。でも、現実的に考えれば二の足を踏まざるを得...
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
Facebookが“人々が互いを気遣う気持ちを共有する手段”として「Careボタン」の導入を発表。Facebookアプリではハートをハグするような形、Me...
「株式会社ユーグラッド」運営の「Favio wedding movie」が手掛ける、“挙げる”ではなく“動画を配信する”タイプの新たな結婚式のカタチ「WE...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
山に詳しいわけではないけれど、感動した!と話題になった山岳ヒューマン・ドキュメンタリー映画『MERU/メルー』。ここ日本でも、大晦日から全国ロードショーが...
今月24日「YouTube」は全世界へ配信するすべての動画で、デフォルト設定を“標準画質”に変更することを発表。新型コロナウイルスの感染が拡大し、インター...
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...