南米最高峰の山頂で祈る聴覚障害者。その姿は大切なことに気づかせてくれた

「なぜ、山に登るのか?」という問いに対する「そこに山があるから(Because it is there. )」という回答は、決してあなたが山に精通しているわけでなくとも、一度は聞いたことがあるのではないか。

山に登るという行為の理由は、それを経験したことがない人に説明するのは難しい。ただし、どこか詩的な余韻を残したジョージ・マロリーのことばは、その奥深さを端的に表しているといえる。

要は、言葉では表現しにくいものではあるが、人間らしい営みなのだと思う。 前回の記事で、僕は「常に死が隣り合わせにあるなか、生活におけるすべてを見直す作業は、ひとつずつ人生の目盛りや単位を振り返るような石橋を叩いて渡る作業に近い」と記したが、ではそれが目的かといえば、決してそうでもない。

たとえば、聴覚障害をもつナベルの場合

僕がアンデス山脈にある南米最高峰の山・アコンカグアに登ったときのこと。登頂してから5分後にやってきたのが、ナベルという青年だった。他の登山家が次々と登頂を断念し下山する悪天候の中、ボロボロの状況で山頂まで辿り着いていた。

彼は間も無く、山頂のシンボルである十字架に向かってうずくまった。ちょうど僕は写真を撮っていたタイミングだったため彼に話しかけたが、どうも返事がない。

しばらくして、ナベルがデフ(聴覚障害)であることがわかった。彼は胸のポケットから息子の写真を取り出し、十字架の先端に貼り付けた。幼い一人息子の写真だった。

後から丁寧に身振り手振りで教えてくれたのだが、その息子は病院にいて、耳が聞こえているかどうかわからない状況らしい。ナベルは十字架に寄りかかり、息子の耳が聞こえることを泣きながら祈り続けていた。

その後、十字架を背にして、自らには聞こえていない声で話しかけている姿をスマホで撮影し続けていた。下山したら、息子に見せるのだと言う。

改めて、山登りとは。

あくまで個人的な見解であるが、 山登りという行為は山を登るその人自身の「祈りの強さ」を可視化できる行為だ。

山頂までの道のりが苦しければ苦しいほど、自らの祈りの強度を確かめられる。山頂に到達した時には、実生活では感じにくい己の「祈り」を、身体を通して体現していることへの喜びを感じることができる。いわば、自身の心技体を再認識できる気がするのだ。

世界七大陸最高峰に日本人最年少で登頂した南谷真鈴さんは、「山登りは瞑想に近いもの」と言っていたが、現代の日本社会では言語化しにくい、スピリチュアル的な要素が山登りにはあるということは否定できない。

2019年ラグビーW杯開催の成功を祈って

改めて説明することもないが、現在「ラグビー登山家」を名乗って活動している僕は、一人のラグビーファンとして、2019年に日本で開催されるW杯の成功を心の底から祈っている。おそらく、僕だけでなく過去にラグビーに携わっていた人はみな、同じ気持ちだろう。

しかし、野球やサッカーと比較すると、ルールがややわかりにくいラグビーは、なかなか拡散されにくい。個人の嗜好で情報にフィルターをかけられるこの時代に、ラグビーというコンテンツは、興味のない人へは届きにくいのだ。

だからこそ僕は、強く祈るしかない。

そして、可能であればそれを可視化し、僕ではない誰かにも共感してもらうことで多くの人を巻き込みたい。

2019年ラグビーW杯に対する僕の「祈り」そのものをプロジェクト化し、日本だけでなく、世界中のラグビーファンの祈りを集約させることが、いま僕が挑戦している冒険の目的なのだと、ナベルの背中が改めて気づかせてくれた。

関連する記事

僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
試合中に選手が倒れると、「魔法のやかん」を持った控え選手が駆けつけ、倒れた選手の顔に水をかける。すると、スッと立ち上がり、何事もなかったかのようにプレーに...
ドキドキしながら観に行ったラグビーの試合。ちゃんと楽しめるか不安だったけれど、「あれ?意外に面白いじゃん……!」
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
近畿日本鉄道は、9月22日の「東大阪市花園ラグビー場」でラグビーワールドカップ2019日本大会のイタリア対ナミビア戦が開催される当日、「近鉄ライナーズ選手...
それは、ちょうど「山の日」(2017年8月11日)の出来事だった。友人たちからの連絡が嵐のように携帯に届く。「ちゃんと生きてるか?」「どこにいるんだ?」「...
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
冒険家でも、登山のエキスパートでもない。フツーの男のエベレスト日記動画。
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
2012年秋、重度の凍傷により手の指9本を失いながら、その後も世界の山々の登頂に果敢に挑み続ける登山家・栗城史多さん。今秋、再び単独、無酸素でのエベレスト...
7月14日、「ナショナル ジオグラフィック」がInstagramのARフィルター「Spark AR」を利用した新サービスをローンチ。ユーザーは、これにより...
創業140年になる石川県金沢市のもなか種(もなか皮)専門メーカー「加賀種」では、ラグビーボール型のもなか皮を販売している。ポップコーンやポテトチップスもい...
今、Spotifyでほぼ無音のアルバムが公開されている。7曲あるとはいえ、再生して聞こえてくるのは風のような音だけだ。
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
辛いことがあると、一人で抱え込み孤独に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?でもそんな時、この手の写真をよく見てみてください。普段、私達が見過ごしてい...
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
日本から飛行機で11時間程のニュージーランド。「異次元なほど贅沢な時間がある」と、自然派作家・四角大輔さんが教えてくれたのは、「世界一美しい遊歩道」ミルフ...
2015年8月23日、ネパール政府は日本人登山家「栗城史多」氏にエベレストへの登山許可証を発行した。同年4月に発生しおよそ9,000人の死者を出したネパー...
ラグビーチームGreen Gazellesは、イギリスで初の「ヴィーガンラグビーチーム」を結成したと発表。今後、国外で行われるトーナメント戦に参加する予定...
2015年4月に起こったネパール大震災。これにより世界最高峰エベレストでは大きな雪崩が発生。日本人男性を含む20人近くの死者を出した。そのエベレストに地震...
あなたの周りに、山登りが趣味の人はいますか?ただただ頂上を目指すことを目的とする登山家に悪い人はいない、主張するのは、「Elite Daily」のVica...
2016年7月8日、男性5人が真冬のオーストラリア最高峰「コジオスコ」登頂に挑み、これに成功。大きなニュースとなりました。登頂者を何人も輩出している山で、...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
「ULTRA LUNCH合同会社」が開発したインスタントリゾット「ビバークレーション」。肉や魚はもちろん、乳製品、卵も含まないヴィーガン仕様のフリーズドラ...
たとえ根っからのラグビーファンでなくとも、「オールブラックス」と聞くだけで、どこの国の話をしているかは分かるもの。だが、もしそれが(?)だったとしたら、今...