ほぼ「無音」のアルバムがSpotifyで公開されている理由

今、Spotifyでほぼ無音のアルバムが公開されている。7曲あるとはいえ、再生して聞こえてくるのは風のような音だけだ。

そのアルバムの名前は「D.E.A.F.」。聴覚障害者をサポートするプロジェクトの一環として、フランスのNGO団体「INJS Paris」によって作られた。

彼らは振動を利用して音を届ける技術を開発しているのだが、それには莫大な費用がかかり、より多くの資金が必要になる。

そこで、ストリーミング再生による収入をそのまま研究開発に使おうというわけだ。

ユーザーはこのアルバムを再生するだけで、聴覚障害者をサポートできる。

Top image: © iStock.com/Jobalou
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのミニマルファンクバンド「Vulfpeck」。彼らがファンから絶大な信頼を得ているのは、話題性だけでなく確かな実力...
シリア・スーダン・ソマリア・リビア・イエメン・イラン出身の6人のミュージシャンたちによる楽曲が、7月6日にSpotifyにて配信。彼らが歌ったのは、曲を作...
「Your Time Capsule」という”あなただけの懐メロ”を集めてくれる新サービスがSpotifyで開始。10代のころに聴いていただろうという曲を...
去る7月13日の「International Day of Rock'n'roll」にちなんで、音楽ストリーミングサービス・Spotify(スポティファイ...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
Spotifyのプレイリストをシェアできるプラットフォーム「DIGLE」のオウンドメディア「DIGLE MAGAZINE」。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
Micによれば、ケンブリッジ大学で音楽心理学に携わっているデイビッド・グリーンバーグ教授がニューヨーク市立大学と音楽ストリーミングサイト「Spotify」...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
視覚障害を抱えるスケーターJustin Bishopさんがトリックを決められるように、イノベーションラボ「Not Impossible Labs」とオンラ...
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
Spotifyで公開された一曲が話題に。そのアーティスト名には意味不明の文字が並び、曲名も「҉.·.·* ́ ̈.·*:・✧๑ඕั ҉」」と言語化すら不可...
山に登るという行為の理由は、それを経験したことがない人に説明するのは難しい。ただし、どこか詩的な余韻を残したジョージ・マロリーのことば「そこに山があるから...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...