栃木・小山で和服デートがしたいから。若手紬織士さんに本場結城紬の基本を聞く

栃木県小山市には、ユネスコ無形文化遺産に登録されている”結城紬(ゆうきつむぎ)”という伝統工芸があるらしい。JR小山駅前には、”おやま本場結城紬クラフト館”という着心地を体験できる施設もあって、着物のまま散策もできるとか。

ここまで聞いて、思ったわけですよ。「ここここれは、デートプランに使える……」って。気になるあの子と、結城紬を着てデート。いつもとは違った、意外な一面やギャップをあの子に見せつけちゃう。

そこで、着こなし方や選び方などのアドバイスを、小山で”紬織士”として本場結城紬の技術を学んでいる、今泉さんと澤田さんに尋ねてみました。

本場結城紬って?

©2018 小山市

——どんなときに着用するんですか?

今泉「食事やお買い物など、普段着としてご着用いただけます」

着物全般の格の中で、普段着に位置付けられている本場結城紬。でも、その気軽さが良いからといって、「今度、遊びに行こう。本場結城紬で!」なんていきなりデートに誘うのはちょっと唐突。そんな時は、イベントを活用しちゃいましょう。小山では、毎年11月中旬頃の”小山きものの日”に和装着用を推進するイベントがあって、着付け体験や産地職人による実演、抽選会なんかもあるんですって。この日を活かして、あの子に言っちゃいます。心を込めて、言っちゃうんだからねっ!

「一緒に結城紬、着よっ?」



——主にどの年代に利用されていますか?

今泉「利用が多いのは、50〜70代の年代です」

おぉ……。思ったよりも、上の世代の利用が多いみたいですね。今泉さん曰く、最近は若者向けの色やデザインのものも作られているとか。

それも見てみたいけど、従来の上品で大人な本場結城紬を身にまとったあの子も、見てみたいかな。「に、似合うかな?」って聞いてくるあの子をね。顔を赤らめながら、上目遣いで聞いてくるんでしょうね。それくらい、知ってるよ〜。



——着物に慣れていなくても、簡単に着ることはできますか?

今泉「本場結城紬は、職人がつむいだ”手つむぎ糸”を使っています。そのため着崩れしにくいので、着付け初心者の方にもおすすめです」

着物初心者にとって心配事のひとつは、”もし街歩き中に着崩れしたらどうしよう”。でも、着崩れしにくいのなら安心ですね。それに、”手つむぎ糸”で仕上がった本場結城紬は軽やかで着心地が良いので体へのおも〜い負担は少なそうです。

ところで、紬織士って?

本場結城紬の技を、若い世代に継承したい小山市。地元の職人さんたちの協力のもと、2014年度から、その技術を継承する新たな職種”紬織士(つむぎおりし)”の採用をしています。紬織士として研修中のお二人は、どんなことをしているのでしょうか。



——どんな研修をされているんですか?

澤田「20以上ある作業工程を覚えるための研修を、職人さんのもとで行ないます。今は、地機織り(じばたおり)を中心に学んでいます」

反物を織るだけでなく、重曹を入れたお湯で繭(まゆ)を煮て、重ね広げる”真綿かけ”から地機織りまでの全行程を覚えていくそうです。



——紬織士を志望した理由を教えてください。

今泉「大学時代に専攻していた、”染色”を活かしたいと思って志望しました」

澤田「学生時代は、”被服”について幅広く学んでいました。特に着物分野を専門的に学んだので、それを活かせることをしたいと思ったことがきっかけです」

もともと、服飾に関することを専門にされていたんですね。



——小山の伝統ある織元での研修を通して、印象に残っていることはありますか?

今泉「”自分は一人前と思ったらそこで終わりだよ”という、職人さんの言葉が印象に残っています。職人の方たちの、ものづくりに対する向上心や真摯な気持ちがあるからこそ、高度な技術が継承されているのだと感じています」

技術だけでなく、職人さんの気持ちや姿勢を見ることができるのは貴重ですね。



——本場結城紬の好きなところを教えてください。

澤田「手作業で作られているので、ふんわりしていて温かみのあるところが好きです」

本場結城紬は、全作業を職人さんの手作業で行われているところが魅力なのだそうです。



——今後の抱負を教えてください!

今泉「技術を学んで、いずれは指導者として本場結城紬の伝統技法を次の世代に伝えていきたいです」

澤田「製作工程を、正確に覚えることが目標です。そして、技術を習得して本場結城紬の良さを若い世代に伝えていきたいです」

紬織士の技術習得研修は、今泉さんが5年目、澤田さんが1年目。お二人とも、日々技術の習得に打ち込んでいるそうです。

結城紬よ、僕に力をくれ

——本場結城紬を着て巡る、インスタ映えスポットを教えてください。

今泉「春になると、ソメイヨシノや思川桜が満開になります。桜のシーズンに、本場結城紬を着て市内を散策して欲しいですね」

せっかく本場結城紬を着てデートするんだから、一番映える場所で写真撮影をしたいですよね。JR小山駅から徒歩10分の”城山公園”は、桜の名所として人気みたいですよ。また”須賀神社”も、本場結城紬と雰囲気がマッチしているから街歩きスポットとしておすすめらしいですよ。

カメラを片手に、あの子のベストショットをパシャり。こんな街歩き体験は、お互いにきっと初めて。ほどよい緊張感を共有しながら、距離をぎゅっぎゅっぎゅっと縮められるはず。

今泉「ちなみに、クラフト館のあるロブレビルには、映画館やパンケーキ屋さんもあるので、デートスポットとしてはこちらもおすすめです」

そ、それは知りませんでした。あの子に思いを伝えるなら、どこが良いんだろう。もっと小山について調べないと、告白ベストスポットはみつけられそうにありませんね。

「僕らの未来を一緒につむいでいこうゼ」

 

セリフの準備は、もうできてるんですけどね。

おやま本場結城紬クラフト館

住所:栃木県小山市中央町3-7-1 ロブレビル1F
TEL:0285-32-6477
営業時間:9:00〜18:00
定休日:12/30~1/1休館、月曜日は館内見学・販売のみ

(※着心地体験は、一週間前までにお電話にてご予約ください)

Top image: © 2018 小山市
取材協力:小山市
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
アメリカの複合施設『Mountain Horse Farm』では、ストレス解消を目的とした新たなアクティビティを提供しています。
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
レーズンバターサンド“ラ”。素敵でしょ、このギリギリな感じ。北海道じゃなくて、栃木県小山市にある「ドラヤキワダヤ」さんというお店で見つけました。まるであの...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
AI搭載アイマスク『Luuna』が、あなたが抱えている睡眠に関する悩みを解消してくれるかもしれません。
まるでサバンナのような場所が、炎でどんどん焼かれていくのを見ました。火事の話じゃないですよ。栃木県小山市にある「渡良瀬遊水地」での、ヨシ焼きの時のお話です...
栃木・小山市「小山駅」西口の大通りから一本脇。焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど「いつもの処」は鳥料理がメインの居酒屋さん。「なんで栄えてるのかってのは、行け...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
東京・品川の武蔵小山でジャマイカのソウルフード「ジャークチキン」を食べてきました。東急目黒線、武蔵小山駅の東口にあるパルム商店街の路地裏に佇んでいるのが、...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
秋葉原からつくばエクスプレス約45分の茨城県つくば市。ロープウェイやケーブルカーのある筑波山のアクティビティや公道を走るセグウェイ体験、おしゃれなカフェな...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...