伝統工芸

富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
11月25日(土)・26日(日)に金沢で行われる『KOGEI Art Fair Kanazawa 2017』。これはよくある「工芸展」ではなく、「工芸アー...
すべてのものは進化するとはいうけれど、和紙もここまできているとは全く知らなかったんです、私。オンラインストア「うるわし」を知ったのは、某SNSでだったんだ...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する技術です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
光があたって透き通る、不思議な色模様入りの茶碗。なんでも、とてつもなく歴史のあるガラス技術が使われていて、耐熱素材を使っていないのに熱湯を注いでも大丈夫な...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
年輪のように深く刻まれたシワ、おでこから頬にかけ転写されたシミ。エーゲ海に浮かぶギリシャの小島パロス島で、漁師として働く男たちがいる。いや、正確に言えば「...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
2児の父であり、日本人であること以外に正体を明らかにしていないRIUと名乗る切り絵師。作品はとにかくバリエーションが多く、型にハマらない柔軟性とチャレンジ...
誰にも見られたくない大事なものは、どこにしまっておくか迷うところ。仮に鍵をかけたところで、鍵そのものが見つかってしまえばおしまいです。そんなときに使いたい...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...