この工芸、「すばらしい」と思うかどうかは、あなた次第。

まずは自由に観てみてほしい。

Cd6567f9bad910606c6674bf4bda27be49691c57
上出 惠悟《甘蕉 房 色絵蜃気楼文》
194×100×113 mm / 磁器 / 2017
撮影:山口 賢一

1c68fb5b83397f19ff9f7709d286d8a8cedbf79f
中島 晴美《開示する形態 -1605》
67×39×39mm / 磁器 / 手練り / 2016

D45b4eb67fbe9aa543afe7333b9890a6df5916d4

大久保 陽平《SUPONJI》
29×57×95 mm / 陶磁器土 / 泥漿成形 / 2017

D610efadb4411240f02e88cee3979f74f96cb0e5

荒谷 翔《水月花》
直径520 × 高さ220 mm / 磁器 / ろくろ / 2013年

7bfe3d2a319f85fc7273a896d59dd872e736e7db

高橋 良《HALO》
2016 / 絹本墨彩 軸装 / 井上雅博(表具師)

くだらないけど気になるもの。
さっぱりわからないままのもの。
かわいい、きれい、と思うもの。
もしかすると、ほしいと思うもの。

言語化できなくてもいい。理解できなくたって大丈夫。すべては自分の主観だから。それがアートを、何よりも楽しくするから。

注:「工芸展」ではありません

冒頭で紹介したアート作品は、11月25日(土)・26日(日)に金沢で行われる『KOGEI Art Fair Kanazawa 2017』で観ることができるものだ。

『KOGEI Art Fair Kanazawa 2017』は、工芸に特化した「アートフェア」だ。ホームページにはその趣旨がきれいにまとめられている。記事を書くにあたって、私も金沢の伝統工芸について少しばかりは勉強して、「ああ、すごいなあ」と思ったのも事実だ。でもそれをここで紹介するのはなんか違う、と思った。

なぜなら、これは「工芸展」ではなく「アートフェア」で、ここで観ることができるのは「ファインアート」だからだ。

アートを
良し悪しで判断するな

私のアートに対する価値観が変わったのは、昔、TOKYO CULTUART by BEAMSに行ったのがきっかけだった。

CULTUARTは、アパレルブランド『BEAMS』のアートショップだ。「東京」から生み出されるアート、デザイン、カルチャーなどを総合し、現代の日本文化を世界に発信するために作られた。今は、原宿と新宿BEAMS JAPANの2店舗があり、クラフトからZINEまで幅広い作品を取り扱っている。

そこでスタッフの方から聞いたのは、こんな言葉だった。

「アートは、追求しすぎると良い悪いの線引きをしてしまうけれど、そうじゃないんじゃないの?と思う」

言葉にすると簡単なことだけど、この線引きは、私たちが陥りやすい幻想だ。特にアートという分野において。

それ以降、この言葉は私のファインアートへの意識に大きく影響を及ぼした。実際、私は今自室に写真を飾っている。正解を追求するのをやめて、「自分がいいものはいい」と思うようになったとたん、アートは楽しくなった。アートを所有するという喜びも知った。

では、話を戻してみよう。

冒頭のアートを観て、もしあなたがおもしろいと思ったとする。それは、金沢が、ユネスコ創造都市ネットワーク・クラフト分野に認定された都市だから? 藩政期から400年以上にわたって伝統が息づいている町だから? 違うと思う。少なくとも私は。

その作品自体が、ただただあなたの主観で、おもしろいと思ったからではないだろうか。

普遍的な良し悪しとは別の、絶対的なあなたのものさし。それこそがアートを楽しくすると、私は信じている。

だからこそ
「おもしろい」と思ったら...

やっぱり、実際に観にいくべき。
私はそう思う。

2015年3月に、Amazon.co.jpでアートが購入できる『Amazon Fine Art』がオープンしたときは、「ついに日本も!」と思ったし、うれしかった。価格帯でいうと数千円のものもあって、別に手の届かないものじゃないし、今でもたまにのぞいては「今日は写真!」と決めて、いろいろ観ている。

でもやっぱり、CULTUARTに行ったり、ギャラリーに行ったり、新宿のNEWoManのアートウォールを通りかかったりしたときのような興奮は、そこにはない。実際に目にした時の衝撃とか、事件感とか、異様な感じとか、作品の引力とか、あとは「思ったより大したことなかった(笑)」みたいな感想すらも、やっぱり行かなきゃ、観なきゃわからない。

だからこそ、もし「おもしろいかも?」と思ったら、冒頭の画像を観て何か引っかかるものがあったなら、「私、工芸のこと何も知らないし……」なんて思わず、観に行ってみてほしい。

なぜならこれは、「アートフェア」だから。
そのものさしは、あなたしか持っていないのだ。

Ea6b956f15682a782ddc93bdf1f3a3c6f031893f

中村 卓夫《器になるコトをやめたうつわ》
258 x 465 x 215 mm / 陶 / たたら作りの象嵌色絵 / 2015

展覧会名
KOGEI Art Fair Kanazawa 2017

会期・入場時間 
11月25日(土)11:00~19:00
11月26日(日)11:00~18:00

会場
KUMU 金沢 -THE SHARE HOTELS-

入場
1,000円

Top Photo by 山村 慎哉《金蒔絵星之実玉虫貝香合》70 x 83 x 55 mm / 漆 / 2017
Licensed material used with permission by KOGEI Art Fair Kanazawa 実行委員会
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
独断と偏見でピックアップしました。
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
前回の記事、わーっ!と書き上げてすごい達成感に包まれたんですが、まだ「体験のリセット」段階までしか終わってなくて愕然としました……。
「iPhone 7」の登場により、世の中の決済機能は劇的に集約されました。Suicaもクレジットカードも移行が可能。コンビニや自動販売機などのあらゆる支払...
静岡おでん、名古屋みそおでんなどがあるが、日本で一番贅沢でおいしいおでんは「金沢おでん」かも。漁解禁で今しか食べられないおでんダネ「カニ面」は、贅沢の極み...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
鹿の解体に漁のしかけと、怒涛の1日目が終了し、翌日。2日目、最初のプログラムは、朝4時起きで漁に出るところからスタート(寝坊しなくてよかった……!)。
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
「国宝」——なんて潔い名前なんだ!もう相当話題なので知っている方も多いと思うのだが、京都国立博物館で開催されている、京都国立博物館開館120周年記念 特別...