ジッちゃん。孫の作るどら焼きは、小山で一番攻めてっぞ

たぶん72パーセントくらいの確率で、女子のバッグには「おやつ」が入っています。ちなみに先日私がバッグに忍ばせていたおやつは、コチラ。

全然意識してませんから。
レーズンバターサンド“ラ”

4741844449624064
©2018 Etsu Moriyama

素敵でしょ、このギリギリな感じ。

北海道じゃなくて、栃木県小山市にある「ドラヤキワダヤ」さんというお店で見つけました。まるであの銘菓! な、どら焼きです。

北海道土産の定番は、レーズンバターサンド。

ドラヤキワダヤさんにあるのは、レーズンバターサンドラ。

この独特かつナイスセンスな商品を手がける四代目店長・染谷 典(ツカサ)さんに、いろいろと切り込んでいきたいと思います。まずはこちらをご覧ください。

5894214776782848
©2018 Etsu Moriyama

「耳元で囁かれたい言葉NO.1  おさつまバター」

 

どゆこと?

4728313692028928
©2018 Etsu Moriyama

「そんなお前の為に、三日三晩こすことしか考えてないんだぜ。 こし餡どら焼き」

 

それはやばい。

4661799680999424
©2018 Etsu Moriyama

「立てるのは茶だけにしな。 オトナの抹茶どら」

 

こら。

5331264823361536
©2018 Etsu Moriyama

「味わうんじゃない、感じるんだ。 VRいちご大福」

 

だからどゆこと!?

メニューの参考にしているのは
ずばり、「コンビニ」です

4797380926898176
©2018 Etsu Moriyama

 

どら焼きの可能性を、かつてこんなにも強く感じたことがあったでしょうか。いやなかったよね。うん。

 

「商品開発のヒントは、ちょっと怒られちゃうかもしれないかもしれないけど……基本、コンビニです」

 

こ、コンビニ???

 

「はい。コンビニが、僕は発想の集大成なんじゃないかって思ってます。コンビニで扱っているお菓子って、叡智の結晶かなって。おさつまバターも、VRいちご大福ってのも、ヒントになる商品があったんでそういうのを参考にしつつ、うちの従業員さんにも相談して、女子の意見も取り入れながら作りました」

 

いろんなところで材料を見つけてきて、それをどう“どら焼き”で表現するかを考えるのが、染谷さんのお仕事。

 

「ちょっと前は“キットカッドラ”ってのも出してて、あれは怒られ待ちなんすけど、怒られないんですよね」

 

Have a break, Have a KitKaddora.

 

「“ままどおら”って商品も毎年母の日に出してるんですけど、全然怒られないんです」

 

福島県郡山市が誇るアノ銘菓、風! 味は、本家のものが忠実に再現された、福島愛、郡山愛、ままどおる愛溢れる商品だとのことで、毎年母の日の近辺に限定で販売されます。皆さま、来年を楽しみに待っていてくださいね。

ちなみに、商品ポップはドラヤキワダヤのスタッフさん作。味わい深いイラスト部分は、染谷さんの知人のイラストレーター・宇都木チエミさんに書いてもらっているそうな。

これは専用ケースです
(どら焼きの)

4699815376060416
©2018 Etsu Moriyama
バケッタレザー どら焼きケース(8000円+税/アトリエ正樹)

そして、あまりにもトキメいてしまったこちらもご覧ください。

 

「これ、どら焼きケースなんですけど、レザー職人の友達が作ったんです。彼はもともと自衛隊なんで、ふところに入れとけば防弾にもなる、なんつってね。でも良質なレザー使いすぎて、値段が張っちゃって……」

 

全然売れないんだそうです。

 

「まあでも、作った本人がそれでもいいって言ってるんで」

 

もちろん他のものを入れてもOKなんですが、チャック開けて内側見ると“DORAYAKI”って焼印が入ってたりして、かなりどら焼き向けな気もします。

 

「あ、でも中に入れるのはあんまり分厚くないどら焼きの方がいいですよ」

 

そして基本一個です。

なんでだろう。バナナケースを思い出しました。

5800097010941952
©2018 Etsu Moriyama
オリジナルバッグ(税込 1200円/岩田屋)

ちなみにお店の中は、他にも和菓子屋さんとは思えないものがいっぱい。いきなり壁に鹿の頭のオブジェが飾られていたり、オリジナルのイラストが入ったバッグが売られていたり。USEDのレコードをリメイクして切り絵のようにするアーティストさんの作品まで飾ってあったりして、ふと「アレ、ここ何屋さんだっけ?」なんて感覚になるかもしれません。

5258305677033472
©2018 Etsu Moriyama

「楽しんでやってるのが
いいかなと思って。by 母」

5392899751542784
©2018 Etsu Moriyama

実は老舗和菓子屋さんの四代目でありながら、染谷さんの前職は東京のアパレル企業。

 

「四代目と言っても僕はインチキなんです。かーちゃんの実家が老舗の和菓子屋で、後継さんが亡くなって辞めちゃうっていうんで、どうせ潰れるなら僕も独立して商売やりたいと思ってたし、ラッキーパンチ的にやろうかなと思って

 

そしてもっと和菓子を気軽に食べて欲しくて、食べやすいどら焼きならばどうかと、染谷さんの代からどら焼き専門店にしたんだそうです。

 

「どら焼きだけにする前からバタどらは名物だったんですよ。新しいメニューは、息子が考えていて、私たちも味見はしています」

 

と教えてくれたのは、母・聿(いつ)さん。聞けば、お母さんも昔東京で服飾デザイナーをしていたとかで。初めてお店に来た時から、商品自体の発想はもちろんですが、店内で流れる音楽も、インテリアも、いわゆる和菓子屋さんっぽくないな〜と思っていたけれど、染谷さんのそのセンスの良さは、「かーちゃん」譲りなのかも。

 

「今は息子たちが中心にやってますけど、とにかく楽しんでやってるのがいいかなと思ってね」

4780489223176192
©2018 Etsu Moriyama
名物バタどら(180円+税)

でも、こだわるところはこだわりますよ。

製菓用の小麦粉ではなくて、もっちり感、歯ごたえを出したいからあえてのうどん粉、それも、イワイノダイチという栃木県産のものを100パーセント使用したり、卵は佐野の美栄卵という県内産の卵を100パーセント、はちみつも県内産だったり。

 

「一応栃木県産を使いたいなって思ってるんです。あとは、“銅板一文字”っていって、平板の銅板で、全部手焼きで焼いています」

 

上と下から熱を当てて焼くとケーキみたいにフワフワの生地になるけれど、一面からしか熱を与えないで焼くので膨らみも少なく、そのぶん歯ごたえがある昔ながらの感じになるんですって。新しいように見えて、芯の部分は昔堅気。

 

そういえば、いろいろ話を聞きながら店内を見回している時、額に飾られた古い肖像写真を見つけたんですよね。この方、染谷さんのおじいちゃんだそうです。なんとなくだけど、おじいちゃんもすんごいどら焼き焼いてくれそうな面持ち。

あ、せっかくだからワダヤのご先祖様、私からここにご報告申し上げようと思います。孫の作るどら焼きは、確かな味と技法を受け継ぎつつ、今、小山一、いやもしかしたら日本一、攻めていますよ。

ジッちゃんの名にかけて!?

4759476095680512
©2018 Etsu Moriyama
6518799658385408
©2018 Etsu Moriyama

「ドラヤキワダヤ(間々田店)※今回取材店」

 住所:栃木県小山市乙女3-30-27
営業時間:9:00〜19:00
定休日:水曜日

 

「ドラヤキワダヤ(東城南店)」

栃木県小山市東城南2-36-15
営業時間:10:30〜19:00
定休日:水曜日 

 

TEL:0285-45-6780(*本店直通)
公式HP:http://dorawada.com/
公式SNS:FacebookInstagram

Top image: © 2018 Etsu Moriyama
取材協力:小山市
今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
まるでサバンナのような場所が、炎でどんどん焼かれていくのを見ました。火事の話じゃないですよ。栃木県小山市にある「渡良瀬遊水地」での、ヨシ焼きの時のお話です...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
栃木・小山市「小山駅」西口の大通りから一本脇。焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど「いつもの処」は鳥料理がメインの居酒屋さん。「なんで栄えてるのかってのは、行け...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
東京・品川の武蔵小山でジャマイカのソウルフード「ジャークチキン」を食べてきました。東急目黒線、武蔵小山駅の東口にあるパルム商店街の路地裏に佇んでいるのが、...
最近少しずつテレビに出始めている群馬のはっちゃんこと、田村はつゑさん(83)。桐生市にある彼女が営むバイキング屋さん「はっちゃんショップ」には取材で2度行...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...