その考え、間違ってるかも?ミレニアル世代への5つの偏見

あなたの周りでも、若いミレニアル世代に対する変な偏見はありませんか?4年後の2020年には、職場の50%をミレニアル世代が占めるとも言われています。IBMを例に挙げると「間違った見方をするのは良くない」とし、偏見をなくそうと研究も行なっているそうです。

そんな「ミレニアル世代」に対する、間違った偏見をトラビス・ブラッドベリーさんが5つにまとめているので紹介しましょう。

偏見 その01.
彼らはすぐに休みたがるし
ラクな仕事ばかり選ぶ

休日を待ちわびているのは、みんな同じです。それに、わざわざつらい仕事をしたいと思う人なんていないでしょう?

休みがどれだけ取れるか、仕事量がどれだけか、を就職時において重要視している人もたくさんいます。これは「若いからどうこう」という話ではないはずなのです。

偏見 その02.
すぐに褒めてもらいたがる

褒められたいのは、ミレニアル世代に限ったことではありません。たとえ50歳になっても、褒められたら嬉しいのは、みんな同じです。

偏見 その03.
遠慮もしないで
職場にプライベートを持ち込む

これは偏見というよりは、勘違いだと言ってもいいでしょう。むしろミレニアル世代は、プライベートと仕事をはっきり分けたいと考えています。たとえば「SNSは職場の人たちに見られたくない」と思っている人も多いのです。

偏見 その04.
自分の意見がない

「ミレニアル世代は、ほとんど自分の意見を言わないだろう?」と考える人もたくさんいますが、それはまったくの誤解です。

彼らは自分の意見を述べることに抵抗があるわけではありません。会社の決定を信頼した上で、その意見に同意しているだけ。

偏見 その05.
やりたくない仕事をさせると
すぐに辞めたがる

ミレニアル世代が会社を辞める大半の理由は「他の会社のほうが給料がいいから」ということ。やりがいのある仕事がしたい!というその情熱が打ち砕かれることよりも、給料が安いことのほうがよっぽど転職の動機としてあり得る話なのです。

いかがでしたか?

とくに、若い世代の人たちを雇う機会が多い会社は、最初から変な色メガネで見るのではなく、まずはミレニアル世代と偏見抜きで話をしてみることが大切なのかもしれません。

ABOUT THE AUTHOR:

Travis Bradberry, Ph.D.

Dr. Travis Bradberry is the award-winning coauthor of Emotional Intelligence 2.0 and the cofounder of TalentSmart—the world’s leading provider of emotional intelligence tests and training serving more than 75% of Fortune 500 companies. His bestselling books have been translated into 25 languages and are available in more than 150 countries.

Dr. Bradberry has written for, or been covered by, Newsweek, BusinessWeek, Fortune, Fast Company, USA Today, The Wall Street Journal, The Washington Post, and The Harvard Business Review. He is a LinkedIn Influencer and a regular contributor to Forbes, Inc., Entrepreneur, The World Economic Forum, and The Huffington Post.

Licensed material used with permission by talent smart
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...
『ミレニアル世代』と実際に向き合ってみると、様々な想いや言葉を持っていたんです。それがとっても印象的なものが多い。彼らを理解できたら、もっと楽しくなるんじ...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
「Every Vowel」の主人公に共感してしまうのは、1980年代から2000年代初頭に生まれた“ミレニアル世代”の人たち。アーティストJon Yous...
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
ミレニアル世代の特徴は「自分らしさ」を持つこと。そう考えると、結婚って縛りが多くなりそうなイメージだし、昔とは違ってマストではなくなっている。これは決して...
アメリカの総人口(約3億)の1/4近い数字を占めるミレニアル世代。アプリを使いこなしてランチをデリバリーし、ファストカジュアルでごはんを済ませる(もちろん...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
世界各国の引っ越し先を検索できるという、海外生活の手助けをしてくれる家探しサイト「Nestpick」から、ミレニアル世代が住みやすい都市ランキングが発表さ...
SNSで情報の入れ替わりがより早くなった今、ファッション業界にも大きな影響が出てきているようです。20代のHARAの創設者に同年代にとってのファッションの...
上海、シンガポール、マカオ…。今日もアジアのどこかでシャッターを切っているのは、フォトグラファーのHarimo Lee。独自のアングルで切りとられた写真は...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
茨城県・つくば市の筑波山にある「ガマランド」は、ただのB級スポットじゃありませんでした。廃墟と化した遊園地ゾーンの下にひっそりとある「ガマ洞窟」。その暗闇...
学校に週休二日制が取り入れるなど、いわゆるゆとり教育を受けた、ゆとり世代。他の世代からは、理解しにくい部分もあると言われるゆとり世代との付き合い方が、ここ...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...