このスニーカーは、海とどう向き合うかを教えてくれる

軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに発売される。海のゴミから生まれたスニーカー「UltraBOOST Uncaged Parley」。

海をただよう
ゴミから生まれたスニーカー

 環境に配慮した衣料品にリサイクル素材を使用するアパレルブランドは増えている。だが、それをスニーカーで実現したのは、同ブランドが初めて。

海洋環境保全に取り組む「Parley for the Oceans」とのパートナーシップをきっかけに、海洋プラスチックごみ問題を自社の製品へと転換させるチャレンジを続けてきた。 

それがいわゆる環境問題に訴えかけ、コンセプト商品の発表で終わってしまうケースは多い。でも、アディダスのビジョンはもっと先にあったんじゃないだろうか。プロダクトとしても、企業のメッセージとしても、きちんとエンドユーザーに届ける、といったような。 

 アッパー部分に使用されている繊維のうち、5%はリサイクルされたポリエステル製、残りの95%に使われているのが、モルディブ海域をただよう海洋プラスチックごみ。

その大半はペットボトルだ。海から回収した11本分がこの一足に取って代わる。さらにはソールを含むほとんどのマテリアルにもリサイクル素材を用いている。

2017年末までに
100万足を生産予定

 リリースによると、まずは今月中旬から米国の店舗とオンラインストアにて7,000足が先行販売されるという。さらに、2017年末までに100万足の製造を予定している。100万足ができあがったとき、海からおよそ1,100万本のペットボトルが姿を消す計算だ。

日本での販売がないということだけが残念でならないが、参考価格として、日本円にして一足2万3,000円ほど(詳細は公式サイトへ)。

それでも、ゴミは増え続ける

世界経済フォーラムは、全世界で毎年800万トン近いプラスチックゴミが海に流出していると推定している。このままいくと2050年には、魚の数よりもただようゴミの量のほうが多くなるという試算も。

「ひとりの人間の力では、この海の問題を解決なんてできない。一人ひとりの役割がちゃんとあるんだ」。

Parley for the Oceans創立者Cyrill Gutschの言葉に、デザインや機能性だけでない、第3の選択肢として、このシューズを手にしたくなった。

Licensed material used with permission by adidas Corporate Comunications
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
さまざまなアーティストがカスタムしたスニーカーを購入できるプラットフォーム「The Custom Movement」。希少性の高いNIKEやVANSが勢揃い!
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
国際輸送物流会社「DHL」のロゴがあしらわれたスニーカーが登場。同社の創立50周年を記念し、ラグジュアリーリテーラー「Budapester」とのコラボレー...
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
上海開催時、全チケットが36秒で完売したという世界最大のスニーカーイベント「スニーカー・コン」が11月23・24日に「インテックス大阪 2号館」で開催。レ...
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
4月7日(日)はスマホを持って、渋谷・原宿エリアに集合です!ポートランド観光協会が「スニーカーの聖地」での贅沢体験をプレゼントしてくれるイベントを開催します。
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
ベースモデルは、ド定番の「ROYAL AMERICA」ですが、いろいろと仕様が異なっています。しかも、それが全部カッコイイ方向に転んでます。
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。