このスニーカーは、海とどう向き合うかを教えてくれる

軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに発売される。海のゴミから生まれたスニーカー「UltraBOOST Uncaged Parley」。

海をただよう
ゴミから生まれたスニーカー

 環境に配慮した衣料品にリサイクル素材を使用するアパレルブランドは増えている。だが、それをスニーカーで実現したのは、同ブランドが初めて。

海洋環境保全に取り組む「Parley for the Oceans」とのパートナーシップをきっかけに、海洋プラスチックごみ問題を自社の製品へと転換させるチャレンジを続けてきた。 

それがいわゆる環境問題に訴えかけ、コンセプト商品の発表で終わってしまうケースは多い。でも、アディダスのビジョンはもっと先にあったんじゃないだろうか。プロダクトとしても、企業のメッセージとしても、きちんとエンドユーザーに届ける、といったような。 

 アッパー部分に使用されている繊維のうち、5%はリサイクルされたポリエステル製、残りの95%に使われているのが、モルディブ海域をただよう海洋プラスチックごみ。

その大半はペットボトルだ。海から回収した11本分がこの一足に取って代わる。さらにはソールを含むほとんどのマテリアルにもリサイクル素材を用いている。

2017年末までに
100万足を生産予定

 リリースによると、まずは今月中旬から米国の店舗とオンラインストアにて7,000足が先行販売されるという。さらに、2017年末までに100万足の製造を予定している。100万足ができあがったとき、海からおよそ1,100万本のペットボトルが姿を消す計算だ。

日本での販売がないということだけが残念でならないが、参考価格として、日本円にして一足2万3,000円ほど(詳細は公式サイトへ)。

それでも、ゴミは増え続ける

世界経済フォーラムは、全世界で毎年800万トン近いプラスチックゴミが海に流出していると推定している。このままいくと2050年には、魚の数よりもただようゴミの量のほうが多くなるという試算も。

「ひとりの人間の力では、この海の問題を解決なんてできない。一人ひとりの役割がちゃんとあるんだ」。

Parley for the Oceans創立者Cyrill Gutschの言葉に、デザインや機能性だけでない、第3の選択肢として、このシューズを手にしたくなった。

Licensed material used with permission by adidas Corporate Comunications
他の記事を見る
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
フランスで200年間愛され続ける代官山にあるパリ生まれの総合美容ブティックOfficine Universelle Buly〒150-0021 東京都渋谷...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
ベースモデルは、ド定番の「ROYAL AMERICA」ですが、いろいろと仕様が異なっています。しかも、それが全部カッコイイ方向に転んでます。
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
「SPALWART」「NOVESTA」「ZDA」あまり馴染みのない固有名詞かもしれませんが、これらはすべてスニーカーブランド。加えて、ある共通項が。いずれ...
装飾的な文字がプリントされたモノって、インダストリアルな雰囲気やミリタリーの気分がプラスされるので大好物です。このスニーカーもそう。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
Reebokの新イノベーションシューズ「NPC UK Cotton + Corn」。オーガニックコットンや工業用トウモロコシが使われていて自然に優しいので...
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...