このスニーカーは、海とどう向き合うかを教えてくれる

軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに発売される。海のゴミから生まれたスニーカー「UltraBOOST Uncaged Parley」。

海をただよう
ゴミから生まれたスニーカー

A934b3abfcf5397b90e8f92c414337c4e27c5668

 環境に配慮した衣料品にリサイクル素材を使用するアパレルブランドは増えている。だが、それをスニーカーで実現したのは、同ブランドが初めて。

海洋環境保全に取り組む「Parley for the Oceans」とのパートナーシップをきっかけに、海洋プラスチックごみ問題を自社の製品へと転換させるチャレンジを続けてきた。 

それがいわゆる環境問題に訴えかけ、コンセプト商品の発表で終わってしまうケースは多い。でも、アディダスのビジョンはもっと先にあったんじゃないだろうか。プロダクトとしても、企業のメッセージとしても、きちんとエンドユーザーに届ける、といったような。 

D71745275ab255fb047920ca8492a7e5a1c730f4B11b53b93436ded0471a8af8d63a043434b8614e

 アッパー部分に使用されている繊維のうち、5%はリサイクルされたポリエステル製、残りの95%に使われているのが、モルディブ海域をただよう海洋プラスチックごみ。

その大半はペットボトルだ。海から回収した11本分がこの一足に取って代わる。さらにはソールを含むほとんどのマテリアルにもリサイクル素材を用いている。

2017年末までに
100万足を生産予定

 リリースによると、まずは今月中旬から米国の店舗とオンラインストアにて7,000足が先行販売されるという。さらに、2017年末までに100万足の製造を予定している。100万足ができあがったとき、海からおよそ1,100万本のペットボトルが姿を消す計算だ。

日本での販売がないということだけが残念でならないが、参考価格として、日本円にして一足2万3,000円ほど(詳細は公式サイトへ)。

それでも、ゴミは増え続ける

A08ca8ebef56628c937e467f04ce052ff86113f5

世界経済フォーラムは、全世界で毎年800万トン近いプラスチックゴミが海に流出していると推定している。このままいくと2050年には、魚の数よりもただようゴミの量のほうが多くなるという試算も。

「ひとりの人間の力では、この海の問題を解決なんてできない。一人ひとりの役割がちゃんとあるんだ」。

Parley for the Oceans創立者Cyrill Gutschの言葉に、デザインや機能性だけでない、第3の選択肢として、このシューズを手にしたくなった。

Licensed material used with permission by adidas Corporate Comunications
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
「UNEEK」の秋冬モデル「UNEEK HT」。見た目としては、“UNEEKがちょっとだけスニーカーよりになった”といったところ。ちゃんとインナーが付いて...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...