「努力しすぎんほうがええんよ」。徳島のお父さんが教えてくれたこと

はじめまして!クラウドファンディングプラットフォーム CAMPFIREでローカル担当をしている菅本香菜です。

全国各地の方々の挑戦をサポートしたり、クラウドファンディングを通して地域を盛り上げる方法を地元の方と共に考えたりしている毎日です。

副業では「旅するおむすび屋さん」をしています。店舗は持たずに、全国各地でおむすび会を開催する“人と地域をむすぶ”おむすび屋さんです。

本業でも副業でも、地域を飛び回っている私。東京が拠点ですが、1ヶ月の内2週間は出張で東京を離れています(そろそろ私のデスクが無くならないか心配です)。

そして、「地方出張」と聞いても思い浮かばないようなことを、日々体験させてもらっています。例えば、Wi-Fiは飛んでいるけど水道とガスが通っていないお家での宿泊体験や、道が細すぎて車が一台も走っていない離島への訪問、早朝(深夜?)1時から6時間かけてのリアル漁師体験などなど。

そんな私が、各地域で出会った魅力をこれから連載でお届けしていきます!

「各地を飛び回りたい」と思った原体験

なぜ地域を飛び回る仕事に就きたかったのか、まずその原体験についてお話させてください。

福岡で生まれ育った私ですが、小学生の頃、他の地域の小学校と合同で開催される合宿に積極的に参加していました。

実は、小学校ではなかなか人間関係がうまくいかなかった私。

「学校」という狭い世界で少し苦しい毎日を過ごしていました。

そんな中、合宿に参加すると同世代の子どもたちや知らない地域のおじいちゃんおばあちゃんなど、たくさんの「はじめまして」の出会いがありました。新しくできた友達とは自然と仲良くなれたり、初めて出会った地域の人に「またおいで」と言ってもらえたり。

知らない場所に出かけるたびに、居場所が増えていきました。

行く場所によって地域の魅力が異なっていることも、とても新鮮でした。景色、気候、食べるもの、話し方など新しく出会うたびにワクワクしたことを覚えています。

そんな原体験から、

「いろんな地域の魅力を伝えられる人になって、
誰かの世界をちょっと広げるきっかけを作りたい」

というのが私のひとつの目標になりました。

「いつ来ても、いつ出て行っても、
いつ戻って来てもええ」

CAMPFIREに就職し、晴れて地方を飛び回りながら仕事ができるようになった私。

「せっかくたくさんの地域に関わらせてもらうことになったのだから、地域の魅力づくりに貢献できるよう頑張らないと」

と、最初のうちは、肩の力が入る日々が続いていました。

そんな時に出会ったのが、徳島県神山町で移住者に「お父さん」と呼ばれて親しまれている岩丸さんです。移住者が多いことで知られるようになった神山町ですが、そこにはきっと何か特別な努力があったのだろうと、岩丸さんにその理由を伺いました。すると、

「なんでやろうなあ。ニコニコしとったらこうなった」

と、満面の笑顔。

「努力しすぎんほうがええんよ。移住したい子に、何でもかんでも提供する地域あるやろ? 家とかお金とか。

でもね、そうすると地域側が移住した子に勝手に期待をかけすぎるんよな。プレッシャーになってかわいそうや。この地域で暮らすことの不便なところも含めてありのままを伝えて、フォローできることはフォローする。逆に移住者に教えてもらえることは、教えてもらう。

そんな関係でありたいし、いつ来ても、いつ出て行っても、いつ戻って来てもええ。そんな場所でありたいね」

岩丸さんの言葉を聞いて、小学生の頃に新しい世界に飛び込んだときの感動を思い出しました。あのときに感動したのは、確かにありのままの地域の姿であり、その地域に暮らす人でした。

無理に地域を良く見せようとするのではなく、地域のありのままの姿を伝えることで、地域の本当のファンを作れるのではないか、と気づけた出会いでした。

岩丸さんと。

そこからは、出かけた地域での暮らしをしっかり楽しみ、等身大で会話することを大切にしています。それぞれの地域で出会った体験や言葉は、私の世界を豊かにしてくれています。

みなさまにも、連載を通してそのおすそ分けができるよう頑張ります。
どうぞ、お付き合いくださいませ!

「はなれ」は、徳島県那珂町木頭地区という「木頭ゆず」が特産の地域にあるゲストハウス。中野みね子さんは、アマチュアカメラマンだった夫・中野健吉さんの「したい...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。激辛薬味「みまから」の原料は、古くからこの美馬地...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。”シャッター...
「今日は○○へ行きます。旅の話をしますので、よろしければ何か食べさせてください or 一晩泊めてください」とTwitterでつぶやいては反応を待ち、声をか...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
こんにちは。クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」でローカルフードを担当している菅本香菜です。副業では、旅するおむすび屋さん「むすんで...
こんにちは。クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」でローカルフードを担当している菅本香菜です。副業では、旅するおむすび屋「むすんでひら...
青い空と、青い海。でも、いわゆるリゾート観光地ではなく、漁業を暮らしの中心に置いた、営みの美しさが残る島。早朝に帰ってくる漁船、漁港でじゃれ合う猫、畑仕事...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
徳島県にある四国最古の禅寺、城満寺にて、奉納献花が行われた。海陽町の花材を使って、土地の龍神をモチーフにした石庭を造るという試みに込められた思いとは? 華...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
手つかずの自然、キレイな海、絶品な海の幸。もちろん離島の魅力は尽きませんが、一方で無視できない「事前に知っておくべきこと」も。今回は、ビギナー編。そのギャ...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
長崎県の南東部にある島原半島。その中心街である島原市の駅裏に店を構える「島原むすびす」は、地元で採れた季節の食材を使った手作りおむすびが自慢の専門店。
2010年、夏。自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
「生産者がこだわりを持って育てた地域の伝統的な食材を、シェフが素材の味を活かして料理しました」そんな言葉を聞いたとき、あなたはどんな食事を思い浮かべますか...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...