ソムリエいらず!?「ワインの適温」を教えてくれるスマート温度計

同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽しめますよ。

「温度管理」が
とっても大切な飲み物

8bc6fd3597c53e089c73931094457dfe4eca9e6e

ワインは熱や光、振動に弱い繊細なアルコール。特に温度管理は大切で、高すぎたり、低すぎたりするとフルーティーさがなくなってしまったり、渋く感じたりしてしまいます。

ソムリエがベストなタイミングでサーブしてくれるのは、銘柄、ブドウの品種ごとに「適温」を把握しているから。

素人では大変かも…

主な品種でも、おいしい温度にこれだけの開きがあります。

C79fdb5fd74fdc47e00b71bfd159dd1ceb5489b4

でも、心配いりません。100種類以上の推奨温度が判断できる「ケルビン」は、ソムリエと同じ働きをしてくれるアイテムなんです。

着けて、選ぶだけ。

Eaacad49930129b0f4edb76f38b9bd05ee44ad30

使い方は簡単。ワインボトルに装着、スイッチオン。

8e37c57ac375e83d4993883c630237a7ebd1ece6

ワインの種類を選んでタップ。適温や産地の情報が出るので、選択してYESボタン。Bluetoothと接続します。

0c7496e6e4c414313e63367d0e1951291b928cdb

スマートフォンに赤の表示が出た場合は、温度が高いので冷蔵庫へ。

4c89cef681c9ccd0cb4d86385cb37c3a11377642

青は温度が低すぎるので、室温で置いておきましょう。

65b0c6a189e26b7a33b2898ac98be584ee41640c

あとはアプリが教えてくれます。

33d2b85e931507cf35aa3f58f96bc1eea1ae4446

ちなみに適温は緑。かんぱーい!

B116e7236535e66e51a51fd522238ed9b336e205

現在もっともおトクなプランは、4,200円で本体と充電器がついてくるもの。お届けは2016年10月を予定しています。

おうちデートやパーティで大活躍しそう!ワインに凝り始めた人へのプレゼントにもいいですね♪気になった方はこちらから詳細をチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Makuake
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
淹れたてのコーヒー美味しさを、いつまでもキープし続けるためには、最適な温度を維持すること。この目的のためだけに開発された、コーヒー好き必見のサーモマグをご...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
いろんなストーリーが浮かんできます。
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...