【ソムリエ推奨】日本人の琴線に響く「赤ワイン」(2142円)

「国産ワイン」と「日本ワイン」の違いを正確に把握している人がどれだけいるでしょう?

海外から輸入したぶどうを使って国内で製造したものが「国産ワイン」。これに対し国産ぶどう100%でつくるワインが「日本ワイン」。今回、ソムリエ吉川大智さんが推薦してくれたのも、ライトボディの「日本ワイン」。

ぶっちゃけ、日本のワインってどうなの? そんなふうに思っている人にこそ読んでもらいたい内容です。

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヶ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

 
 

みなさんは「日本ワイン」についてどんなイメージをお持ちだろう。

まだまだ発展途上、クオリティの割りに値段が高い……もしかしたらいいイメージを持っている人はまだ少ないかもしれない。

ワインを好きになればなるほど、誰も知らないマニアックなブティックワイナリーやレアものを攻めたくなるもの。たしかにその気持ちも理解できる。が、このワイン、ぜひ新鮮な気持ちでトライしてもらいたい。

日本人の琴線に響く
やさしく甘い香り

©2020 NEW STANDARD

シャトー・メルシャン 山梨 マスカット・ベーリーA

生産地:日本 / 山梨県
ぶどう品種:マスカット・ベーリーA
タイプ:赤ワイン
味わい:ライトボディの辛口
アルコール度数:12%
価格:2000円前後

日本有数のワインの銘醸地、山梨県でのびのびと育った日本固有の土着ぶどうがある。マスカット・ベーリーAだ。「シャトー・メルシャン」のこの1本は、マスカット・ベーリーAの新たな可能性を感じさせてくれる。

鮮やかなルビーの色調から漂ってくるのは、どこか懐かしい甘い香り。縁日のわたあめや、べっこうでコーティングされたいちご飴のような、記憶の隅っこにあるそんな甘い香り。

香りはスイートでも、口に含めば繊細な酸味を感じる。軽い口当たりで鼻に抜けるラズベリーのようなフルーティーなアロマが、とにかく心地いい。

ガツンとストレートに訴えてくるフルボディの赤ワインは、ある意味わかりやすい美味しさ。かたやこちらは“三位一体”。甘い香り繊細な酸味、そして味わいしっかりながらライトな飲み口。シャトー・メルシャンが手がけた「マスカット・ベーリーA」は、そういう独自の個性を生み出した。

三位一体がまとまりを持つワインは、なかなか存在しない。

合わせるなら、
昔ながらの家庭の味(和食)

マリアージュは、やはり和食がいい。

といっても、高級食材を用いたフュージョンや気取った“WASHOKU”の必要なし。どこか懐かしさを感じさせる家庭的な料理ほど好相性。甘辛く煮つけた「肉じゃが」、「サバの味噌煮」、出汁をきかせた「筑前煮」でも。

昔から日本人家庭の食卓を彩ってきた、そんな馴染みの味にそっと寄り添ってくれる。こういうのを飲み疲れしないワインって言うんですよね。

ピザとワイン、ステーキとワインももちろん最高。でも、たまにはこんな温かみのある普段着のマリアージュも悪くないと思う。「シャトー・メルシャン 山梨 マスカット・ベーリーA」で検索してみて。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
ソムリエが自信をもって推薦する、「セブンイレブン」で買えるコスパ最強のワイン。どれも1000円以下!
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
世界的に高評価のカリフォルニア産ピノ・ノワール。あの「ロマネ・コンティ」と同じ製法(全房発酵)で仕込んだ「アルタ・マリア ピノ・ノワール」の紹介です。
カリフォルニア州ナパ・ヴァレーでつくられる「689(シックス・エイト・ナイン)」。世界のステーキハウスが認めた、牛ステーキ肉と相性抜群のフルボディです。
先月23日、「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」が日本人宇宙飛行士を新たに募集すると、萩生田光一文部科学大臣が発表した。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
人々の日常に深く浸透しているプラスチック製品が問題となっているなかで、環境に優しい素材として“コルク”が注目を集めている。そこでフランスのデザイナーPau...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
価格は1,254円~と、チリ産らしいお手頃さの「ルート・ワン ヘリテージ・レッド」。根から実まで接木なしの一本木のブドウを使って仕込まれる赤ワイン。名前も...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...