いま、絶対に飲んでおくべき「コスパワイン」7本

高いお金を払って買ったワインが、ハズレだったときの悲しさったらありません。だけど、産地も品種もたくさんありすぎるのがワイン。どれを選ぶのが正解かなんて、よほどのワイン好きでなければ分かりませんよね。

ってことで、だったらプロに聞いちゃいましょう!

ソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?)

テーブルワインにしたくなる1本がきっと見つかるはず!

⬇︎ ご推薦はこちらの方から ⬇︎

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヶ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

 

いま、イチオシの「スパークリング」

©2020 NEW STANDARD

グラハムベック ブリュット NV

産地:南アフリカ共和国 / ロバートソン
価格:2500円前後
オススメのおつまみ:シュリンプカクテル、カルパッチョ

南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワインです。南アでつくられるものながら、醸造設備はすべてフランスから取り寄せたという徹底ぶり。

つくりかたもシャンパーニュと同じ、瓶内二次発酵製法。ボトルの中で18か月熟成を経てリリースされるため、他のスパークリングにはない繊細な泡立ちと長い余韻が最大の魅力です。

正直、これで3000円アンダーは安すぎでしょ(笑)。高級シャンパーニュに引けを取らない、素晴らしいクオリティですよ。

海辺のBBQには
間違いなくこの「辛口白ワイン」

©2020 NEW STANDARD

ポウコ・コムン ヴィーニョ・ヴェルデ アルバリーニョ2018

産地:ポルトガル / ヴィーニョ・ヴェルデ地域
価格:2300円前後
オススメのおつまみ:魚介料理全般

別名「シーフードワイン」とも呼ばれるヴィーニョ・ヴェルデ。ポルトガル北部大西洋沿岸で生まれた爽やかで潮風が似合う辛口の白ワインです。厚みのある果実味と、青リンゴやレモンの皮を爪でつぶしたときのような清涼なアロマが広がりますよ。

日差しがさんさんと降り注ぐバルコニーや公園の芝生もいいけれど、やっぱり浜辺のBBQがお似合いかな。シンプルに炙っただけの魚介とともにどうぞ!

人生の醍醐味を知る「フルボディ」

©2020 NEW STANDARD

シックス・エイト・ナイン レッドブレンド

産地:カリフォルニア州 / ナパ・ヴァレー
価格:2500〜3000円
オススメのおつまみ:牛ステーキ

いま、世界中のワインラバーが求めているのは、リーズナブルでおいしい「ナパ」。ナパとはカリフォルニア州ナパ・ヴァレーでつくられるワインのこと。近年は、価格高騰が加速しているなか、3000円以下でこれだけのクオリティのナパは稀です。

「689」は、5種のぶどうを巧妙にブレンドして見事に融合させた1本。

Here’s to a Happy, Wealthy & Long life!(幸せで裕福で長生きできる人生を送ろう!)という、「シックス・エイト・ナイン セラーズ」が掲げるスローガンを反映した、ナパ・ヴァレー産ワインの魅力を存分に楽しめるフルボディです。

和食にはこれ!
ライトボディの「日本ワイン」

©2020 NEW STANDARD

シャトー・メルシャン 山梨マスカット・ベーリーA

産地:日本 / 山梨県
価格:2000円前後
オススメのおつまみ:肉じゃが、サバの味噌煮

日本有数のワイン醸造地、山梨県でのびのび育った日本固有のぶどうマスカット・ベーリーAを使ったライトボディの赤ワインです。

「シャトー・メルシャン」が手がけたマスカット・ベーリーAは、甘い香り、繊細な酸味、そして味わいがしっかりしていながらライトな飲み口が印象的。三位一体、まとまりを持つワインって、このランクではなかなかお目にかかれません。

ペアリングはやっぱり和食。合わせるなら、「肉じゃが」や「サバの味噌煮」のような家庭料理がイチバン。馴染みの味にそっと寄り添ってくれる。こういうのを“飲み疲れしないワイン”って言うんですよね。

ワイン発祥の地でつくる
プリミティブな「オレンジワイン」

©2020 NEW STANDARD

パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ

産地:ジョージア / カヘティ地方
価格:2850円前後
オススメのおつまみ:手巻き寿司

ワイン発祥の地といえばジョージア。およそ8000年前のつくり方は、ぶどうを土器に入れ地中に埋めて自然発酵を促す(クヴェブリ製法)というものでした。話題の自然派ワイン、ヴァンナチュールのいわばルーツですよね。

そのクヴェブリ製法を現代でも用いてつくっているのが「パパリ・ヴァレー」のオレンジワイン。一言でいえば「クリーン」かな。

Think Pink!
世界一に輝いた「ロゼ」

©2020 NEW STANDARD

ミラヴァル・ロゼ

産地:フランス / プロヴァンス
価格:2800円前後
オススメのおつまみ:前菜オードブル、オイル系パスタ

「世界のロゼワインTOP100」で堂々1位を獲得した「ミラヴァル・ロゼ」。特徴は前菜からメイン、デザートまでどんな料理ともマッチングするユーティリティの高さ。

一般的にロゼといえば、キンキンに冷やして飲むイメージだが、「ミラヴァル・ロゼ」は、徐々に温度が上がっていくに連れて味わいに変化が生まれるのも特徴のひとつ。グラスに注いで、しばらくして、温度が上がりかけた頃に本領発揮。ぜひ試してみてください。

食後酒にしたい「ポートワイン」

©2020 NEW STANDARD

テイラー ファインルビー

産地:ポルトガル / ポルト
価格:2100円前後
オススメのおつまみ:バスクチーズケーキ

「おいしい食後酒」という選択肢があるだけで、どれほど幸福度はUPすることか。というわけで、ボクのオススメは「ポートワイン」です。発酵中のぶどう果汁にブランデーを加えることで、酵母の働きを強制的に止める製法でつくるワインのことを、酒精強化ワインといいます。そのひとつがポートワイン。

“ポルトガルの宝石”と謳われるルビータイプのポートワインのなかにあって、「テイラー」は抜きん出て味わいにコクがあります。長期熟成のポートほど値段もそれなりにするものですが、これは3000円でお釣りがくる!

合わせるなら、断然ビター&スイートなデザートがオススメ。バスチーやガトーショコラなんてサイコーですよ。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
ソムリエが自信をもって推薦する、「セブンイレブン」で買えるコスパ最強のワイン。どれも1000円以下!
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
2008年、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーがワイナリーを購入。そこでつくられているのが、「世界のロゼワインTOP100」で堂々1位を獲得した「...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
世界的に高評価のカリフォルニア産ピノ・ノワール。あの「ロマネ・コンティ」と同じ製法(全房発酵)で仕込んだ「アルタ・マリア ピノ・ノワール」の紹介です。
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
カリフォルニア州ナパ・ヴァレーでつくられる「689(シックス・エイト・ナイン)」。世界のステーキハウスが認めた、牛ステーキ肉と相性抜群のフルボディです。
日本有数のワインの銘醸地、山梨県でそだった日本固有の土着ぶどう「マスカット・ベーリーA」でつくるライトボディの赤ワインです。
普段の家飲みの締めくくりに最適なポートワイン。“ポルトガルの宝石”と謳われるルビータイプのポートワインのなかにあって、抜きに出たコクを感じられる「テイラー...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。