ソムリエ推薦「セブンイレブン」最強のコスパワイン4本

おいしいワインが飲みたい!そう思った時間が真夜中だったとしたら……。コンビニしか開いていないと諦めるのは早計。

世界40か国200都市の酒場とワイナリーを旅したソムリエ吉川大智さんは、こう豪語する。「セブンイレブンがあれば万事OK!」と。

ここに紹介するのは、ソムリエが自信をもって推薦する、セブンで買えるコスパ最強のワイン。ズバリ、買うべきワインは「この2ブランド!」だそう。では、オススメの理由を教えていただきましょう。

吉川大智(よしかわだいち)

世界40ヶ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburutakezo
Instagram:@sukoburutakezo

Yosemite Road
Limited Selection

ブドウの産地はカリフォルニア州セントラルコースト。ここは海沿いの冷涼な気候で、世界的にも有数の高級ワイナリーが多く集まるワインの銘醸地。

これまでセブンイレブンで販売されていた、スタンダードなYosemite Road(ヨセミテ・ロード)も人気だったが、コスパのいいワイン需要が高まるなか、リミテッドセレクションは2017年より毎年リリースされる人気シリーズだ。味わい、香りともにスタンダードのそれとは一線を画している。

赤:カベルネ・ソーヴィニヨン 998円(税込)

©2020 NEW STANDARD

一般的に安価な赤ワインといえば、渋みがダイレクトに伝わり飲みにくいタイプが多い。けれど、「ヨセミテ・ロード リミテッド・セレクション」のカベルネ・ソーヴィニヨンは、飲みごたえのあるフルボディが特徴。それでいて飲み口はまろやか。親しみやすい。

また、濃縮感ある芳醇な果実味とブラックベリーや黒コショウのようなスパイシーなアロマ(香り)も合わせもつのだから。お肉料理はもちろん、トマトソースのパスタやチーズたっぷりのピザなんかに抜群の相性を発揮する。言い切ってしまおう、素晴らしいデキ!

★セブンおすすめおつまみ:
「金の直火焼きハンバーグ」

白:シャルドネ 998円(税込)

©2020 NEW STANDARD

黄金の色調と華やかな香りが持ち味のシャルドネ。こいつはバランスがとれた一本だ。

いわゆる低価格帯の白ワインは、味わいが平べったくてアロマの余韻がない。ところがセブンのシャルドネは、味わい豊かで重厚感がある。(おまけに余韻が長い!)フルーティな果実味のある辛口タイプで、樽熟成由来のバニラやバターのようなふくよかな香りがふわりと鼻先をくすぐったりもする。

★セブンおすすめおつまみ:
「さけるチーズ」、「ななチキ」

ROBERT MONDAVI
Twin Oaks

続いて紹介する「ROBERT MONDAVI」もカリフォルニアで造られたワイン。「カリフォルニアワインの父」と称えられ、世界的にも認知度の高いロバート・モンダヴィが手がけたワインだ。「ヨセミテ・ロード」と同じく品種はカベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネ。そのどちらもレベルの高さに、正直驚きを隠せない。

「すべての人には素晴らしいワインを楽しむ権利がある」というモンダヴィの信念より、セブン&アイ・グループとメルシャンの共同開発で生まれた逸品。2019年よりリリース。

赤:カベルネ・ソーヴィニヨン 968円(税込)

©2020 NEW STANDARD

こちらのカベルネは、ベリー系の果実味のニュアンスとかすかに甘みがのこるフィニッシュに特徴あり。タンニンは非常におだやか。前述の「ヨセミテ・ロード」と比較すると、飲み口がやさしく、ワイン初心者でも飲みやすいと感じる仕上がりになっている。

グラスをかるく回してスワリングすれば、煮詰めたジャムのような甘い香りが漂ってくる。ここまでアロマティックなフレーバーは、この価格帯では珍しい。高級ワインを彷彿させるといっても言い過ぎじゃないだろうな。

★セブンおすすめおつまみ:
「トマト味ソースのロールキャベツ」

白:シャルドネ 968円(税込)

©2020 NEW STANDARD

かたやシャルドネ。こちらも黄金色の色調で、パイナップルを連想させるトロピカルなフレーバーと、樽香由来のバニラやナッツのような芳醇な香りがはっきりと表れている。安価なワインじゃあ、まず感じられないのに。スゴい!

酸味が抑えられたフルーティな辛口なので、チーズを使った料理や「ラザニア」、パスタなら「カルボナーラ」といったクリーミーな料理と合わせたい一本。料理はめんどう……という人には、セブンの冷凍食品にオススメあり。極上のペアリングをお試しあれ!

★セブンおすすめおつまみ:
「チーズの香り広がるマカロニグラタン」

完売せまる「Yosemite Road」
見つけたら即買い!

「Yosemite Road Limited Selection」と「ROBERT MONDAVI Twin Oaks」、どちらも1000円でお釣りがくるというんだから。コスパのいいワインとは、まさにこのこと。

あまりの人気ぶりにヨセミテ・ロードはすでに完売の店舗も多い様子。(撮影のため都内30軒近くのセブンに電話し、ようやく入手できたラスイチ品)見つけたら、即買いレベルなのは言うまでもないが、セブンからリリースされるこの2ブランドから、今後も目を離してはいけない!

Top image: © 2020 NEW STANDARD
今回はセブンイレブンの「ケール グリーンスムージー」。全国で3店舗にしかない幻のスムージーを「目白駅北店」で発見!
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
アメリカのセブンイレブンが提供している配達サービス「7NOW」。UberEatsよろしく、自分の指定した場所にデリバリーをお願いすることができます。6月2...
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。オーストラリアのセブンは、つい日常使いしたくなるハイカロリーな食べ物や飲...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。タイのセブンは、本当にコンビニエンス(便利)!食べ物やお菓子が安くて美味...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。香港のセブンは、過去行った海外のセブンで一番日本っぽいけど、個性を感じる。
コンビニエンスストア大手のセブンイレブンは、アメリカのミズーリ州で生まれた女児に大学進学に向けた奨学金として7111ドル(約77万円)の贈呈を申し出た。
象徴的な「ティファニー」のショッパーが、レザーバッグになって登場した。クラフトマンシップの精神が詰まった、モダンなコレクション。日本限定アイテムも!
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
セブンイレブンの店内やテレビCMでなんとなく耳にしたことのあるあのメロディ。皆さんはどれくらい「あの曲」のことを知っているだろうか。いつの曲で、誰が歌って...
人気シューズ「Nike SB Dunk Low」がアメリカ発祥のコンビニエンスストア「セブンイレブン」とまさかのコラボレーションした画像がリークされた。公...
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
「Gap(ギャップ)」「Banana Republic(バナナ・リパブリック)」からフェイスマスクが登場。環境に配慮し、肌に優しいコットン100%でできた...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
「いいね!」をお金やモノ、サービスに変えることができるSNS「Poplle(ポップル)。6月には、セブンイレブンで使える無料商品引換券と「いいね!」を交換...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...