「セブン-イレブン」に「再生可能エネルギー」だけで営業する店舗が誕生?

「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗で開始した。

これは、同社が神奈川県と交わしている「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」とセブン&アイグループの「環境宣言」に基づく取り組み。

化学メーカー・カネカが開発した発電効率を大幅に高めた「高性能太陽光パネル」や、日産自動車が提供する「日産リーフ」のリユースバッテリーを活用したオリジナル蓄電池を利用することによって、エネルギーを“創る”と“貯める”ことを実現させる。

そして、11月に「卒FIT」を迎える一般家庭の太陽光発電による電力を調達することで、再エネ比率を実質100%にまで引き上げるという。

同社の事業における二酸化炭素の排出は、「店舗運営」が約90%を占めるというから“削減”に大きく貢献できるというワケだ。

コンビニ業界で年間売上はトップの約5兆円を誇り、全国の店舗数は唯一2万店舗を超えるセブン-イレブンの取り組みは、電力分野においては「環境問題×コンビニ」の共存の可能性を探る一手となるだろう。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
アメリカのセブンイレブンが提供している配達サービス「7NOW」。UberEatsよろしく、自分の指定した場所にデリバリーをお願いすることができます。6月2...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...