まな板を「贈る」という、感謝の伝えかた。

これは、イチョウの木から削り出したまな板。

ただのまな板。

66070949585223685555089427136512

わざわざ水引を描いた上紙を巻きつけ、こちらもご丁寧に特注でこしらえたという化粧箱に納められています。こんなにも“過保護”なまな板、見たことがありません。

5827977824698368

そっとフタを開け、上紙を外し、中身を出してみました。

やっぱり、ただのまな板なのです。
一見すれば、ですけどね。

自分のカラダをつくるもの
「心くばり」を道具に込めて

5292421575344128

まな板に求められていることを
もう一度見直しました。

この一文から始まる作り手<WONDERWOOD>の大切な想いが、上紙に綴られています。

そりが出にくい厚さ(それでも最大限の軽量化)、キッチンに美しく溶け込むサイズ感、包丁にやさしい硬さと復元性……。もちろんプロダクトですから、こういった特性に配慮されているのは言わずもがな。

それよりも、手にして思ったことがあります。どういうわけか、“しっくりくる”のです。重さといい、厚みといい、手触りといい。

包丁をストンと下ろしてみる。一筋のキズが入る。けれどそれすら惜しくないのです。プラスチック製のまな板が奏でる乾いた甲高い音ではありません。ふと、背中を丸めて台所に立つ祖母の姿が目に浮かびました。

そもそも、いちょうは和食の料理人の仕事を支える道具として重宝されてきた板材。こう聞くと、プロ仕様の扱いづらいシロモノのように思われるかもしれません。かく言う私もそのひとりでしたから。

何はともあれ、早速使ってみることに。ストン、ストン、小気味良いその音を耳にするだけでも、料理(好き)男子としては心躍ります。

特筆すべきは刃の当たり。まな板って、硬すぎれば包丁を傷めてしまうし、柔らかくてもこんどはまな板の傷が増えて、そこが雑菌の温床になることも。そこへ行くとこのまな板、硬すぎず、柔らかすぎず、まさに「ちょうどいい」のです。

5881440906510336

いちばんのお気に入りはココ。
まな板らしからぬ曲面加工が上下の長辺に施されている点です。

どうしても作業台には水滴が残りますよね。すると、台とまな板を接着剤のようにピタッと張り付いてしまう。こうなると動かすだけでもひと苦労。爪を傷つけてしまうことも。そこでこの加工。つかみやすい設計これひとつとっても、使う人への気づかいと意匠が表れているなぁ、と納得してしまいました。

「日用品を贈る」ことの意味

脱線しましたが、気になるのはやりすぎとも思える包装になぜWONDERWOODがこだわったのか。まな板1枚に14,800円(税別)と、それなりに値が張ります。けれど、大切な誰かに贈るとなればどうでしょうか?

日用品のまな板をプレゼント──。

では、誰に?どんなタイミングで?
そんなシーンを想像したことがないかもしれない。なんでもドイツでは、近年まな板(カッティングボード)を贈りあう習慣があるそうです。考えてみればその発想がなかっただけで、贈りたい相手は身近にもいるんじゃないでしょうか。

一緒に料理を始めた彼女へ。

ほとんど顔を見せていない実家の母へ。

新生活のスタートを切った兄弟へ。

毎日使うモノ、使ってほしいモノ、それが明日のカラダをつくる一食を生む道具であるということ。生活の場にある道具には、本来そんな人から人への「心くばり」や「気づかい」が込められているのかもしれませんね。

ところで、これが“ただのまな板”でない理由がもうひとつ。「人と木の在り方」を愚直に考え続ける若き経営者たちの情熱は、ぜひこちらの記事で。

Licensed material used with permission by WONDERWOOD
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。このコンセプト・デザインが話題に...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...