【楽チン】食材を乗せるだけで、重さが計れる「まな板」

まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。

このコンセプト・デザインが話題になったのは2006年のこと。ですが、その人気が衰えることはなく「どこで買えるんだ!?」との質問が絶えませんでした。

まな板の上で計量できる!

9cb5b663272731ed1e0eef61bd23b1f5eecd2a7d0a6ddc17d1d29c1408265ba4542cc300d88963f7

designboom」で紹介された際に埋め込まれると言われていた技術は以下の3つ。

①「ひずみゲージ」

②「Electric Ink」

③「光電池」

①は、物体(まな板)に起きたひずみ(変化)を数値化して重さを計れます。

②は、別名電子ペーパーと呼ばれる薄型電光掲示板。重さを表示できます。

③は、感知した光を即時電力に変換し出力できます。電池がいりません。

つまり、明かりがある場所ならいつでも使えるということ。スイッチのオンオフさえ必要なく、円の中でだけ重さが計れます。ちょっとした機能ですが、実現すればなにかと便利そうですよね。

ついに製品化!…かも

2013年、もう記事が出まわってからずいぶんたっていましたが、問い合わせは一向にやまず。コンセプトをデザインしたJim TerMeer氏本人も「これだけ人気なのになんでまだ市場に出回っていないのかさっぱりわからん」と不思議で仕方なかったそうです。

そして、2015年も終わりを迎えようとしている今。どうやら重い腰をあげたのか「最近、製品化の話をし始めたところなんだよね」と話してくれました。まだ具体的な計画には至っていないようですが、購入できる日も近いかもしれません。気になった人は彼のホームページをチェックしておくといいかも。詳しいことが分かり次第教えてくれるそうなので、期待して待ちましょう♪

Licensed material used with permission by Jim TerMeer
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
冷凍した食品を解凍したい。どうしても電子レンジだと火が入りすぎてしまうなんてことがありますが、このキッチンツールだと…。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
ロサンゼルス発「エッグスラット」は、ポテトと生卵を使った、今年セレブが最も注目した朝食。パンケーキ、エッグベネディクトに次ぐ、“第三の朝めし”として日本で...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
木製台所用品のお手入れ法を紹介します。
大さじと小さじ、本来であればその2種類さえあれば計量スプーンは事足りる、はず。ところが、レシピを開けばやれ「大さじ2分の1」だの「小さじ4分の1」だの、そ...
パイシートにバナナとマシュマロをのせて焼くだけ。
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。01.ミキ...
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
ここで取り上げるのは計量スプーンの選びかた。安けりゃいい、と適当なものを買ってしまうと、調理の際に逆に手がかかってしまうんです。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
「あずきバー」は、井村屋株式会社が誇る大ヒット商品。1972年に販売がスタートした不滅のロングセラーです。このたび、そんな名作の“新たな用途”が発見され、...
海外を旅しながら必ず立ち寄るのがスーパーです。現地の人に混じって訪れると、土地ごとの特徴が色濃く現れた生鮮食材、お惣菜、お菓子、缶詰。知らぬ間に時間が過ぎ...