「雪かき」が驚くほど楽になるアイテム スコップに取り付けるだけ!

雪国の冬に
革命をもたらす?

これまで大雪が降るたびに、自宅前の表通りを、あるいは玄関先までのアプローチを、さらには屋根の上から、腰をかがめて降り積もった雪と格闘してきましたよね。この「雪かき」や「雪おろし」、豪雪地帯に一度でも暮らしたことがあればお分かりでしょう。日課とはいえ、じつにしんどい「骨折り作業」であります。

そんな北国の冬に革命をもたらすかもしれない、画期的なツールが「Kickstarter」に登場しました。

人間工学に基づいた
アタッチメント式ハンドル

068790c0fa16a0fb4b34d7c928ea5d888cb82d7e7e5ce7d86b76156f858afd6016af653ace78d8ce

米アリゾナ州フェニックスに暮らす、自称発明家Anthony F. Frascello氏が開発したのが、アタッチメント式ハンドルの「EZShovel」。そう、ショベルやスコップではなくハンドルです。これが、なかなかの優れもの。体にムリをすることなく、楽々と雪かきや雪下ろしができる秘密が隠されていました。

どんなスコップでも装着可能

1fe8cd9a4a82e6193643b1cce441aa2bccaa5c89

まずは、このアタッチメント式ハンドルを見ていきましょう。どんな柄にでもフィットする汎用性。つまり、雪かき用スコップを新調することなく、ただ取り付けるだけ。この白いマウントを直接柄にカチッとはめ込めば、たちどころに「雪かきが楽になる」という代物なのです。では、その秘密を。

グリップが前後にスライド

106b2343e9374110d3de984c3bbf3a5a34a1f0b2

ひとつめは、グリップが前後にスライドすることで、てこの要領で重い雪を楽々かき出すことができる点。自分の背丈にあったスコップを使っていても、持ち手が下では結局は腰や膝に負担がきてしまいます。前後に稼働させることで、EZShovelは上手に力を分散させるんだそう。


スコップが左右に回転

5a410b7c7f774853f9f96aaa55232eb82bdcd8aa

続いての機能がこちら。白いアタッチメントを軸にして、スコップ自体が波打つように回転できること。じつはここが雪かき作業の負担を軽減する、最大のポイントだってこと分かりますか?

グリップのねじりが
最大のポイント!

17166ba0c77997349fa3210ff3bddd5f4f7809dc

雪かき作業において最も負担となるのは、すくった乗った雪を落とす作業。スコップごとねじって雪を放り投げる必要がありますよね。それが回転アタッチメントを軸とすることで、グリップだけをねじれば、勝手に雪が“ポトン”となるんだとか。このとき、軸になる持ち手はもちろん白いアタッチメントを握って支えています。

暗い雪かきも安心
オプションライトあり

792ca2507d5ab1588cef7746273866788fd1e696

ちなみに、こちらはオプションですがアタッチメントの突端に装着可能なEZShobel専用のライトもあります。これなら、暗くなった後での雪かきもはかどるはず。

少ない労力で作業効率を上げる。人間工学に基づいた体の動きに徹底的にこだわった、と開発者のFrascello氏。「曲げる」、「かがむ」、「ねじる」雪かき作業において、最も体を痛めつけるこの“三重苦”と真剣に向き合った末の発明。やるじゃありませんか!

ところが…2016年2月末の締め切りまで、残念ながら目標金額には程遠い、わずか2,700ドルの出資に留まる現状。もしかしたら、ここから起死回生の挽回劇を見せる…かもしれませんね。実際、どのくらいの効率が期待できるのか。ちょっと気になるアイデア商品のご紹介でした。

Licensed material used with permission by Flying Cloud, LLC
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
持ち運びが簡単で、充電もほとんど減らない殺菌できるアイテムがある。出先やオフィス、気になる時に気になるところで使用できるというから便利だ。衛生面で心配な旅...
今や日本語にも対応しているKickstarterが、規模の小さいキャンペーンだけを集めた特設サイト「Quickstarter」をローンチしました。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
磁気を使ってキレイにクローゼットを整理整頓する、画期的な収納アイテムが「Kickstarter」に登場。クローゼットを整然と保つことが苦手な人には、まさに...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。このコンセプト・デザインが話題に...
実勢価格3,000円代という価格と見た目のバランスがいいと思いました。とくに見た目に関しては、いざ探すといいものが少ないです。こういった便利系アイテムにあ...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
体温調整は健康を維持するための大切な要素。ですが、寒暖差が激しい季節の変わり目なんかは、とくに管理が難しいものです。冬本番で冷え性に悩まされているという人...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
観光名所を訪れたり、その土地でしか味わえないグルメを堪能する──。旅行の楽しみは様々ですが、「ショッピング」も間違いなくそのうちの一つ。でも、調子に乗って...