「雪かき」が驚くほど楽になるアイテム スコップに取り付けるだけ!

雪国の冬に
革命をもたらす?

これまで大雪が降るたびに、自宅前の表通りを、あるいは玄関先までのアプローチを、さらには屋根の上から、腰をかがめて降り積もった雪と格闘してきましたよね。この「雪かき」や「雪おろし」、豪雪地帯に一度でも暮らしたことがあればお分かりでしょう。日課とはいえ、じつにしんどい「骨折り作業」であります。

そんな北国の冬に革命をもたらすかもしれない、画期的なツールが「Kickstarter」に登場しました。

人間工学に基づいた
アタッチメント式ハンドル

米アリゾナ州フェニックスに暮らす、自称発明家Anthony F. Frascello氏が開発したのが、アタッチメント式ハンドルの「EZShovel」。そう、ショベルやスコップではなくハンドルです。これが、なかなかの優れもの。体にムリをすることなく、楽々と雪かきや雪下ろしができる秘密が隠されていました。

どんなスコップでも装着可能

まずは、このアタッチメント式ハンドルを見ていきましょう。どんな柄にでもフィットする汎用性。つまり、雪かき用スコップを新調することなく、ただ取り付けるだけ。この白いマウントを直接柄にカチッとはめ込めば、たちどころに「雪かきが楽になる」という代物なのです。では、その秘密を。

グリップが前後にスライド

ひとつめは、グリップが前後にスライドすることで、てこの要領で重い雪を楽々かき出すことができる点。自分の背丈にあったスコップを使っていても、持ち手が下では結局は腰や膝に負担がきてしまいます。前後に稼働させることで、EZShovelは上手に力を分散させるんだそう。


スコップが左右に回転

続いての機能がこちら。白いアタッチメントを軸にして、スコップ自体が波打つように回転できること。じつはここが雪かき作業の負担を軽減する、最大のポイントだってこと分かりますか?

グリップのねじりが
最大のポイント!

雪かき作業において最も負担となるのは、すくった乗った雪を落とす作業。スコップごとねじって雪を放り投げる必要がありますよね。それが回転アタッチメントを軸とすることで、グリップだけをねじれば、勝手に雪が“ポトン”となるんだとか。このとき、軸になる持ち手はもちろん白いアタッチメントを握って支えています。

暗い雪かきも安心
オプションライトあり

ちなみに、こちらはオプションですがアタッチメントの突端に装着可能なEZShobel専用のライトもあります。これなら、暗くなった後での雪かきもはかどるはず。

少ない労力で作業効率を上げる。人間工学に基づいた体の動きに徹底的にこだわった、と開発者のFrascello氏。「曲げる」、「かがむ」、「ねじる」雪かき作業において、最も体を痛めつけるこの“三重苦”と真剣に向き合った末の発明。やるじゃありませんか!

ところが…2016年2月末の締め切りまで、残念ながら目標金額には程遠い、わずか2,700ドルの出資に留まる現状。もしかしたら、ここから起死回生の挽回劇を見せる…かもしれませんね。実際、どのくらいの効率が期待できるのか。ちょっと気になるアイデア商品のご紹介でした。

Licensed material used with permission by Flying Cloud, LLC
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
今や日本語にも対応しているKickstarterが、規模の小さいキャンペーンだけを集めた特設サイト「Quickstarter」をローンチしました。
持ち運びが簡単で、充電もほとんど減らない殺菌できるアイテムがある。出先やオフィス、気になる時に気になるところで使用できるというから便利だ。衛生面で心配な旅...
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
先月、スイスのジュネーブ市は市内の横断歩道を示す道路標識の半分を「女性モチーフ」に変更すると発表。これにより500の標識の約半分が女性をデザインしたものに...
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
メルボルン生まれのスプーン付きジャー「SPLID」は、日本でやったら大ひんしゅくな「ある習慣」を解決すべく生まれた便利で衛生的なアイテム。今回はこれまでな...
磁気を使ってキレイにクローゼットを整理整頓する、画期的な収納アイテムが「Kickstarter」に登場。クローゼットを整然と保つことが苦手な人には、まさに...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
回転すしの「スシロー」が2020年秋から開催される「ドバイ万博」に出展することが決定。スシロー流のこだわりで日本の魅力を世界にアピールする。
フランス人ビデオグラファーEloiseさんとLucさんが3分12秒に「ドロミーティの冬」をまとめてくれました。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
屋外でキンキンに冷えた飲み物を楽しみたいなら、デンマーク発のアイテム「ICEBREAKER POP」が便利。どこでも簡単に氷を持ち運べる&取り出せる革新的...
移動式ヴィンテージショップ「Blanche Market」のオーナー・Yuriちゃんとディレクター・Michelちゃん。ファンに愛される日常を知る「13の...
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
目的地までの空の上。飛行機という限られた空間を快適にしてくれる、見栄えからスマートな便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?旅のアイテムとして便利なのはもう...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
7月28日、イーロン・マスクがテスラの自動車に搭載されているディスプレイでNetflixやYouTubeが視聴可能になるとツイート。近日中にソフトウェアア...
まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。このコンセプト・デザインが話題に...