雪国の冬に革命をおこす「雪かきマッチングアプリ」

例年になく、この冬は大雪による災害が各地で相次いでいる。幹線道路でクルマが立ち往生するニュースを頻繁に目にした。ひとたび大雪となれば、雪国の人たちの生活は雪下ろし、雪かきに裂かれることは想像に難くない。

でも、大雪を処理するのが難しい高齢者も多い。そこで北海道のベンチャー企業「BaySherwood」は、除雪作業を依頼したい人と、雪かきで報酬を受けたい人をつなぐマッチングアプリ「Snow Bell」を今年1月末にリリースした。

今までイノベーションがまったく起こってこなかった除雪の領域。北海道だけでなく、雪国で暮らす人たちに“マッチング”というカタチで価値を提供するサービスに期待が寄せられ、すでに多くのマッチングが発生しているそうだ。

それでも除雪作業は危険との隣り合わせ。雪下ろし作業時の転落事故も耳にする。こうしたことから、作業者が安心して作業を行えるよう、「Snow Bell」は三井住友海上と提携し、保険システムを構築。物損事故に対する賠償保険と、人身的な怪我や事故に対する傷害保険でフォローする。

雪国の冬の救世主となるか。今後の展開に注目したい。

©株式会社BaySherwood

Snow Bell

【公式ページ】http://www.baysherwood.com/

Top image: © Parilov/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本では若者の恋愛離れなどと言われているが、マッチングアプリの需要は上がり続け、目的やサービスも実に多様化している。渋滞中のロマンス探しや、完璧なプロフィ...
フランスで生まれた「Insomniak」は夜型の人に向けて作られたマッチングアプリ。このアプリの最大の特徴は、夜20時から朝6時までしかチャットできないと...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
旅先の人々とマッチングして一緒に食事を楽しむマッチングアプリ「OodyMate」を紹介。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「People Walker」は、一緒に歩く人を雇えるマッチングアプリ。誰かに自分の抱えている悩みを聞いてほしい、ひとりでウォーキングをしたくない。いろん...
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。