雪国「新潟」生まれ、冬を最高に楽しむための「湯たんぽ」

エコで手軽な「温活」として、今、人気を高めているという「湯たんぽ」

湯たんぽって、昔からあるのに、意外とみんな持っていませんよね?でも、今年はぜひとも手に入れることをおすすめします。

だって、今年の冬は例年よりも寒くなるんですって……。それに、身体を温めると、ちょっとした不調が楽になったりいいことがたくさんあります。

なんだか気になってきたけど、実際どんな湯たんぽがあるのかわからない方へ。今回は、やたら説得力のある「雪国発のステンレス製」湯たんぽをご紹介します。

湯たんぽ本体もカバーも
すべてメイド・イン・ニイガタ!

寒くて震えているときに「これいいよ」って雪国生まれの人に勧められたアイテムがあったとしたら、それ、だいぶ説得力ありますよね。

この「FD STYLE 湯たんぽ」は、新潟で生まれました。新潟といえば全国有数の豪雪地帯。その新潟からやって来たっていうんだから、もうこの時点で間違いなさそうです。

ステンレス製の本体は、燕市で、一つひとつ職人の手によって作られています。

独自のビート(凹凸)形状をもたせてあるのは、温度変化による本体の変形を抑えるため。また、お湯を入れたときでもキャップが閉めやすいようステンレスワイヤーの取っ手付きです。

本体もカバーも新潟の地場産業によって作られた「FD STYLE 湯たんぽ」
©2020 NEW STANDARD

一方のカバーも新潟で作られているんですが、こちらは今年、これまでカバーを作っていた工場の突然の廃業によりリニューアル。今年からは、長岡市栃尾「白倉ニット」が手がけています。

太いゲージ編みのニットセーターのような旧デザインも素敵だったのですが(在庫限りで販売中です)、新しくなったウールのカバーにも魅力とこだわりがたくさん。

ニットを筒状に一体成型できる編機で編む「ホールガーメント方式」を採用して、これまで出てしまっていたカットロスをなくしたり、以前は安全への配慮から付けていた裏地を、縮絨という加工をすることで網目を収縮させ、なくても安全性を確保できるように仕上げたり。

この独特の風合いふわふわとしたフェルトのような質感も、縮絨加工を施したことによって網目が詰まり、繊維が絡み合うことで生まれるんだそうですよ。

本体もカバーも新潟の地場産業によって作られた「FD STYLE 湯たんぽ」、コンパクトでアウトドアにも最適
©2020 NEW STANDARD

そして、この別々の地域で作られる本体とカバーをつないだのは、新潟市にある「エフディー」という工業デザイン事務所。

県内の地場産業を、地域のデザイナーが結びつけることで魅力のある商品を開発することと、その商品が世に出ることによって作り手にスポットが当たり、下請けの企業ではなかなか感じる機会の少ない「収益以外のやりがい」を感じてもらえるのではないかと企画したんだそうです。

通常であれば隣り合う地域であっても、地場産業同士のつながりは薄く、閉塞的なもの。つまりこの湯たんぽは、 デザインやデザイナーの存在が、産地間の垣根を取り払う力となることを実証したプロダクトでもあるわけです。

デザインの力って、無限大だな〜(月並みな感想ですみません)。

ちなみに、コンパクトでどこにでも持っていけそうだから、室内で使うだけではもったいないかな?と考えていたら、アウトドア用のバーナーを使って直接温められることも発覚。デザインもイケてて、機能的。これは、積極的にキャンプなどにも連れ出さないとですね!

そんな、新潟発の湯たんぽは「FD STYLE」のオンラインショップなどから購入できます。

湯たんぽを正しく使って
快適な冬にしよう

老若男女、「冷え」は万病の元。

寒い季節に「湯たんぽ」は、冷えから体を守ってくれる心強いアイテムですが、誤った使い方をすると、低温やけどや水漏れなどのトラブルにつながってしまうことも。各商品によって、適量と適温の説明書きがあるので、それをよく読んで、正しく使うことが肝心です。

また、せっかくお気に入りの湯たんぽを見つけたのなら、できるだけ長く使いたいもの。シーズンオフになって収納するときには、しっかり乾燥させて、雑菌やサビなどの発生を防いであげてくださいね。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
手軽に取り入れられてエコな温活こと「湯たんぽ」。あらためて、そのよさが見直されている今、形や素材など、さまざまなタイプの湯たんぽを紹介。今回は、世界中の末...
スタイリッシュなデザインながら、湿度のある柔らかな温かさが、身体の芯まで染み込んでくるような「瀬戸物」の湯たんぽを紹介。さまざまなタイプがあり、手軽に取り...
一見ただのかわいい「ぬいぐるみ」。でもじつは機能性も高く優秀なフィッシュ型の湯たんぽをご紹介。さまざまなタイプがあり、手軽に取り入れられてエコな温活こと「...
通常の湯たんぽ機能に加え、ツボ押し効果やストレッチ効果、頭寒足熱効果もあってデスクワーカーにおすすめな、「多機能」湯たんぽをご紹介。さまざまなタイプがあり...
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
「細長い」という特徴を活かして腰に巻いたり、上半身と下半身を同時に温めることも可能な湯たんぽ「YuYu Bottle」を紹介。さまざまなタイプがあり、手軽...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
環境にも身体にも優しいエコな温活として見直されている「湯たんぽ」。数あるなかから、素材、デザイン、機能性など別におすすめのものを、メリットや注意点などと共...
手軽に取り入れられてエコな温活こと「湯たんぽ」。あらためて、そのよさが見直されている今、形や素材など、さまざまなタイプの湯たんぽを紹介。今回は、思わず「た...
「星野リゾート トマム」に冬の風物詩とも言える「アイスヴィレッジ」が2020年12月10日(木)から2021年3月14日(日)まで期間限定でオープン。
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
フランス人ビデオグラファーEloiseさんとLucさんが3分12秒に「ドロミーティの冬」をまとめてくれました。
「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に、今年も12月18日(金)から冬限定「氷瀑(ひょうばく)の湯」が登場する。
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
通称を“暖マスク”とする冬専用マスク「ヒートカプセルフェイスマスク」を「ヨネックス」が今月中旬から合計で約8万2000枚の限定数で発売する。
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
冬になると暖房費がかさんで、電気代が高くなりがちです。冬の電気代は気になるものですが、寒いのは我慢したくないですよね。電気代が高くなるからと暖房をつけるの...
NEXT輸入食品店として注目の「iHerb(アイハーブ)」から、ちょっと変わり種の「ホットドリンク」をご紹介します。寒い冬はお気に入り「ホットドリンク」で...
魔法瓶のような保温力が持続する「魔法瓶ブランケット」を紹介。これがあれば冬の寒さに負けずにキャンプが楽しめそう。