寒いときは身体中を温められる「長い」湯たんぽがおすすめ!

「コリがひどいときに身体を温めたら楽になった」「寒くて寝つけない夜、足を温めたらスヤスヤ……」。そんな経験はありませんか?

私はあります。温めるって、スゴイです。

そのときに使っていたのが、何を隠そう「湯たんぽ」でした。

湯たんぽは今、電気を使わないのでエコだし、繰り返し伝えて経済的だし、何より手軽に取り入れられる「温活」だと人気が高まっているのだそうですよ。

冷え性女子に限らず、ぜひともいろんな人に試してみてほしいアイテムです。

今回は、巻いたり、掛けたり、抱きしめたり、いろんな使い方ができちゃう「細長〜い」湯たんぽをご紹介します。

「長いものには巻かれろ」
って、こういうこと?

長くて使い方自在な湯たんぽ「YuYu Bottle」がすごい!
©2020 NEW STANDARD

「身体中が寒すぎて、もう一ヶ所を温めるだけじゃすまないよー!」

って時、ありませんか?私はあります。

もし同じように感じる人がいたら、おすすめしたいのがこの「YuYu Bottle(ユーユーボトル)」という全長81cmの長〜い湯たんぽ。

2011年にイギリスで生まれたこの画期的な商品、「長い」という特徴を活かしていろんなことができちゃいます。その最たるものが「身体に巻ける」ということ。

お湯を入れるボトル部分は、環境にも優しく柔らかな天然ゴムでできているので、をはじめ首や肩なんかにも巻き付けて使うことができるというわけです。

長くて使い方自在な湯たんぽ「YuYu Bottle」、腰に巻けばポカポカ!
©2020 NEW STANDARD
肩や首も温められる、長くて使い方自在な湯たんぽ「YuYu Bottle」
©2020 NEW STANDARD

長時間保温ができるというのもポイント。ボトル表面には小さな凸凹があるのですが、これがボトルとカバーの間に空気の層を形成するので、温かさを保ってくれるんだとか。

巻いて使う以外にも、伸ばしたまま抱き枕として使えば、身体の広範囲を温めることができるし、隣同士で座った人とヒザに乗せて仲良く使うことだってできそうですよね。

そうだ、この商品の誕生秘話も素敵だったので、紹介させてください。

それは2011年、寒い冬のロンドンでのこと。

のちの創業者となるリチャードさん宅のリビングにいた彼の彼女は、従来型の湯たんぽで思うように身体が温められず、くつろげないでいたんだそうです。お腹を温めていたら足が冷える、足を温めていたら今度はお腹が冷える、といった具合に......。

そんな彼女の姿を見ていたリチャードさんが開発を思い立ったのが、何を隠そうこのYuYu Bottleなのです。

そう、この商品の優しいぬくもりは、お湯だけじゃなくて「愛」が詰まっているからこそのもの。す、す、素敵ダァ!

なんだか、誰かにプレゼントしたくなっちゃいますね。

YuYu Bottleは「ヘリオス」のオンラインショップなどから購入できます。

湯たんぽを正しく使って
快適な冬にしよう

老若男女、「冷え」は万病の元。

寒い季節に「湯たんぽ」は、冷えから体を守ってくれる心強いアイテムですが、誤った使い方をすると、低温やけどや水漏れなどのトラブルにつながってしまうことも。各商品によって、適量と適温の説明書きがあるので、それをよく読んで、正しく使うことが肝心です。

また、せっかくお気に入りの湯たんぽを見つけたのなら、できるだけ長く使いたいもの。シーズンオフになって収納する時には、しっかり乾燥させて、雑菌やサビなどの発生を防いであげてくださいね。

Top image: © 2020 NEW STANDARD