夜だけチャット!フランス発、不眠症の人のためのマッチングアプリ

ベッドに入ってからも、ついつい携帯を見てしまうアナタへ。

フランスで生まれた「Insomniak」は、夜型の人向けに作られたマッチングアプリ。このアプリの最大の特徴は、夜10時から朝6時までしかチャットができないということ。また、夜という時間帯を活かした特殊なシステムにも人気の秘訣が......。

まずはチャットしたい相手を選び、相手が45秒以内に承諾することで、5分間のチャットタイムが始まる。そのお試しチャット終了後、連絡先を交換できるかを決められるのだという。

また、アプリ自体が夜を楽しむことができるさまざまな場所の提案してくれるというのも目玉機能のひとつ。ユーザーは気に入った相手にその場所への招待を送ることで、より手軽にリアルな出会いが叶うようサポートしてくれる。

現時点ではフランスのみでの対応となっているが、寂しがり屋の夜型人間にとっては理想的なマッチングアプリといえるのではないだろうか。

Top image: © iStock.com/vorDa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本では若者の恋愛離れなどと言われているが、マッチングアプリの需要は上がり続け、目的やサービスも実に多様化している。渋滞中のロマンス探しや、完璧なプロフィ...
フランスで開発された「Carimmat」は、自動車のナンバープレートとアカウントが結びつけられたマッチングアプリ。プレートのナンバーを打ち込むことで、アプ...
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
旅先の人々とマッチングして一緒に食事を楽しむマッチングアプリ「OodyMate」を紹介。
「People Walker」は、一緒に歩く人を雇えるマッチングアプリ。誰かに自分の抱えている悩みを聞いてほしい、ひとりでウォーキングをしたくない。いろん...
マッチングアプリ「Pairs」に、新機能「ビデオデート」が登場する。これまでチャットのみだったコミュニケーション機能に加え、ビデオ電話や音声通話ができるよ...
恋人や結婚相手を見つけるために当たり前のように使われているマッチングアプリ。そんななかでも、業界初となるサービスを提供するのが「ALKO」だ。
アトランタを代表する美術館、High Museum of ARTは館内で使える“マッチングアプリ”を開発。スマホ画面に展示中の作品が表示され「いいね」する...
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
本日2019年4月18日、恵比寿にマッチングアプリ「Dine」が仕掛ける「Snack Dine」がオープン。入店できるのは、アプリを介して会員になれた人の...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
「Tinder」が、デート中にSOSを発信できる「パニックボタン」を開発。相手を不審に感じたときアプリからボタンを押すと、ユーザーの安全が確認できるまで連...
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
”おうち時間”を充実させてくれるマッチングアプリ「MOVIE CHAT」は、気になる相手とオンラインで一緒に映画やドラマを楽しむためのサービスだ。
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
「CAMPFIRE」にて発売中の携帯用歯ブラシ乾燥機「mini」は、歯ブラシの先端をケースに入れるだけで強力殺菌。オフィスや旅行シーンで大活躍間違いなし!
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
今月9日に“男性器が小さい人向け”のマッチングサイト「Dinky One」がローンチ。初日から27000人以上が登録するなど注目を集めているようだ。
マッチングアプリのプロフィール画像に「猫を抱えている写真」を使うかどうかで、男性が女性とデートをできる確率はかなり変わるそうだ。米「コロラド州立大学」の研...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
慢性的な不眠症に苦しむ人には、「認知行動療法(CBT)」の効果が期待できるとか。この治療法は、睡眠薬を使う場合の副作用や中毒のリスクを回避できる。が、CB...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。