夜だけチャット!フランス発、不眠症の人のためのマッチングアプリ

ベッドに入ってからも、ついつい携帯を見てしまうアナタへ。

フランスで生まれた「Insomniak」は、夜型の人向けに作られたマッチングアプリ。このアプリの最大の特徴は、夜10時から朝6時までしかチャットができないということ。また、夜という時間帯を活かした特殊なシステムにも人気の秘訣が......。

まずはチャットしたい相手を選び、相手が45秒以内に承諾することで、5分間のチャットタイムが始まる。そのお試しチャット終了後、連絡先を交換できるかを決められるのだという。

また、アプリ自体が夜を楽しむことができるさまざまな場所の提案してくれるというのも目玉機能のひとつ。ユーザーは気に入った相手にその場所への招待を送ることで、より手軽にリアルな出会いが叶うようサポートしてくれる。

現時点ではフランスのみでの対応となっているが、寂しがり屋の夜型人間にとっては理想的なマッチングアプリといえるのではないだろうか。

Top image: © iStock.com/vorDa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本では若者の恋愛離れなどと言われているが、マッチングアプリの需要は上がり続け、目的やサービスも実に多様化している。渋滞中のロマンス探しや、完璧なプロフィ...
フランスで開発された「Carimmat」は、自動車のナンバープレートとアカウントが結びつけられたマッチングアプリ。プレートのナンバーを打ち込むことで、アプ...
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
雪国の冬の作業、雪かき、雪下ろしをコストを抑えて依頼したい人と、雪かきで報酬を得たい人とを繋ぐマッチングアプリ「Snow Bell」
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
旅先の人々とマッチングして一緒に食事を楽しむマッチングアプリ「OodyMate」を紹介。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
茨城県ひたちなか市で1969年に創業した老舗コーヒー店「サザコーヒー」が開発した「レインボーミルクレープ」がオンラインでも購入可能に。甘い物好きの社長が、...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...