夜だけチャット!フランス発、不眠症の人のためのマッチングアプリ

ベッドに入ってからも、ついつい携帯を見てしまうアナタへ。

フランスで生まれた「Insomniak」は、夜型の人向けに作られたマッチングアプリ。このアプリの最大の特徴は、夜10時から朝6時までしかチャットができないということ。また、夜という時間帯を活かした特殊なシステムにも人気の秘訣が......。

まずはチャットしたい相手を選び、相手が45秒以内に承諾することで、5分間のチャットタイムが始まる。そのお試しチャット終了後、連絡先を交換できるかを決められるのだという。

また、アプリ自体が夜を楽しむことができるさまざまな場所の提案してくれるというのも目玉機能のひとつ。ユーザーは気に入った相手にその場所への招待を送ることで、より手軽にリアルな出会いが叶うようサポートしてくれる。

現時点ではフランスのみでの対応となっているが、寂しがり屋の夜型人間にとっては理想的なマッチングアプリといえるのではないだろうか。

Top image: © iStock.com/vorDa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フランスで開発された「Carimmat」は、自動車のナンバープレートとアカウントが結びつけられたマッチングアプリ。プレートのナンバーを打ち込むことで、アプ...
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
「People Walker」は、一緒に歩く人を雇えるマッチングアプリ。誰かに自分の抱えている悩みを聞いてほしい、ひとりでウォーキングをしたくない。いろん...
2020年2月16日、ドムドムハンバーガー × BPMによるたった一日だけのコラボイベント「ドムドムが池尻大橋にやってきた!」を実施。当日の様子がこちら。
恋人や結婚相手を見つけるために当たり前のように使われているマッチングアプリ。そんななかでも、業界初となるサービスを提供するのが「ALKO」だ。
本日2019年4月18日、恵比寿にマッチングアプリ「Dine」が仕掛ける「Snack Dine」がオープン。入店できるのは、アプリを介して会員になれた人の...
「Tinder」が、デート中にSOSを発信できる「パニックボタン」を開発。相手を不審に感じたときアプリからボタンを押すと、ユーザーの安全が確認できるまで連...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
アトランタを代表する美術館、High Museum of ARTは館内で使える“マッチングアプリ”を開発。スマホ画面に展示中の作品が表示され「いいね」する...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
慢性的な不眠症に苦しむ人には、「認知行動療法(CBT)」の効果が期待できるとか。この治療法は、睡眠薬を使う場合の副作用や中毒のリスクを回避できる。が、CB...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。