「男性器が小さい人」のためのマッチングサイトが意外な人気!?

巷では「不眠症向けのマッチングアプリ」「ドライバーに繋がるマッチングアプリ」など、さまざまな趣向や状況に合わせたマッチングアプリが登場。

そんななか、今月9日に“男性器(以下 アレw)が小さい人向け”のマッチングサイト「Dinky One」がローンチされた。初日から27000人以上が登録するなど注目を集めているようだ。

サイトによると、世界平均のアレのサイズは約14センチ。このサイトはアレが平均以下の人に向けて提供されており、公式HPには「サイズが小さいことは決して恥ずかしいことでなく、全男性の半分は“平均以下”に該当することを理解してほしい」と書かれている。

これまでデートでいい雰囲気になっても、悩み(?)を打ち明けられずナーバスになっていた男性陣にとって、これからは事前にそのことを知ったうえでデートができようになる。

また、現時点でのユーザーの割合は、男性が71%女性が27%トランスジェンダーの割合が2%となっているよう。意外にも高い女性の割合が気になるところ。つまり「サイズを気にしない」のか「小さい方が好み」なのか......ともあれ、そんな女性が一定数いるということだろうか。

世の男性たちのコンプレックスを逆手に取ったこのマッチングサービスは、ある種のソリューションといえるのではないだろうか。

『Dinky One』

【公式サイト】https://dinkyone.com/

Top image: © iStock.com/bergamont
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Cash App」がアパレルラインをローンチしたことを発表した。若者をターゲットにしていると思われるポップなデザインやかわいらしい配色で、大きな人気を集...
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
マインドフルなセックスのお手伝いをしてくれるアプリ「Kama」。あらゆる人に、よりよいオーガズムを味わうための手助けをしてくれるとあって、話題になっている。
新型コロナウイルスの蔓延に伴い、「ルーヴル美術館」は、美術館で公開されている作品およびフランス北部の保存施設に所蔵されているすべての作品にあたる約48万2...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
実物大の魚を出現させることができる教育系ARアプリ「AR TOUR 〜OCEAN〜」は、Appleの新機能「ARkit3」に対応し、大型アップデート。臨場...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
フェムテックブランド「NAGI(ナギ)」が、4月5日より学割プランを開始。
悪夢を治療するアプリ「Nighware」が家庭用の医療機器として注目を集めている。睡眠中の心拍数と体の動きから悪夢を検知して、起こさない程度の軽い振動で夢...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
ブラウジング中のユーザーの表情からサイトが与えている影響を分析して教えてくれる「Misu」というアプリ。自分で判断するのは難しいインターネットの心理的影響...
欧米では「Tinder」と同じくらい、もしくはそれ以上に高く評価されている「Bumble」。彼らは、キャリアアップにつながる出会いを提供する「Bumble...
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
世界中のネイティブスピーカーが、互いに言語や文化を教え合う日本発のグローバルQ&Aアプリ「HiNative」。2020年4月時点で登録ユーザー数は530万...
12月初旬、スマートフォンでプリント前のネガフィルムを鑑賞することができるアプリ「NEGAVIEW PRO」の提供がスタート。税込370円でダウンロードできる。
フランスで開発された「Carimmat」は、自動車のナンバープレートとアカウントが結びつけられたマッチングアプリ。プレートのナンバーを打ち込むことで、アプ...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...