「男性器が小さい人」のためのマッチングサイトが意外な人気!?

巷では「不眠症向けのマッチングアプリ」「ドライバーに繋がるマッチングアプリ」など、さまざまな趣向や状況に合わせたマッチングアプリが登場。

そんななか、今月9日に“男性器(以下 アレw)が小さい人向け”のマッチングサイト「Dinky One」がローンチされた。初日から27000人以上が登録するなど注目を集めているようだ。

サイトによると、世界平均のアレのサイズは約14センチ。このサイトはアレが平均以下の人に向けて提供されており、公式HPには「サイズが小さいことは決して恥ずかしいことでなく、全男性の半分は“平均以下”に該当することを理解してほしい」と書かれている。

これまでデートでいい雰囲気になっても、悩み(?)を打ち明けられずナーバスになっていた男性陣にとって、これからは事前にそのことを知ったうえでデートができようになる。

また、現時点でのユーザーの割合は、男性が71%女性が27%トランスジェンダーの割合が2%となっているよう。意外にも高い女性の割合が気になるところ。つまり「サイズを気にしない」のか「小さい方が好み」なのか......ともあれ、そんな女性が一定数いるということだろうか。

世の男性たちのコンプレックスを逆手に取ったこのマッチングサービスは、ある種のソリューションといえるのではないだろうか。

『Dinky One』

【公式サイト】https://dinkyone.com/

Top image: © iStock.com/bergamont
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
欧米では「Tinder」と同じくらい、もしくはそれ以上に高く評価されている「Bumble」。彼らは、キャリアアップにつながる出会いを提供する「Bumble...
フランスで開発された「Carimmat」は、自動車のナンバープレートとアカウントが結びつけられたマッチングアプリ。プレートのナンバーを打ち込むことで、アプ...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
今週4月10日~12日の3日間、VR空間上で同人誌即売会「ComicVket 0」が開催される。VR機器、スマホ、PCから誰でも参加可能。バーチャル空間の...
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
12月初旬、スマートフォンでプリント前のネガフィルムを鑑賞することができるアプリ「NEGAVIEW PRO」の提供がスタート。税込370円でダウンロードできる。
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「トヨタ自動車」がウェブメディア『トヨタイムズ』にて、昨年現役を引退したイチローさんからの新入社員へ向けたメッセージ動画を公開。本来であれば入社式で流され...
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
Facebookの新製品実験チームである「NPE Team」は、今月12日、アートや料理といったユーザーが趣味として楽しむDIYの写真を整理できるアプリ「...
フランスで生まれた「Insomniak」は夜型の人に向けて作られたマッチングアプリ。このアプリの最大の特徴は、夜20時から朝6時までしかチャットできないと...
アメリカの出会い系サイト「GLEEDEN」が販売しているクローゼットの“目的”が物議を醸している。「The GLEEDEN Closet」の目的はなんと恋...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
中国で3歳のときに誘拐され、行方不明となっていた21歳の男性が発見された。本人特定には、いわゆる「老け顔アプリ」の技術が活用されたという。