新たな転職活動を、出会い系アプリ「Bumble」が開拓する。

欧米では「Tinder」と同じくらい、もしくはそれ以上に高く評価されている「Bumble」。使い方はほぼ同じだけど、大きな違いをあげるなら、マッチングをした後に女性からしかメッセージを送れないというところでしょう。

そんな女性を第一に考えられたアプリですが、現在は多くのビジネスパーソンからも注目を浴びているそうです。

自分の好きな仕事を
スワイプして決める

先日、ローンチされた「Bumble Bizz」は、求職者と企業向けに作られた新たなスタイルの人材サービス。これによって、キャリアップにつながる出会いを探すことができるようです。

プレスリリースにて、創業者Whitney Wolfe Herdさんはこう述べています。

「恋愛、友情をはじめとした人脈は、幸せで健康的な生活を送る上で欠かせないものです。私たちは、広い交友関係を築ける場所を届けたいと考えています」

では、具体的にどのように機能するのでしょうか?

「LinkedIn」のように自分のプロフィールや功績を公開するそう。そして、デートアプリの操作を踏襲したスワイプ機能で、話を聞いてみたい人や企業を選ぶのだとか。

また、いくつかの写真を載せることができるようです。となると、クリエイターの人たちにとっては、多くの人にポートフォリオのようなものを公開できるので、大きなメリットになることでしょう。

現在はアメリカやカナダ、イギリス、ドイツ、フランスでのみ利用可能。だけど、今後より多くの国や地域に向けてリリースする準備をしているようです。

人生を変えるような仕事に就けるチャンスや刺激のある話を聞ける機会が、より簡単に得られるようになるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Bumble Bizz
Tinderと同じくらい人気のある「Bumble」が雑誌を出版すると発表しました。どうやってデートをスムーズに進めるのか?など、実生活で役立つ情報を提供す...
8月6日、女性のエンパワーメントを推進する目的でデートアプリ「Bumble」が、eスポーツ団体「Gen.G」と共同で、女性だけのeスポーツチーム「Gen....
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
世界中の人々の心をとらえ、14カ国で翻訳されたドイツのベストセラー絵本『100年の旅』の邦訳版が、先週2月19日から全国の書店、オンライン書店(一部除く)...
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
2019年10月、「JAXA」の「宇宙日本食」として認証された「ホテイフーズ」計らいの「やきとり缶」。それを記念して3月2日より「宇宙日本食」記念2缶セッ...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
「手話言語の国際デー」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」はある画期的なアプリを発表した。このアプリは“シームレスな読み聞かせ”体験を可能と...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
香港でのデモがきっかけで急成長したサンフランシスコ発のメッセージアプリ「Bridgefy(ブリッジファイ)」。Bluetoothにつなげば、100m以内に...
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...