新たな転職活動を、出会い系アプリ「Bumble」が開拓する。

欧米では「Tinder」と同じくらい、もしくはそれ以上に高く評価されている「Bumble」。使い方はほぼ同じだけど、大きな違いをあげるなら、マッチングをした後に女性からしかメッセージを送れないというところでしょう。

そんな女性を第一に考えられたアプリですが、現在は多くのビジネスパーソンからも注目を浴びているそうです。

自分の好きな仕事を
スワイプして決める

先日、ローンチされた「Bumble Bizz」は、求職者と企業向けに作られた新たなスタイルの人材サービス。これによって、キャリアップにつながる出会いを探すことができるようです。

プレスリリースにて、創業者Whitney Wolfe Herdさんはこう述べています。

「恋愛、友情をはじめとした人脈は、幸せで健康的な生活を送る上で欠かせないものです。私たちは、広い交友関係を築ける場所を届けたいと考えています」

では、具体的にどのように機能するのでしょうか?

「LinkedIn」のように自分のプロフィールや功績を公開するそう。そして、デートアプリの操作を踏襲したスワイプ機能で、話を聞いてみたい人や企業を選ぶのだとか。

また、いくつかの写真を載せることができるようです。となると、クリエイターの人たちにとっては、多くの人にポートフォリオのようなものを公開できるので、大きなメリットになることでしょう。

現在はアメリカやカナダ、イギリス、ドイツ、フランスでのみ利用可能。だけど、今後より多くの国や地域に向けてリリースする準備をしているようです。

人生を変えるような仕事に就けるチャンスや刺激のある話を聞ける機会が、より簡単に得られるようになるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Bumble Bizz
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
仕事を進める上で、チームの緊密さはとっても重要。これまでもさまざまなサービスやアプリが従業員同士のコミュニケーションをサポートしてきましたが、ここに来て「...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。