やりたいシゴトが性別で選べないなんて、ナンセンスってこと

ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリアはどんどん広がっています。考えてみれば、「これは男性の(あるいは女性の)シゴト」なんてカテゴライズは、そもそもがステレオタイプな考え方なのかもしれませんね。

肉体的なハードルもこれまでの“当たり前”という見方も超えて活躍する、ワーキングウーマンたちにスポットを当てたフォトプロジェクトを紹介します。

職業ステレオタイプを超えて
活躍する女性がいる

米フィラデルフィアのコマーシャルフォトグラファーChris Crismanは、去年知人の紹介でブッチャー(精肉販売業)へと転職した女性と知り合った。職業ブッチャーと聞いて、Chrisが興味をもった理由、それはこれまで一度も女性でこの職に就く人に出会ったことがなかったから。

興味本位からこの女性Emilyの仕事場へ足を運び、彼女を撮影し終わったあとで、こう自分の考えを改められたそう。「そもそもやりたいシゴトが性別で分けられること自体がナンセンス」だと。以来、職業に対するジェンダー・ステレオタイプを超えて活躍する女性たちに声をかけ、彼女たちのシゴトにフォーカスしたフォトプロジェクト「Women's Work」をいまも継続中。

超大型重機運転手

ディベロッパー(不動産開発)

ロブスター漁師

消防士

地質学者

剥製(はくせい)師

養豚家

工場オペレーター

ビール醸造業者

デザイナー/木工技師

プロセス制御オペレーター

Chrisはこのプロジェクトを通して、2歳と4歳になる自分の娘たちにこうメッセージを送ります。「誰かに強いられたり、自分の夢にリミットをかけたりせず、情熱のままに生きてほしい。この写真の登場人物たちのように、性別関係なく自分のなりたいものになれる」のだと。

Licensed material used with permission by Robert Luessen
他の記事を見る
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
最近、ファッション界において「両性モデル」というユニークな現象が起こっている。時にはレディース、時にはメンズ…2つの顔でポーズを決めるファッションモデルた...
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
とりわけ、若い人が転職を考えるとき、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。給料、世間体、勤務条件など、不安要素を数えればキリがありません。しかし、転職を...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
12星座の特徴や性格から、どんな仕事に向いているかという星座占い。おひつじ座は自発的に動けるような仕事、おうし座は着々とできる仕事、ふたご座は好奇心を刺激...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
ソフトウェア開発の共有ウェブサービス、GitHubで行った調査と研究によると、女性コーダーのコード内容が高評価であっても、プロフィールに性別を女性と登録さ...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...