ステレオタイプ

ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリア...
米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
フワフワもちもちの食感に、バナナの風味がやさしく香る蒸しケーキ。東南アジアのねっとりした暑さの中を旅していると、あの上品な甘さが恋しくなるんですよね。「上...
最近、ファッション界において「両性モデル」というユニークな現象が起こっている。時にはレディース、時にはメンズ…2つの顔でポーズを決めるファッションモデルた...
この記事では、ステレオタイプ(固定概念)の意味や語源、身近な用例などを解説しています。
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
さまざまな社会問題を、ポップで奇抜な「デザイン」と顔から離脱した口元に書かれている「シンプルな主張」によってオーディエンスに訴えかけるアート作品が話題。
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
いつでもどこでも集まれる、安定の仲良しグループを思い出してください。週のどこかで、特にワケもなく自然と集まっちゃうあのグループです。その中のあなたの「位置...
ほとんどの人が強くて怖いモンスターという印象を持っているはず。でもそれって、あくまでも人間が勝手に作り上げたイメージですよね。そんなことに気付かせてくれる...
「頭がいい人」というと、数学が得意な人や語学が堪能な人を思い浮かべるかもしれません。しかし、Mark Vital氏が「Funders and Founde...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...
「World Truth.TV」に掲載されている内容は、ブッダが「友人の条件」について説明したもの。どうやら、以下の4タイプのうちのいずれかに分類されるの...
気になる彼との初デートほど、ドキドキで不安なものはありませんよね。そして女性なら誰もが、そこで彼の人間性を見極めたいと思うもの。「Elite Daily」...
人は何事も、失敗しながら上手になるもの。それは恋愛だって同じです。まだまだ取り返しのつく20代だからこそ、いろいろな男性と付き合ってみてはいかがでしょうか...
社会の一員として、他者と上手くコミュケーションをとる能力の重要性は言わずもがな。とはいえ、異なる価値観や性格の人たちと付き合うことは、決して簡単なことでは...
ハンドルの握り方「10タイプ」で性格診断をご紹介。今度助手席からのぞいてみて。
ひし形、おも長、タマゴ型。人によって、顔の輪郭はじつにバラエティに富んでいます。顔の形を見ただけで、その人の「性格が言い当てられる」と豪語するのは「Lit...
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...