日本はこう思われていた!?各国のステレオタイプをGoogle予測変換から調査。驚きの結果が・・・

米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!マップにそれぞれの言葉を配置した画像が話題になっています。

中には「?」が浮かぶものがありますが、まずは6,500RTを超えて話題になった、日本人がヨーロッパ諸国についてどんなイメージを持っているのかを見てみましょう。その逆、日本がどう思われているのかも要チェックです。

日本人から見た欧州各国は…

ロシア「巨大」、ノルウェー「刑務所がラグジュアリー」、スコットランド「自立したい」、チェコ共和国「無宗教」、ハンガリー「ラード」、フランス「肥満がいない」、セルビア「テニスが上手い」、イタリア「マフィア」、ギリシャ「経済破綻」、ブルガリア「ヨーグルト」。

ストレートにフムフムと思えるところもあれば、ほかにもっとあるでしょ!と突っ込みを入れたくなる部分も。

では、反対に日本はどう思われているのでしょうか?

日本人は〇〇!
ヨーロッパから見た日本って?

長生き、寿司、細目、女の子が華奢、子どもが泣かない、床で寝る、地震が多いなどなど。トルコとフィンランドは、親近感を感じてくれているのでしょうか。中にはこんな意見があるのかと驚くものもチラホラ。

友だちと話すとイメージに個人差があって面白いかもしれませんね。ちなみに、日本がアメリカに対してどう思っているかはこちら。参考にしてみてね。

Licensed material used with permission by Nick Kapur
andmore
他の記事を見る
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
アイスランドの北西部に位置する「ボルンガルヴィーク」。フィヨルドが特に有名です。近年観光客が増えているのも踏まえて、ここの市長Jón Páll Hrein...
ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリア...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
最大の特徴はグリップ式であること。“マグネット式よりも固定しにくいのでは?”なんて思ってましたが、実際は使いやすいです。片手で、ワンタッチで、スマホを固定...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
美しい女の人っていうのが、私の中の「人魚」のイメージ。アンデルセンの『人魚姫』の影響もあるのか、頭に浮かぶのは女性像という人も多いのではないでしょうか?今...
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
日本にナイジェリア系アメリカ人として生活経験がある、Amarachi Nwosuさんは、あるビデオを制作しました。テーマとなるのは、どのようにしてリスクを...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...