涙の理由は、人それぞれ。「男だって泣いてもいいだろ?」

「男は泣くものじゃない」

男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?

写真家のMaud Fernhoutさんは、オランダ・ユトレヒトの大学に通う大学生。性別と結びついたステレオタイプを打破するために「本気で泣く男性」のポートレートを撮影。

Jip(20歳)

「泣く」っていう感情は、人間を動物と隔てる特徴のひとつ。でも皮肉なことに、社会的な構造によって自然の姿を押さえつけてしまうものでもあるんだ。

Job(18歳)

僕にとって、泣くことは弱さを見せることじゃない。泣くことによって、自分の気持ちを受け入れて、前に進むことができる。むしろ強くしてくれるんだ。

Louis(19歳)

泣くことは全然恥ずかしいことじゃないと思うよ。割り当てられたステレオタイプに合わせるために感情を押さえつけるなんて、そんなことあるべきじゃない。

Aditya(19歳)

前は自分のことを強いと思っていた。なぜなら、泣かなかったから。でも、今は自分のことを弱いと感じる。泣くことができないから。

Milos(20歳)

水が体を浄化するように、涙は心を浄化するもの。

涙の理由は人それぞれ。涙を流すことに、男性も女性も関係ない。言葉にすると当たり前のことですが、改めてその意味を突き付けてくる作品です。

Licensed material used with permission by Maud Fernhout
他の記事を見る
痛いわけでもないし悲しいわけでもないのに、SEXによって溢れてくる涙があるのです。調査によると、46%の女性が「行為によって、なぜか泣いたことがある」と答...
あなたが涙を流すのは、どんなときでしょうか。嬉し涙もあるでしょうし、抱えている悲しみやつらさが極限に達して、こらえきれないとき、ここで泣くのはイヤだとぐっ...
失恋の痛手を治すのは、思いっきり泣くことだ。そんな話を聞いたことがある。現実世界に目を向けるのは、あまりにも酷なことだから。泣くことで、悪い感情が吐き出さ...
夢の中の自分が泣いていた…。何か不幸の予感のように思えますよね。ところが、実際はその逆でなく夢は「吉夢」、つまり幸運の予兆。夢の中の涙の意味を解明していき...
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
乳首をモチーフにしたブローチなどを販売している「Pretty Ugly」。以前、Free the Nippleというムーブメントが盛んだった頃に注目されま...
本能のままに、うちからわいてくる衝動のままに。
涙には、ストレスを体から追い出す効果があります。ストレスを溜め込むと病気の原因にもなるので、その効果は絶大なんです。涙についての研究を進める神経科学者、ウ...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
「泣き虫ほど、本当は精神的に強い人間」。まるで子供向けアニメの主人公のような、逆説的視点から、涙と感情の相関関係を解説した「Power of Positi...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
一般的に、泣くことは“弱さの象徴”のように捉えられがち。しかしここでは、そんなイメージを覆す「Higher Perspective」の記事を紹介しましょう...
無意識に「泣くこと」を、我慢したり避けたりしていませんか?「Elite Daily」の女性ライター、Candice Jaliliさんも、そんな涙を見せるの...
この絵を見たとき、なんだかとても悲しくなった。なぜかというと、笑顔の下で泣いている彼女の気持ちが、少しだけわかるような気がしたから。作者であるvinci....
ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリア...
最近、ファッション界において「両性モデル」というユニークな現象が起こっている。時にはレディース、時にはメンズ…2つの顔でポーズを決めるファッションモデルた...
目の前で焼きあがるフレーバーは10種類乃木坂にオープンした食パン専門ベーカリーViking Bakery F〒107-0062 東京都港区南青山1丁目23...
ここで取り上げる写真集は、あるシーンにおいて、人が己に打ち勝った様子をとらえたもの。では一体、何の戦いだと思いますか?
思いっきり泣いてしまいたい時ってありますよね?恋人、友人、家族など大切な人との離別や、仕事でうまくいかなかった時などなど。でも、音楽を聴きながら感情にまか...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
心温まる動画をご紹介。
昨年、オランダで開催された「DUTCH DESIGN WEEK」に出展されたYi Fei Chenの「Tear Gun」。これは、涙を凍結して、ピストルに...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。